平成20年 4月 てのひらにっし


ブルーベリー tenjincho
20年3月度小平市行事予定 20年4月度小平市行事予定 20年5月度小平市行事予定表
平成20年度(平成20年4月〜平成21年3月)市議会行事予定表
いっ品・いっ景また良し
小平市保存竹林他出揃いました
heianin 04/08  [mizaru kikazaru iwazaru]

5月はこちらからどうぞ⇒◎


4月30日 (水曜日 ・その2

速報
 
改正租税特別措置法が成立しました

ガソリン暫定税率が1日に復活
 ガソリンにかかる暫定税率を復活させる改正租税特別措置法は本日午後の衆議院本会議で、与党の3分の2以上の賛成多数で再可決、成立しました。
参議院送付後60日以内に議決しない場合は否決とみなす憲法59条の規定が56年ぶりに適用されたことになります。

4月30日 (水曜日 ・告別式 ・会合
 素晴らしい色合いとなりました新緑の織りなすグラデーションの世界です

生活保護受給の要件緩和
 海外渡航や未承認薬使用 条件付きで可能に
厚生労働省はこのほど生活保護の受給要件を緩和しました。一定の条件を満たせば受給者が海外渡航しても給付するようにしたほか、一部の未承認薬を負担ゼロで使えるようにもしました。支給のムダをなくす適正化策を進める一方で、必要な部分は厚くし、セーフティーネット(安全網)としての役割を高めます。
 生活保護は今まで、国内にいる人しか支給を受けられず、一時的に海外に行く場合もその間の保護費は支給されなかったものです。厚労省は親族の冠婚葬祭や墓参り、学生の修学旅行などが理由であれば海外渡航中でも保護費の支給を認めることにし、その要件を自治体に通知したとのことです。
また医療サービスの範囲も拡大されています。



●いよいよ秒読みの税制関連法案本日・・・・
 再可決されたなら31000億円が自治体へ
地方交付税法の改正案は三十日、租税特別法案と同時に衆院で再可決される公算が大きいですが、総務省は税制関連法案が再可決された場合、地方交付税と地方特例交付金のうち支払いが遅れていた三千百億円を、
五月上旬にも自治体に支払う方針を固めました。関連法案が年度内に成立しなかったため、今年四月の交付額は当初予定より三千百億円減っていたわけで資金が早めにほしいという自治体からの声に対応するもので未配分だった普通交付税約二千八百億円と地方特例交付金三百億円を五月上旬にも自治体に配ることになります。
 特に児童手当の制度拡充に伴う特例交付金は都道府県分、市町村分ともに予定の半額しか交付できていませんでした。



 29日夕方 まことに幻想的な夕陽に出会いました  色はもっときれいでした
4月29日 (火曜日 ・通夜 ・昭和の日
  tenjintyou fujidana

●飛び石連休が続きます
 4月もあと残すところ2日間となりました。
この連休中も休まずに働く人達がいるのもまた世の常です。
いずれにしましてもこれからの日々の天候は晴れっ晴れっの模様で良かったですね。



●多摩花博延期決まる 
 都の協力得られずということでの報です。
 多摩地区で2013年の開催が計画されていた「東京多摩国際園芸博覧会」の延期が正式に決まりました。立川商工会議所などでつくる誘致検討準備会が28日、発表したものです。開催に不可欠な都の協力が得られず、承認機関である国際園芸家協会(AIPH、オランダ)への申請期限に間に合わないと判断したため。

 この件につきましては小平市議会平成19年9月定例会におきまして議員提出議案として「(仮称)東京多摩国際園芸博覧会の開催実現を求める意見書提出について」ということで可決された経緯があります。
 提案理由を次のよう述べさせて頂きました。
 『21世紀は環境の世紀と言われています。地球温暖化や居住環境悪化の防止という物質的な環境改善と同時に、心の豊かさや、いやしといった精神的な充実感をもたらす環境の創造も私たちが目指す新しいテーマです。その実現のためには、時代を超え国や民族を超えてだれもが共感できる、花と緑の価値をいま一度見直すことが重要です。 多摩地域は、平成25年に東京都制施行70周年、東京都への多摩移管120周年、国営昭和記念公園の開園30周年、そして多摩国体の開催という節目の年を迎えます。多摩地域が一つになり、国際園芸博覧会の開催に取り組むことで地域の連携がますます強まります。
 また、国内外から多くの観客が集まることで東京多摩地域の知名度の向上と国際化、来場者と市民との交流が実現します。』と。
 この花博の誘致活動は、多摩地区の商工会議所や小平商工会などの経済団体が中心となって、昨年3月に同準備会を設立して展開してきたものです。地元自治体の協力も得て、昨年9月には、国際園芸家協会(AIPH、オランダ)から開催の内諾も受けていました。残念なことですが、「中止」ではなく「延期」ということですから今後いつかまた浮上してくるかも知れません。
オリンピック誘致にはかなわなかった、ということですね。



●経産省、電子マネー決済ルール整備へ・年内にも
 経済産業省は電子マネーやコンビニエンスストアを通じた公共料金の「収納代行」など、新たな決済サービスに関する取引ルールの検討を始めます。サービス提供業者の倒産や第三者による不正利用の際に利用者をどう保護するかなどを探り、年内にも具体策をまとめるものです。利用者が安心してサービスを利用できる方策を探ることになります。


4月28日 (月曜日 ・会合
  たけのこ公園 now


●筍が旬、旬
今小平市の各竹林では筍の旬です。
 昔は竹林そのものが筍のために保存されていたそうで、貴重な収入源になっていたそうです。
上の写真はたけのこ公園の筍です。いま竹林内にはまさに「雨後のたけのこ」如くたくさんたくさん出ています。見てない方は必見です。どうぞおでかけ下さい。



●議会報4月27日版発行されました
  改めまして私の質疑応答をご紹介致したいと思いますが、今回発行されました表紙を見てびっくりしました。
それは先週たまたま路に迷った袋小路で見た光景(22日にアップ)「こだいら菜の花プロジェクト」の景色が一面にあったからです。そういえば昨日の読売新聞・多摩版にもその内容が掲載されていました。(
このプロジェクトは⇒人手不足で十分に利用されていない農地で菜の花を栽培し、⇒バイオディーゼル燃料(BDF)を精製するということで⇒資源の地域循環がプロジェクトの目的)だそうです。
当日の写真は北側からで畑の中に入れませんでしたので、迫力がちょっと足らなかったのが残念でした。

そんなこともありましたということの前置きで


『さらにめざそう小平市ICT(Information and Communication Technology)活用で便利情報化』
 永田政弘質問(たくさん質問していましたので詳細は後日発行されます議事録でご覧下さいませ)
@ 携帯電話のメール活用で考えられる市民サービスは
 市長答弁
  ⇒市のお知らせやイヴェント情報等をメールマガジンで配信するなどが可能と考える。
A小平市歌をホームページで提供しては
 市長答弁
  ⇒出来る形で実現したい
B小・中学校での携帯電話のフィルタリング等の使用に関する説明状況は

 教育長答弁
  ⇒平成19年度は6年生の保護者会や中学入学説明会等で行うよう学校に指導している。

-----------------------------

『三度ビジネス支援図書館について』
 永田政弘質問
@ビジネス支援図書館に対する考え方は
 教育長答弁
   ⇒図書館サービスの一つとして認識している
Aビジネス支援コーナーを設置しては
 教育長答弁
   ⇒花小金井図書館で取り組みたいと考えている
Bパソコンによる情報収集の為の整備等が出来ないか
 教育長答弁
   ⇒今後の検討課題としたい。
C具体的なサービスとして何があるか
 教育長答弁
   ⇒質問Aの他、仕事に関する情報を掲示ボードで提供することなどが考えられる




●いよいよカップ、調度品等の写真更新スタートします

 これまで長い時間をかけて育ててきました一品、一景の世界をこれからほぼ毎日アップしていこうとの試みです。
改めまして振り返ってみますと永田珈琲倶楽部では実に多くの一品ものを集めてきました。また調度品、造作等にもこだわりをもって表現してきました。いつかはそれなりにそれぞれの一景を四季折々を含めて小平から発信をしようとは思ってはいましたが、なかなかそのスタートが出来ませんでした。この度はBlogを利用しましてどこまで出来るかわかりませんが「小平に溶け込んだ文化ここにあり」を私なりの表現で示してみたいと思います。⇒◎
4月27日 (日曜日 ・議会報発行  ・セミナー 9:
  春雨が弱く降り続いています深夜です。

 光ヶ丘ふれあいスペース オープニング テープカット

昨 日 の 一 日
    平成20年4月26日(土)
光ヶ丘ふれあいスペース オープニングイベント
たけのこ公園 筍 旬旬
畑のおじさん 今年のプログラムスタートしています
藤棚 満開





コミニュティタクシー運行開始から一ヶ月間の報告
 データ機関 平成20年3月24日(月)〜平成20年4月23日(水)
  総乗車人数 915人
  一日平均乗車人数 39.8人
  一便平均乗車人数 2,2人
  1日最高乗車人数 64人
  1日最低乗車人数 27人

まだまだ目標人数には達しません。
何とかクリアの為にはルート変更も視野に入れながら利用者への周知活動も必要だと思いますがいかがでしょうか。



4月26日 (土曜日 ・光ヶ丘ふれあいスペース オープニングイベント11:
・駅前町会決算総会7:
 てづくりの味


●小平市のホームページでこんな検索も出来ます
審議会やイベントなどの検索


今日も順位のことをアップします

●長寿の市町村、小平市何位でしょうか?
 この度厚生労働省が、全国の市区町村別の平均寿命を公表しました。平均寿命を市区町村別で見ると、最も長いのは、男性では横浜市青葉区(81.7歳)、女性は沖縄県北中城(きたなかぐすく)村(89.3歳)で、最も短いのは男性が大阪市西成区(73.1歳)、女性が東京都奥多摩町(82.8歳)ということでした。 全国データは厚労省のホームページで見られるということでさっそく訪問しましたが順位がわかりませんでした。そこで厚労省に問い合わせて頂き取り急ぎの返事を得ました。
 小平市は
 男  37位 80,4歳
 女 551位 86,2歳
とのことでした。

ちなみに周辺の市を一緒にご紹介致します
(国分寺市以外はまだ発表されていません)
順位 順位
国分寺市 4位 81,4歳 134位 86,2歳
西東京市 34位 80,4歳 606位 86,2歳
小平市 37位 80,4歳 551位 86,2歳
国立市 72位 80,2歳 546位 86,2歳

  今回の順位を見て意外に思ったことですが、私は田舎で住んでいる方が空気も良くゆったりしているということで長生きすると思っていましたが(沖縄の女性の長寿は例外とします)実は都会、東京周辺の男性の長寿が全国では上位に来ているんですね。特に隣の国分寺市は何と4位ですよ。小平市との差は1歳。この差が大きいと見るのか小さいと見るのかは微妙だと思いますがその微妙な差で順位がひしめいているんですから大きな差なんでしょうね。
これからいろいろな分析がなされるでしょうから、注目していきたいと思いますが私の年齢からいきますと小平市に住んでいますとあと19年・・・、ということになりますか^ ^。。


   市 名
 八王子市  80.2 85.9
 立川市      79.2 85.4
 武蔵野市     80.5 86.7
 三鷹市      81.4 86.7
 青梅市      78.9 84.9
 府中市      80.4 86.3
 昭島市      79.1 85.6
 調布市      80.2 86.5
 町田市      80.1 86.1
 小金井市     81.0 86.9
 小平市      80.4 86.2
 日野市      80.5 86.2
 東村山市     79.4 86.0
 国分寺市     81.4 86.7
 国立市      80.2 86.2
 福生市      78.7 84.7
 狛江市      80.3 86.6
 東大和市     80.1 85.4
 清瀬市      79.4 85.8
 東久留米市    80.5 85.5
 武蔵村山市    78.4 85.4
 多摩市      80.3 86.5
 稲城市      80.2 86.2
 羽村市      79.4 85.7
 あきる野市    79.3 84.5
 西東京市     80.4 86.1


4月25日 (金曜日 ・小平総支部役員会7: ・駅前神社1: ・通夜
 kodairaeki south



 ●平成 20 年度のキッズパス利用開始のご 案内
小平地域見守りネットワーク 協議会
背景・目的
 昨年度、 総務省の「地域児童見守りシステムモデル事業」に 採択され取り組みを一部の学年を対象に実施して参りました。 4 月 3 日に、 平成 20 年度の協議会が 新たに発足し、 平成 20 年度は有料による事業の実施方針を決定しました。
取り組み概要
■登下校情報配信機能
 下駄箱に設置しているリーダ一にICカードをかざすと、子どもの登下校の状況を保護者の方の携帯メール等にお知らせすることができます。
■一斉連絡機能
  不審者情報や台風情報等の緊急連絡や一般連絡を保護者の 方の携帯メール等にお知らせすることができます。
■その他
 子どもがリーダにかカ一ドをかざした際にポイントがたまる 仕組みを用意しています。
平成20年度費用について
初期費用 : 無料 ( 平成 20 年度限定 )
年間費用 3,000円
 ( 平成 21 年度以降 )
平成 21年度以降は、 年間費用 :3, 600 円、
平成 21 年度以降の新1年生及び転入生については、 別途初期費用1.000 円が必要となります。
 ( 初期費用の内訳 )
初期設定費用及びICカード費用が含まれています。
 ( 転入・転出 )
転出者は原則年間費用を返還しません
転入者は、四半期ごとに 実施します

さらに詳しくはこちらからどうぞ ⇒◎


●小平市全国で61位
  日経BPガバメントテクノロジーは地方自治体(都道府県・市区)のITガバナンスを評価する「第1回 自治体ITガバナンスランキング」をまとめました。ランキング1位は千葉県市川市、2位は福島県須賀川市、3位は大阪府高槻市。我が故郷の佐世保市 【人口10万人以上30万人未満】の部ではなんと一位となりました。頑張ってますね

 これまでもいろいろな機関が情報ランキングを調査発表していますが、このところでは小平市は上位にランクされることが多くなりました。それだけ底力がついてきたんですね。
今回は「総合ランキングTOP80」、「地域別」、「人口規模別ランキング」と分けても発表しています。
 尚、小平市のそれぞれの順位は
「総合ランキング TOP80」では
61位
「人口規模別ランキング」では16位
「地域別 東京都版」では10位
「三多摩・26市3町1村」では4位
となります。
 今回の質問対象となった6項目をこれからチェックしていくことになると思いますが、どんな項目を課されても常にトップの位置を占めている市川市のような自治体もあります。こういう客観的な評価はレベルをどんどん上げていくことになります。今後の小平市に大注目です。

  調査は、「地方自治体の情報システムに関する調査 2007」として実施した。
設問は
@「基本戦略」
A「推進体制・人材育成」
B「予算・実行計画・評価」
C「調達・開発・運用」
D「セキュリティ・事業継続」
E「ユーザーとのコミュニケーション」
の6カテゴリーに分けて配点し、各カテゴリーごとの偏差値の平均値で総合順位を決めたものです。

●自治体規模別ランキング 東京都版
20(65.8) 大田区
23(64.9) 世田谷区
24(64.7) 三鷹市
26(64.1) 板橋区
31(63.6) 町田市
37(62.6) 多摩市
38(62.5) 東京都
49(61.1) 渋谷区
57(60.1) 練馬区
61(59.6) 10 小平市
●自治体規模別ランキング
【人口10万人以上30万人未満】  TOP 40
順位 総合順位 自 治 体  人口 職員数
1 10(70.3) 佐世保市(長崎県) 260348 14
2 18(66.8) 小田原市(神奈川県) 197187 6
3 19(66.4) 浦安市(千葉県) 152366 10
4 24(64.7) 三鷹市(東京都) 171261 9
5 27(64.1) 三島市(静岡県) 112392 12
6 33(63.2) 津市(三重県) 283167
7 37(62.6) 多摩市(東京都) 141383 16
8 40(62.1) 茅ヶ崎市(神奈川県) 229603 11
9 41(62.0) 出雲市(島根県) 147074 8
10 45(61.7) 戸田市(埼玉県) 113388 8
11 47(61.5) 座間市(神奈川県) 126170 8
12 49(61.1) 渋谷区(東京都) 196198 19
13 51(60.9) 岸和田市(大阪府) 202617 17
14 58(59.9) 鎌倉市(神奈川県) 175051 9
15 59(59.8) 防府市(山口県) 118535 9
16 61
(59.6)
小平市
(東京都)
176336 9
17 62(59.0) 新宿区(東京都) 275879 27
18 64(58.7) 高岡市(富山県) 182408 7
19 66(58.3) 掛川市(静岡県) 115074 14
20 67(58.1) 厚木市(神奈川県) 217581 19
21 73(57.6) 新居浜市(愛媛県) 126581 13
22 75(57.5) 青梅市(東京都) 138997 8
23 76(57.4) 府中市(東京都) 236957 17
24 78(57.2) 昭島市(東京都) 109879 5
25 79(57.1) 墨田区(東京都) 227316 19
26 81(56.9) 三田市(兵庫県) 112578 6
27 83(56.6) 市原市(千葉県) 280178 8
28 86(56.4) 西東京市(東京都) 188483
29 93(55.8) 河内長野市(大阪府) 118870 6
30 95(55.7) 釧路市(北海道) 193610 17
31 99(55.5) 周南市(山口県) 154589 12
●自治体ITガバナンスランキング  総合TOP80
61位
(59.6)
小平 129
(56.3)
51
(62.4)
165
(50.4)
67
(60.5)
23
(68.1)
76
(59.9)

4月24日 (木曜日 ・会合
 春の若葉・青葉速い勢いで変化します 23日撮っ


●総会が続きます
 一年間の事業、会計の総決算であります「総会」ですが、役員の皆さんを中心としての活動はそれぞれの団体によって違いますが、今の時代段々大変になっているような気がします。
それでも持続する街、良い街のために今年度も役員、会員走り始めています。




●「申請・証明書・手続き」のお知らせです
  「改正戸籍法」と「改正住民基本台帳法」が5月1日に施行されます。
 これは3月議会最終日に「手数料条例一部改正」について審議しました件ですが、この度5月1日から「戸籍法・住民基本台帳法の一部改正」によりまして、戸籍・住民異動の届出をするとき、および戸籍謄抄本・住民票の写しなどの証明を請求するときに、
窓口で本人確認が義務付けられます。
 ということで、手続きをするときには、
写真付きの住民基本台帳カード、運転免許証などの本人確認書類を忘れずにお持ちください。詳細は、問い合わせ先までどうぞ。
お問合せ先
〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所1階
市民課窓口係
電話:042-346-9804



●「七小暖かな春の日差し」
学校だより 七小 けやき が届きました
毎月発行されていますが、今月は新一年生の事が書かれています。私も入学式には出ていますが、本当にかわいい元気な姿を見まして自身が救われるような気がします。これからすくすくと育っていくように先生方、また地域を含めて責任は重いと思います。
4月23日 (水曜日 ・会合
 薫風を一杯受けて蓄電一杯っ! 小平駅南口 22日写っ


●素晴らしい春日和でしたね。
 これまでの風邪対策の厚着をかなぐり捨てて、何とも身軽に動き回ることが出来るここち良さを身体一杯感じた一日でした。


● IT導入 外部専門家招く
 この度中野区は、区役所でのIT(情報技術)の導入・活用に助言してもらうため、IT企業の現役部長を情報政策官に起用すると発表しました。
中野区はIT活用で証明書発行や徴税などの業務を効率化し、2016年度の職員数を2000人と、現在より五百人減らす計画をたてました。08年度から副区長を最高情報統括責任者(C10)として、各部署が個別に導入してきた情報システムの改善やコスト削減を図る計画。

 私は個人的にはこうしたITに関する専門家はやはり置くべきだろうと考えています。最終的には上記のように削減効果まで出来ればと思いますが、まず実力あるチェック機能(正確な判断機能を有する)が出来ることが大切だと思うからです。まずはこういう決定をした中野区に対して敬礼。



●国分寺駅北口再開発始動

     さっそく「撮っ」してきました

計画から18年 ようやく始動します
 JR国分寺駅北口に商業ビルやマンションを整備する「国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業」が、計画の決定から18年を経てようやく動き出します。実に長かったですね。
 事業を担う市は、今月から事業協力者募集の受け付けを開始しており、
今年度中にも具体的な事業計画を決定し、2013年度の工事完了を目指すとしています。
  再開発事業では約240戸のマンション(高さ制限110メートル=26階建て相当)や、商業施設やオフィスが入居するビル(同60メートル=10階建て相当)の建設を予定。また、バスなどが乗り入れる駅前広場、3000台収容可能の地下駐輪場も整備します。総事業費は約537億円の見込みで、市はこのうち約170億円を負担する予定。残りは国や都の補助金、ビルのフロアを売却した代金などを充てるものです。

 さて一方小平市の小平駅北口は昭和37年に都市計画道路整備地区として網がかかったままです。東京都、小平市のそれぞれの支援期限が残すところ8年を切ってしまいました。生半可な気持ちでは出来ないのが開発事業だと思っています。これから真が問われます。。
4月22日 (火曜日 ・小平駅北商栄会通常総会7: ・会合s
●総額200兆円の「大返済時代」始まる
 昨日「国の財政状況は夕張市より「深刻」」とのテーマをアップしたのですが、夜NHKで標題の何とも厳しい内容の放映がなされました。未航海への旅路始まったばかりです。

 ちなみにWEB上に「日本の借金時計」という心臓に悪い(^ ^。)ページがあります。本日午前8時にアクセスしましたら、  以前記録していました時から(2005年6月14日)
日本の借金が52兆3500億円、あなたの家庭の負担額が110万円ほど増えていました。(下図)
このままでは決していいわけではありません。
 借金時計の詳しい説明はこちらからどうぞ ⇒◎





●こだいらなのはなプロジェクト
 「菜の花は地球環境を守る新エネルギー」ということで菜の花・ひまわりの資源循環図が立ってました。
 畑一杯の風景は見事でしたが、奥まっていて道順がわかりずらかったので普通はどこから見られるんだろう、とふと思いました。


日経新聞 4月21日掲載      HP 佐世保北高 佐世保北高東京北星会 紹介

●日経「喪友記」に

 私の母校佐世保北高の先輩と後輩の事が書かれている記事が日本経済新聞の「喪友記」に掲載されていましたのでアップします。

 
 『味の素会長 江頭邦雄氏』
(左) 昭和12年10月1日生
 『花王社長 尾崎基規氏』(右) 昭和24年6月6日生
  江頭会長におかれましてはまだまだ若い、70歳でした。こうやって地方から出てきていろいろな経験を得て、さらに世界を相手に活躍されている方々が同じ学校出身だと言うことには、私なども大きな励みになります。特に江頭会長は社長になってから退くまで波瀾万丈、味の素を大改革し、売上高も1兆円を越える程大きくし、営業利益・当期利益ともに増加の一途を辿らせるまでにされています。いやぁ凄い人がいます。
 これまでの経験をして社長の条件とは次のように述べられています。
 1.品性
 2.使命感
 3.先見性
 4.決断力
 5.詩心(夢)
 6.問題処理能力
 7.部下を大切にする
 8.私欲が無い(欲をコントロールできる)


 久しぶりに深く考える時を持ちました。


4月21日 (月曜日 ・自民党三議連・夏期研修会実行委員会11:立川  
・歴世クラブ  ・会合
 グリーンロードにて


●08年度 第11回 江藤俊哉ヴァイオリンコンクール
  江藤俊哉先生がご逝去されて初めての開催となります。
こういう文化事業は継続することに大きな意義があると思っています。多くの皆様による縁の下の支援はどうしても必要です。大事な年になりそうです。




●国の財政状況は夕張市より「深刻」

 財務省は、財政制度等審議会の財政構造改革部会で、国の財政状況は財政破綻した北海道夕張市より「深刻」との試算を示した」とのことです。
 「自治体の財政の健全度合いを示す
「実質公債費比率」を国に当てはめて計算したところ、2004年度から2006年度の三年間の平均値は80.4%で、夕張市(同38.1%)を大きく上回っているとのこと (@_@)。
 この「実質公債費比率」とは自治体の収入に対する
借金返済の割合を示す指標です。08年度決算から35%以上なら財政破綻と認定されることになります。試算ではタ張市のほか長野県王滝村(同42.2%)、北海道歌志内市(同36.7%)が該当。尚、18%以上で地方債の発行に国の許可が必要となります。
 ということですが、小平市では上図のようにここ2年程は11.5%前後となっていますので国の許可までにはいかないことになります。



長寿医療制度特集号発行
20日に市報と共に配布されました。
 なかなかわかりにくいのですが、まず各人の数字を出してみて具体的に絞っていった方がわかりやすいかも知れません。納得できるまで聞いて頂きたいと思います。

4月20日 (日曜日 ・会合
 風雨一過の小平上空の大空 19日


●小平市組織図
 平成20年度の小平市組織図が配布されました。
実数921人での組織でのスタートです。


●「小平市市民活動実態調査 結果報告書」
 市民活動につきましては「小平市市民活動実態調査 結果報告書」が配布されました。
小平市内では現在多くのボランティア団体や市民活動団体が活動しており様々な分野において社会貢献活動がますます進展してきました。
 その中での代表として12の団体が報告されています。全部をご紹介したいのですが時間の都合上1団体のみPDFでご紹介いたします。詳しい報告書は240円で販売されます。
 尚、調査内容は
・団体のプロフィール ・団体の活動 ・活動資金について ・活動上の課題と今後の方向性 ・活動拠点について ・活動人材確保について 7・行政との協働・連携・協力について ・行政に期待すること 9・小平市民のニーズとは、の9項目についての調査となってます。
(1)福祉関係
@NPO法人 小平ハートピア
A小平要約筆記サークル「ほおずき」
B熟年いきいき会
(2)環境関係
CNPO法人 小平・環境の会
(3)まちづくり
Dこだいら市民提言の会
(4)子ども関係
ENPO法人 子育て広場きらら
F小平プレーパーク準備委員会/自由遊びの会
(5)文化関係
G人形劇ピエドラ
H小平市鈴木ばやし保存会
(6)スポーツ関係
INPO法人 NPO小平スポーツクラブ
(7)国際交流関係
J小平日本語ボランティアの会
(8)情報関係
K小平シニアネットクラブ


●街路樹寄付 木に「名入れ」 東京都
 樹脂板にメッセージ
 
----------------------------
  東京都は五月から、寄付をすれば街路樹に自分の名前や企業名などのプレートを付けられる「マイ・ツリーわたしの木」を募集すると発表。都民の協力で街路樹を増やし、緑化を進めるものです。
募集するのは高さ約2mの中木、高さ約三・五mの高木。
中木はツバキやキンモクセイ、一本一万円。高木はケヤキやプラタナス、一本五万円の寄付を求めます。都民以外からも受け付けるそうです。 寄付された木には縦8cm、横13cmの合成樹脂製のえんじ色のプレートを付ける。プレートには十五文字以内で個人や企業など寄付者の名前と、二十文字以内のメッセージを記入できる。
 小平市ではすでにこういった企画はグリーンロード添いに斉藤素巌翁のブロンズ像設置で募集をしまして実現しています。市民共有の財産としてこういった試みはとてもいい企画です。特に緑を残すことの一方法として試してみることもいいかもですね。
 
グリーンロード美術館斉藤素巌ブロンズ作品 

小平駅南口設置


●FC東京大躍進
!!
 何と昨年12失点をした川崎に勝った!、勝った!
順位も第3位です。
試合内容がいいと監督の談ですから、これからも大いに応援に力が入りますね。ガンバレッ FC東京!!
 1  19  名古屋グランパス  
 2  16  鹿島アントラーズ  
 3  14  FC東京  
 4  13  横浜F・マリノス  
 5  13  浦和レッズ  
 6  12  ガンバ大阪  
 7  11  大宮アルディージャ  
 8  11  京都サンガF.C.  
 9  10  柏レイソル  
4月19日 (土曜日 ・市議会議員と語る会1:30  ・珈もれ琲会
●豆台風並の風雨なお続きます
 いやあっやっぱりこのところの天候はこれまでとは違っていますね。昨日などは東京都心などで記録的大雨(18日夜までの24時間雨量が、東京都心(大手町)で96・5ミリ)です。風も相当強く小平市でも歩いていて瞬発的に傘が吹き飛ばされる場面が幾度もありました。 雨量も4月としては観測史上最多を記録したと。


会計課 静脈認証 出入りはこれで
認証されます
●会計課室改修されてます 
 会計課は、収入・支出に関する書類の審査や、公金の出納及び保管、決算書類の調整などを行っていますがこの度、完全仕切りがなされ、出入りの際は指での静脈認証装置にかざして認証されないと通ることが出来ません。よりセキュリティが強化されました。
ご来庁の折りにはどうぞご覧になって下さい。




カウンター 長寿医療制度(後期高齢者医療制度)
●後期高齢者課
 4月から老人保健制度に替わり、将来にわたり持続可能で安定した医療制度とするため、高齢者世代と現役世代の負担を明確にした長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が始まりました。小平市の窓口現状を聞きに行って来ました。
  小平市の対象者は15000人ですがお問い合わせ頂いた人数は150人くらいで昨日では殆ど無いとのことでした。
大きな制度の変わり目ですが「これからも問い合わせ等には最善の対応をさせて頂きたい」との返事でした。
どうぞ不明の点は保険年金課 後期高齢者医療係 (Tel:042-346-9538)の窓口、電話でどうぞ。

消費生活相談室
地域文化課
042-341-1211
内線 2416(相談室)
●消費生活相談室
 庁舎一階左奥に移りました。
 小平市の消費生活相談室では、市が委嘱した消費生活相談員による相談を受けています。悪質商法や契約のトラブル、消費生活に関することなど生活上でわからないこと、困ったことがあれば気軽にご相談ください。

4月18日 (金曜日   その2 
●臨時幹事長会議が終わりました
 今回は共産党・華表議員の辞職に伴う議会人事での臨時幹事長会でした。華表議員が役職に就いていました議会運営委員の選任、特別委員会委員の辞任、また一部事務組合議員の調整、対外協議会委員の調整、市長付属機関委員の調整について協議されました。
4月18日 (金曜日   ・臨時幹事長会10: 政和会  ・会合 
●本日は臨時幹事長会議が招集されます
   @案件は議員の辞職に伴う議会人事について
   Aその他


 「銀河鉄道」 新小平駅前にて  999   17日写っ

●バスマニア 趣味が高じてバス会社設路線運行開始 
 先日この件に関しましてホームページにアップしましたが、その詳細が新聞に掲載されましたので小平市への考え方も相当参考になるのでは、思いを述べてみたいと思います。 ⇒◎
まずこういう夢が実現したということの凄さ。私も結構夢を追いかけて来た方ですがこの方のスケールが違いますね。
 ⇒スタートは山本宏昭さん(44)と言う方が9年前に一人で作ったのがバス会社
銀河鉄道だということ。(自分で作ったんですよ・・・)。
⇒不便さを嘆くお年寄りの声を聞き、東村山市や小平市の交通過疎地域で路線バスの運行を始めた。
⇒採算を取るのは難しいが、「
バスで街を元気にするのが夢」と意気込んでいる。
⇒最初は貸し切りバスの許可で行っていた。
⇒06年に道路運送法が改正され、今年度以降の運行ができなくなった。
⇒路線バスの許可が必要となった。
⇒「一気に自前の定期路線も始めよう」と決断。
⇒保有台数を5台増やして16台に、運転手を新たに8人採用して20人を抱え、今年3月に許可を受けた。

7日に、JR新小平駅と、明治学院東村山高校など3校を結ぶコース(約3・9キロ)を開業。
運賃は均一で中学生以上170円、小学生90円と「低めに抑えた」
⇒「交通網は街の活性化に欠かせない。
⇒安全第一をモットーに、地域に貢献したい」


 こういうやり方で考えてみますと小平市でのコミュニティーバス、コミュニティータクシーの運行も視点を変えてもいいのかも知れません。


4月17日 (木曜日   ・会合 
 tatikawa station flower

●患者情報17000件紛失
 標記のタイトルで夕刊にありました。(読売)
 「東京都文京区の日本医科大学付属病院で、患者の個人情報が入ったパソコン1台がなくなった。パソコンは盗み出されたという見方を示した。
 同病院によりますと、パソコンは心電図検査を行う検査室に置かれており、1999年〜今年3月までに心電図検査を受けた患者約9570人分、1万7170件の情報が保存されていた」ということです。
  実は小平市でも先日
教育委員会から以下のお知らせがあったばかりですのでこういった情報がありますと、USBという実に使い勝手いいメモリーが実は管理がきちんとしないと大変なことになると自戒の念を込めまして報告申し上げます。

1・事故の種類
個人情報を含む資料の紛失(USBメモリの紛失)
2・発生日時
平成20年4月11日(金)午後7時頃
3・発生場所
紛失場所は、校内か路上(青梅街道)かは不明
4・当事者
所属・職 小平市立小平第ニ小学校 第6学年・教諭
5・紛失した情報
 ・前学級の児童名、住所、学級連絡網
 ・前学級児童の通知表の学習評価記録、所見欄の下書き
 ・授業で使用する自作の教材、ワークシート

尚、教育委員会としては「教員の服務事故防止について再三にわたり指導してまいったが今後とも再発の防止には全力をつくしてまいります」とのメッセージがありました。


 萩山駅で貼られていました。
もう少し時間がかかるようですが、この駅から元気村への利用者も増えているでしょうから早く出来るといいですね。


4月16日 (水曜日  ・自民党三議連役員会議 立川市 10: ・会合 
●本日は立川市からスタート致します
 自民党三議連役員会議が開催されます。
私は現在この「自由民主党三多摩議員連絡協議会」の副会長をおおせつかっています。またホームページの作成、更新も担当しています。250名を越す大所帯で「三多摩から東京を変える」をモットーに結束を固めながら頑張っていますが、自分が出来ることでの貢献努めます。



●観光案内図完成 shouji

■設置場所
○野火止橋付近
○東大和市駅前付近
○小川橋付近
○鷹の橋付近

 小平グリーンロードに歩行者用観光案内標識が設置されました。観光案内標識には、2km四方の周辺地図が掲載されており、周辺の観光スポットやトイレなどが分かりやすく表示されています。

  小平駅南口
●斉藤素巌の案内掲示板も既に設置されています


●こだいらオープンガーデンマップ完成
 今年もいろいろな場所で春爛漫の花々が咲き乱れています。歩いていてもとても楽しいっ、そう言う気分です。
それにしてもこのところの小平市内はとても素晴らしい雰囲気一杯ですね。環境がますます良くなっていると感じています。
オープンガーデン一覧
1  森田邸
2  柴山邸
3  清水邸
4  Tea room 樹々
5  津村邸
6  井上邸
7  カフェ ラグラス
8  マンションベランダガーデン
9  中山邸
10  ベンズファーム
11  小山邸
12  古屋邸
13  花小金井駅南口駅前広場
14  大門橋緑道
15  塚田邸


4月15日 (火曜日  ・会合 


●自治体情報誌 経費ゼロ

 小平市でも現在すでに小平市全図の広告を募集したりして経費を抑える努力をしていますが他自治体でも標記のように企業と連携し、費用負担なしで「情報誌」を市民に届け始めています。
 一つに三鷹市では都内の自治体では初めて「生活情報誌」の発行を広告収入でまかなう企業に委ねてます。また八王子市では団塊世代向けの月刊誌を発行する企業を地域情報提供などで支援。ともに、自治体が発行すればかかる数百万円から一千万円以上の費用を節約していることになります。
 ちなみに三鷹市は企業が集めた広告収入で『冊子の制作から配布費用』まですべてまかなってます。広告掲載企業は約三百七十社と、これまで市が独自に集めていた社数の約十倍にのぼっています。
 以前はこういう方法は避けていた自治体でしょうが、これからは官・民・住民どこにもプラスになるようであるならば積極的に考えていくべきでしょうね。

 追記
 @三鷹市のホームページでのバナー広告は、市民向けトップページ、訪問者向けトップページ、事業者向けトップページにそれぞれ10個、合わせて30個掲載できるようになっています。
 A 
三鷹市では「コーヒー入れて!」という女性問題を考えるコミュニケーション誌が発行されています。


家族そろって楽しい食事 レシピ集
・家族そろって健康朝ごはん
・子どもと作ってみよう手作りおやつ
・家族だんらん夕ごはん
・さっと作れる簡単おかず

こんな楽しいページが更新されていたんですね。
 保育課庶務係 栄養士


●このところ更新が深夜2時、3時になっています。

 本来は当日の更新ですから当日の24時直前でもイイのですが私のは予定を含めながら当日の0時を過ぎた「刻」がにっしの更新刻となっています。
 現実的には、「本音」結構大変なんです。よくこれまで9年間もほぼ「毎日続いているなぁっ」と自身に問いかけているんです。と言うことで今日は2時を過ぎての更新となります。



●新しい携帯サイト
 新しい携帯端末用のサイト「小平市携帯サイト」を公開しています。施設案内、医療機関、市議会検索など身近な情報が掲載されています。
ちなみに市議会では以下の項目が列記されていますが現在リンクは一点のみです。
お知らせ 
市議会のあらまし
みなさんと市議会
議員名簿
本会議の内容
常任委員会・特別委員会の会議内容
市議会で決まったこと
こだいら市議会だより

 尚携帯電話のインターネットサービスを利用してこちらからアクセス出来ます ⇒ ◎

また、小平市携帯サイトのQRコードバーコードは上図です。


●「モバイルスイカ」の会員、100万人突破
携帯関係でもうひとつです。
 私は「モバイルスイカ」サービスが開始されて、まだ殆どの人が「なにっ?」て言うほどの早い段階で導入をしまして超便利に活用している一人ですので、今後も携帯電話に「モバイルスイカ」の機能があらかじめ組み込まれていれば加速度的に増えて行くだろうとは思っています。
 実際に活用している身で申せばコンビニ、バス乗車、駅売店、JR、私鉄、地下鉄、etc等、本当に便利過ぎるほどです。

 『東日本旅客鉄道(JR東日本)は携帯電話を使った電子マネー「モバイルスイカ」の会員が9日時点で100万人を突破したと発表。JR東の乗車券として使えるモバイルスイカは2006年1月にサービスを開始。07年3月から首都圏の私鉄、バスで使えるようになったことに加え、08年3月からは東北、上越新幹線などにも利用範囲が広がり、急速に普及が進んだ。またこの利用で新幹線が割安になります。
これは東日本旅客鉄道(JR東日本)が新幹線に割安に乗車できる新メニューを2008年3月から始めるもので、携帯の画面で予約・決済するだけで、みどりの窓口で購入するより9%前後安く指定席に座れることになります。
 ⇒JR東日本の新幹線(東北、山形、秋田、上越、長野)に「モバイルSuica(スイカ)特急券」を設定する。会員は専用画面で予約し、登録クレジットカードで決済。出発までに電子チケットを携帯にダウンロードし、新幹線の改札機にかざして乗り降りするというように航空券のチケット購入の流れと同じになるようです。』

4月14日 (月曜日  ・その2 

速報!!
 ふるさと村・赤いポスト
収集スタートしました
 
 開所式があったようですが行った時にはすでに終わっていたようで・・・・・・・・。
収集予定時間
平日 13時55分頃 17時25分頃
休日 8時25分頃  14時頃

局長さん 取材?

4月14日 (月曜日  ・サマーフェスティバル実行委員会 ・会合 
  今年もやまぶき満開です  kodaira・reien now





●「満地球」 
またまた素晴らしい画像が発表されました
 言葉がいらない静かですが現メッセージとしては強烈なタイミングで全地球人に伝わってきます。

 宇宙航空研究開発機構とNHKから、月周回衛星「かぐや」が、欠けた部分のない満月のような状態の「満地球」撮影を発表。全面が青く輝く「満地球」の姿を、約38万キロメートル離れた月からのハイビジョン画像です。
 「満地球」の撮影機会は太陽、かぐや、月、地球が一直線に並ぶ年2回という貴重な瞬間です。

 それにしてもなんと美しい地球でしょうか。宇宙空間にぽっかり浮かんでいる姿はまさに神秘的でもあります。この画像から受けなければならないメッセージがたくさんあるような気がします。
 また素晴らしい地球の中での人間のさまざまな争い事、また放漫さに対しても静かに、静かに見守ってくれている青い地球の姿から今、地上で全地球人が考えるべき事は・・・・問うてきます。

大画像にも、また動画でも配信されていますので是非とも見て頂きたいと思います。 

 

4月13日 (日曜日  ・会合 

●ふるさと村のポスト 収集開始
 14日 月曜日から投函が可能になります。
ふるさと村の借景が抜群でこれから小平市のシンボルとしての位置を占めるようになると思います。
さっそく試したいですね。
     by shouji
次は小平市役所前ですか


  ルネこだいら 3F いつ見ても素晴らしい絵です 10日写っ



長銀跡地の計画が発表されました
 総棟数254棟の大規模開発事業となります。


4月12日 (土曜日  ・会合 
・天満敦子コンサート ・珈好琲会 ・小平駅前町会総会
 六中通りが整備されこんなにすっきりしました コミタクも通れる?

●NHK 『難問解決!ご近所の底力』 
小平発 「育児に悩む母親を救え」
  放映終了しました。
 私は録画して拝見しました。
まず、「ひとこと」 ですが、『小平市では今回課題に挙げられたことはすでに実施していることが多いのではないか』ということです。
 『子育て相談』
◎子育ての知恵袋事業 【相談】  
◎子育てふれあい広場 【相談・交流】
◎子ども家庭支援センター 
◎子ども家庭支援センター【相談・交流】
◎子どもつどいの広場
◎児童虐待かな?と思ったら、まず相談
◎のびのび子育て応援事業
子育て広場きらら 
◎子育て相談室
緊急一時保育
一時保育
  等々のように子育てに関しての数々の対応事業はすでに小平市では実施されていまして、決して少ないとは思わないのですがどうでしょうか。
 欠けているとすれば何があるのでしょうか。まずこういった事業がなされていることの周知だと考えられますが、ホームページを見ればすでにアップされていますので、それをたどっていけばどこかで相談が出来ると思いますので、これを機会にさらにいろいろ情報を得るようにトライして頂き問題を解決して欲しいと思います。

ちなみに新聞の番組表は次のようなタイトルでした。
 ご近所の底力 育児つらい!
 ママ涙の訴え
 ▽幼児にダイエット? 泣き止む裏技
 ▽預け先ここが穴場

 以下NHKテレビ画面より「写っ」させて頂きました

 小平市のみなさんが出席









 子育て広場 きらら

春の竹林 イイ色あいです   根本ではたけのこが  4/11



4月11日 (金曜日  ・会合 
・テレビ放映NHK『難問解決!ご近所の底力』 育児に悩む母親を救え 午後8時〜
  takenoko  nakamti  04/10撮っ




●NHK 『難問解決!ご近所の底力』
 
「育児に悩む母親を救え
 本日NHKにおいて「子育て」をテーマにした番組で、小平在住の子育て中の方が取材を受け、小平市では「子ども支援サンター」と「子育て知恵袋事業相談員」が収録に協力してます。どうぞごらん下さい。
 @ 4月11日(金)午後8時〜8時43分 (関東甲信越)
 A 4月13日(日)午前10時05分〜10時48分 (全国)
参考 NHKのホームページより
 んっ? 司会者が変わっている。関西系の出演者多かなぁ。


育児に悩む母親を救え

 いま、育児にストレスを感じる母親が増えています。母親の実に7割が、育児に自信がないと答えています。「私の育て方、これでいいの?」と、日々つきまとう悩みや疑問。それなのに、気軽に相談できる相手が身近にいない。夫は仕事で深夜に帰宅。親戚も近くにおらず、少しの間でも子どもを預かってもらうこともできない。来る日も来る日も親子二人っきりの状況が、母親を育児ストレスへと追いやっているのです。
そこで、番組では、ストレスがたまらない育児法を大公開。
必要なときに、すぐに子どもを預かってえる妙案とは?
育児に迷ったら、いつでも相談に行ける取り組みをご紹介いたします。
どうぞお楽しみに。

司会:和田アキ子・松本和也
リポーター: 宮川花子 三船美佳
専門家ゲスト: 恵泉女学園大学大教授 大日向雅美




長寿医療制度
(後期高齢者医療制度)
 この度、後期高齢者医療制度の通称名を「長寿医療制度」と使用するとのお知らせが健康福祉部から届きました。
今後は電話等での市民の皆さんへは「長寿医療制度担当の○○です」と対応する。また広報の為に作成する文書へは「長寿医療制度(後期高齢者医療制度)」の記述となります。
 小平市の担当部にお話を聞きますと、小平市への問い合わせも一日150件に達することもあったとのことです。ちなみに小平市は配達証明書付(オレンジ色の封筒で)での送付を実施しているとのことで、それでも不明な方には問い合わせの都度丁寧に対応しているとのことです。
 冷静なる答えで少なくとも小平市では粛々と進められているんだなぁと受け止めましたが、担当部の職員の皆様は本当に大変だと思います。いろいろあるとは思いますがじっくりと対応して頂きたいと思います。
 初めての制度の切り替わりでは様々な混乱がありますが厚労省では⇒「移行前の保険証でも1割負担」ということを週内にも通知するとの対応をきめたとの報です。これは保険証の未着による混乱が大きくなるのを防ぐため、患者が全額負担することにならないよう、医療機関に要請することにしたものです。

  尚、小平市では4月20日に新聞折り込みで市報特集号を発行するとのことです。
 ・・・が、現時点でまだ届いていない方には、市役所に来て頂くということではなく「直接自宅にお届けする」、といったことが考えられないものでしょうか。こういったことを小平市が率先して実施すれば市民の皆さんも安心されるのでは、と思うのですが・・・・・。

改めまして
<長寿(後期高齢者)医療制度>とは 
  75歳以上(一定の障害がある人は65歳以上)の高齢者を対象に4月に始まった医療保険制度。都道府県内の全市町村が加入する広域連合が運営するもの。
 従来の国民健康保険などから移行することになり、広域連合から新たな保険証が支給される。地域の医療費を反映して保険料を設定するため、保険料は都道府県ごとに異なる。窓口での患者の負担は原則1割。自己負担を除く医療費は75歳以上の保険料で1割、国民健康保険や健康保険組合など現役世代からの支援金で4割、税金で5割を分担する。年18万円以上の年金受給者は年金から保険料が天引きされる。




東京都後期高齢者医療連合ホームページ
http://www.tokyo-ikiiki.net/(東京いきいきネット)


●ついに、いよいよ、こんどこそっ
 いつも、なんだかわけわからない進め方で一向に実現性のない
「選挙の電子投票導入」ですがこんどこそっ、かっ、と思われる報道です。
 『国政選挙の電子投票導入自民・民主が修正協議に同意』 「自民、民主両党は9日、参院で継続審議となっていた国政選挙に電子投票を導入する公職選挙法特例法改正案の修正協議に合意。早ければ
今月中にも成立する見通しで、次期衆院選から電子投票が導入される可能性も出てきた。」と。
 具体的には、「法施行後4年以内に、投票内容を紙にも記録する機能を持つ電子投票機の義務づけについて検討を行い、その結果に基づいて対策を講じる」こととする。

 この法案は自民、民主両党の党内手続きが終わりしだい、参院で可決し、その後、衆院で修正案を改めて議決する予定。
これで本当にこんどこそジャンジャン、となるのか。
一度実現すれば何でもないと思うんですが・・。



4月10日 (木曜日  ・会合 ・雨情うたまつり実行委員会
 市役所の中も外も若葉の芽吹き

小平市史料集 第30集 販売開始のお知らせ
 このたび小平市図書館の古文書整理事業は昭和50年に始まり、目録を19冊刊行し、その後史料集に着手、19年度は最終刊となる第30集を発行いたしました。第30集の内容は「交通・運輸」で、32年間に42回もの旅をした旅日記等も収録されています
販売場所
市内各図書館(分室除く)、小平ふるさと村、市役所市政資料コーナー  価格 1,800円

ちなみに more
75年から市内旧家に残る古文書の目録をつくって活字化する古文書整理事業に取り組み、都指定有形文化財の「小川家文書」をはじめとする23件、2万7千点余りの資料を19冊の目録として92年までに刊行した。「史料集」は、これらの目録に収められた文書をテーマ別に分類して編集し直したものです。当時の村の概要報告書ともいえる「村明細帳・地誌・家数人別帳」を皮切りに、「新田開発」や「鷹場」「玉川上水」などのテーマを取り上げた。  収録した資料は18件分、計5196点にのぼる。1846(弘化3)年から1876(明治9)年までの道中日記を残した鈴木新田(現在の同市鈴木町近辺)の斎藤佐右衛門は、旅先も出雲や伊勢、成田や草津など多彩で、旅程や宿泊先、宿賃のほか、道中で食べたものとその値段まで記されています。


 なお20年度は小平市史編さん事業が始まります。
その予算が1千4百118000円が計上されています。
 それもそれこのところの小平図書館のホームページの充実、進化振りは凄いものがあります。まさに『開館30年を記念してのごあいさつ』の中での蛭田・前中央図書館長の
情報の創造と発信を支援する図書館をめざしてそのもので目が離せません。 
 今では私もネット上から本を買う機会が多くなりましたが、以前「表紙をネット上で活用したらいかがか?」と質問したときにはネット上の本屋さんへの(本そのものも含めて)リンクは難しいとの答弁がありましたが・・・・・今では・・・↓

本の情報
TRC トップページ 
日本書籍出版協会 
本やタウン 
福祉図書検索
またボランティア団体での発信でも実に貴重な文献が・・↓
小平シニアネットクラブ  
玉川上水事典 
範多農園 (貴重な資料です)
小平市内にかつて、『範多農園』と呼ばれる広大な農園があった
 と言う具合に便利なリンク、検索というすぐれものの活用が実現しています。
いろいろどうぞじっくりご覧になって下さい



↑⇒ 延命寺 now
↓⇒ 平安院 now


4月9日 (水曜日  ・会合
 梨の花が一斉に咲き始めました 8日撮っ tenjintyou


●202名の新入生
 小平第六中学校の入学式は春嵐の雨が体育館の屋根をたたきつける中、粛々と進められました。
 さすがに小平市で大勢の生徒数では一、二の順位になります学校です。保護者の皆様、在校生の皆様を合わせますと体育館内が一杯になりました。
希望を胸に膨らませて新しい生活が始まります。どうか充実した三年間を送って下頂きたいと思います。

 豆台風の雨でぐっしょりでした


ぎんてつ小平学校線 新規開通
 4月7日から運行開始されました。
この路線は学生の通学利便を主に運行されるものですが一般の方の利用も可能です。
⇒新小平駅から小川駅までは便利になりますね。
 で「銀河鉄道」という会社があるんです。いい会社名です。


●暫定税率失効で工事中断 
 他自治体の例ですが東村山市)、『ガソリン税などの暫定税率失効を受け、見込んでいた国庫補助金を得られないため、西武線久米川駅北口の駅前広場整備の工事を一時凍結すると発表。工事再開は、暫定税率復活などの動きを見ながら判断するということです。 同事業は2001年に始まり、市は地下駐輪場や周辺道路の整備費として、今年度予算に約9億7500万円を計上。しかし暫定税率の失効により、約2億6200万円を見込んでいた国庫補助金は国から0円と内示された。そのため、工事が進められず、地下駐輪場建設後に予定していた道路整備を含め、事業全体をやめざるを得なくなった。』と。
 小平市ではいまのところこういった事業に対してのお知らせはありません。もしそういった情報がありましたらアップしたいと思います。これももしかしたら影響か?



「体験!はじめての投票」について
ホームページ上で投票の体験ができます。
 東京都選挙管理委員会では、投票を簡単な操作で模擬体験できるコンテンツ「体験!はじめての投票」を、ホームページで公開しています。 フラッシュ画像により、投票所の様子をリアルに再現しており、投票を体験できるものになっております。
 また、途中で、投票に関することも豆知識として学べます。
 選挙に行ったことのない方も、アクセスしてホームページ上で体験していただき、実際の選挙の時にはぜひ、投票所に足を運んで下さい。

●自治体がネット公売367
 07年度1万7000品目、徴税力を強化
 差し押さえ物品などをインターネットで競売にかけるネット公売を導入する自治体が急増している。2007年度に初めて47都道府県すべてが活用。利用自治体は367と前年の2倍に増え、出品数は約1万7000品目と3倍になった。国と地方の税財政改革(三位一体改革)で地方へ税源が移り、徴税力強化が課題の自治体利用は今後も増える見通しだ。
小平市いつ参加するか・・・・。


公園の大沼用水路も別世界に


heianin 08 [mizaru kikazaru iwazaru]
4月8日 (火曜日 ・中学校入学式10:  ・青年部定期大会 ・会合 ・会合
  花から若葉へ季節は確実に移ろいます

●時折強い雨が降っています
 今日は一日降り続く予報です。雨も又良しとしましょう。
それにしても台風の様相です。注意が必要です。



●本日は市内中学校の入学式です。
 つい先日小学校を卒業したばかりの児童が今日からはピカピカの中学一年生になります。卒業から入学式までの短い期間に表情が激変する姿を毎年拝見しています。その緊張したいい顔がいつまでも続きますように祈ります。

●小平第二小学校入学式
こちらはピカピカの小学生一年生です。
今年は1組36名(男子16名、女子20名)、2組36名(男子15名、女子21名)、わかくさ3名(男子3名)の75名(男子34名、女子41名)の入学者でした。みんな目が「いきいき」気持ちが洗われます。
それにしても保護者の出席が多くていい雰囲気でした。
校長先生のあいさつも子どもたちをキチンと褒めて、姿勢を正させ、わかりやすい言葉で、最後まで程よい緊張感が保てこちらにも気持ちよく伝わりました。新入生もひと安心でさすが校長先生です。


新一年生、新二年生の初対面です。
新二年生はすっかりお姉さん、お兄さん気分で歓迎です^ ^。



小金井交差点工事途中で機材が整理
 小金井交差点の工事が4月に入って工事を中止し看板や機材が引き揚げられました。ここまできてどうして、ということですが・・・・・。



●電子黒板関連 掲載

 上記の件に関しまして上手くまとめての新聞掲載(読売)がありました。東京で開かれた「電子黒板活用効果研究協議会」の報告会を参考に要約してみます。

◎電子黒板はテレビの天気予報を思い浮かべてもらうのが一番いい。
◎電子黒板は、画面に触ると部分的に拡大できたり、画面の内容が保存できたり、画面にペンで書き込んだりできる。
◎電子黒板は、パソコンを使って動画を見せることも可能。
◎電子黒板は、英国では数年前の調査で、小学校の7割、中等学校では9割まで普及している。
◎電子黒板は、欧米諸国や韓国でも広がりを見せている。
◎電子黒板は、最近ではロシアが国策として導入を進めていると言われる。
◎電子黒板は、日本の公立学校への普及は2006年度末で9536台。少しずつ増えてはいるが、学校単位だとまだ1割程度。
◎電子黒板は、全小中学校に入れようと意欲的な自治体と、関心を見せない自治体で大きな差がある。
◎電子黒板は、使いこなすようになった教師にとって、〈未来の黒板〉の評価は非常に高い。
◎電子黒板は、子供たちの集中力が格段に増す。
◎電子黒板は、教科書やノートをそのまま映して出し、黒板のようにラインまで引けるので、教師の説明している部分がどこかが一目瞭然になる。
◎電子黒板は、「子供たちも前に出て発表したがる」という効果もある。
◎電子黒板は、教師自身、子供たちに背を向けて板書をする時間が減るため、「授業のテンポがよくなり、子供の答えを待てるようになった」。
◎電子黒板は、前回の授業の板書を呼び出せば、瞬時に復習を始めることもできる。
◎電子黒板は、授業スタイルにまで影響を与えている。
◎電子黒板は、報告会では「自治体のトップに見てもらって予算化を促そう」「いつでも使えるようにしておいて、苦手な先生の利用を無理強いしないこと」と現場の知恵も披露された。
◎電子黒板は、「これまで教材作りに頑張ってきた先生は楽になるはず」
◎電子黒板は、教師たちからも「教材作りが大変でも、子供たちの反応がいいから苦にならない」という声を聞く。
◎電子黒板は、協議会による活用ガイドブックは、近く全国の教育委員会や教育センターに配布される。

 小平市では現在3校での試行が始まっています。上記のように学習法の一つに大きな改革をもたらすか可能性が大と思われます。今後もこのテーマは追いかけてみたいと思います。
4月7日 (月曜日 ・小学校入学式10: ・虹ヶ丘緑公園開園 ・会合

 ブルーベリー 天神町 4月7日

●今日は小学校の卒業式です
 ある意味人生の新しいスタートがこの小学校の入学式だと思います。精一杯のエールで迎えたいと思います。



●小平市新人材育成基本方針 08年
 このたび小冊子が配布されました。
先日の総務委員会でこの件に関しまして下記のような質疑がありました。
質問として
 今回の目標が、「若い方には人材育成」というが、「人材育成策」を、もう少し明らかにしていただきたい
答弁として
 平成14年11月に策定をした小平市の人材育成基本方針。それからちょうど5年ほどたったということで、平成19年度、これも庁内プロジェクト的なものを立ち上げ、
「新・人材育成基本方針」、今これがまとまる最終的なところに来ている。
しかしこれは民間の会社で言えば「社訓」に近い部分というのがどうしてもある。その中に具体的に「生産工程をこういうふうにしていこう」とか、細かい設計図というわけではなくて、大きな屋台骨、職員として今後求められる職員像はこうである、とか。そのためには「こういう能力」だとか、意識改革をしなければならないという「屋台骨」のところです。
これについては、今回はよりわかりやすい内容でまとまりつつある。新年度は打ち出していけるものと考えている。』と以上ですがより詳細はこちらからどうぞ⇒●





●日向ひまわりさん真打昇進おめでとうございます
 小平駅周辺の若手の皆さんと共に15年弱に渡りまして年4回の寄席をやって参りました「ひまわりさん」がいよいよ師匠と呼ばれることになりました。写真でご覧のように大会場一杯の参加者、また落語会での重鎮が多数出席されたなか、賑やかに宴は進められました。
この業界での宴で「あっ」ということは、乾杯がなされたあとすぐに『中締め』で一端閉められることです。
お後はいつでもお帰り自由、ごゆっくりと、ということでしょうかね。同時に三遊亭遊馬師匠、古今亭今輔師匠が襲名されました。いずれもこれからの有望株です。ご声援を!。
 でも「ひまわり師匠」いい顔していました。私も振り返ってみまして感慨一入でのひとときでした。機会があれば小平在住の『三遊亭小圓右師匠』との高座を出来ればと思っています。
 帰りは「新宿末廣亭」へ40年振りに寄ってきました。
寄席、また、いいですね。


4月6日 (日曜日 ・日向ひまわり真打昇進襲名披露宴 京王11: ・森田そば
・春の交通安全運動 ・通夜

  小平駅南口 4月5日

●小平家の今年の家計簿は毎月15万円の不足


 今年も上図のように小平家の毎月の収支を一般会計予算の一万分の一に置き換えましての解説が掲載されました。今年の予算総額(一般会計・特別会計)が828億2,330万円、一般会計予算額は494億6100万円。
この一般会計予算額をもとにしての小平家の家計となります。
 しかし今年も
『財源確保の施策』は(私が考えているような)見あたりません。行政では実に様々な多くの施策を考えているのに。なぜ?なぜ?との疑問が続きます・・・。
 9年間の議員の世界でいまだ理解、できない件です。
持続可能な小平市へ向かうために「マイナス指向」ばかりでなくみんなで考えましょう。



 桜吹雪 のはなびらがこんなにみごとな光景を

4月5日 (土曜日 ・中山寛子氏叙勲を祝う会6: ・ブレンドの会1:30 ・花祭り たけのこ公園10: ・長銀跡地説明会 10時30分〜 花小金井南公民館
  春大集合 小川町 4日写っ

●日中は温かいですが夜はまだまだコートがいります
 今日の日程は範囲広く過密です


●小川緑地
 先日オープンしました小川緑地公園へ行ってきました。
まだ荒々な状態でしたがこれから芝生、木々等が時間と共に芽生え成長していくのが楽しみですね。
ついでに周囲も「撮っ」


●市内を走る西武バスもPASMO利用可に
 今では他自治体の地域では次々と鉄道・バス共通ICカード乗車券「パスモ」を使っての買い物をできる場所が増えています。このPASMO本当にすぐれもので駅構内の店舗は勿論小平市でもコンビニ始め利用できる処が増えてきています。早く商店街も「ポイント制度や商品券との交換などと絡めて」実現へ検討⇒実現を始めないとますます便利・サービスの差が広がっていきます。
 西武バスもこれまでは都内だけで小平市はまだまだとのことでしたが意外に早く実現しましたね。これから「にじバス」とからめて市内商店街とのポイント連結一考、です。


4月4日 (金曜日  ・会合 ・会合
  グリーンロード 4.3.

●発達障害児 地域で支援
  小平市白梅学園大が協定
 小平市と白梅学園大、白梅短期大は3日、発達障害のある子どもたちを地域で支えていくための協定を締結しました。
 小平市は今年度からスタートした新障害者福祉計画で、自閉症など発達障害のある子どもや家族への支援の充実を掲げています。
 白梅学園大、白梅短期大には、子ども学部や保育科福祉援助学科などがあり、発達障害のある子どもたちが音楽やダンス、造形などを通じて自由に表現するワークショップ(参加・体験型学習)を学生と一緒に実施するなど、障害児教育にも力を入れています。
 今年度は、市として
@ワークショップへの参加募集の窓口となる
A市が指定したモデル校で障害児の親が体験談などを語る「親キャラバン隊」
B市の福祉施設職員や保育士らに対し、同大の教員らが講演
C人材育成面での連携強化
D市民を対象にした公開講座を開く
等検討していくことになります。

  駐車場に妊産婦ら専用区画 町田市
 町田市は今年度から、内臓機能などに障害がある人や妊産婦らが利用しやすい専用駐車場「思いやり駐車区画」を市施設に整備する。車いす利用者用と区別できるように、独自の案内表示板も設置することにしている。このような駐車区画は多摩地区で初めてという。

 小平市では既に庁舎前の玄関の駐車場につきましては、障害者用のマークとマタニティーマークの両方を描いた看板が立てられていますが、こういった町田市のような複合的とはまた一歩先に出ましたね。いずれにしましても幅広いユニバーサルデザインは大いに歓迎すべきです。

 参考 再掲
上写真は「マタニティーマーク」入りキーホルダーです
「おいしさの秘密」
のパンフも同封されています。
下写真は市役所入り口付近です。


 グリーンロード 3日
4月3日 (木曜日  ・会合

   満開の次の青葉が待機



●新しい携帯端末用のサイト「小平市携帯サイト」
 施設案内、医療機関検索など身近な情報が掲載されています。携帯電話のインターネットサービスを利用してURLからアクセス ⇒ http://www.city.kodaira.tokyo.jp/m/

●自治体の財政が企業のように「連結決算」に
 2008年度の決算から自治体の財政が企業のように「連結決算」でチェックされるようになります。都道府県や市町村の財政はどうなっていて、なぜいま診断方法が変わるのか。
 読売新聞からの掲載で探ってみたいと思います。

★自治体財政の収入はどうなっているか?
「全国平均でみると自治体の歳入で最も多いのは住民や地元にある企業が納める税金で全体の四割を占めます。国から出るお金である補助金や地方交付税が三割、借金が1割。大都市圏は税金の比率が高く、例えば東京都は歳入の八割を税金が占めます」
支出は何に使われているのか?
一番大きいのが人件費で全体の三割。役所の職員だけでなく、学校の先生や警察官、消防士などの人件費も含んでいる。目的別では福祉が約四分の一、教育が二割、道路や建物などが15%などです」
ほかにも色々なことは?
「自治体の予算は一般会計が中心になります。自治体本体のお金の出し入れを決めていて、企業でいえば親会社にあたる。ほかに子会社のようなものもあります。一つは公営企業で地下鉄、病院、上下水道など。主に料金収入でまかなう。二つ目が住宅などの地方公社。三っ目が第三セクターで自治体と民間応業がお金を出し合う」
自治体の財政をチェックする方法が変わるようだが?
「08年度からはいわば子会社も合わせてチェックをする。日本では第三セクターが約九千社あり、四割近くが赤字で子会社も含むと、悪くみえる自治体が多くなるでしょう」
「具体的には、子会社分も合わせて赤字の割合をみる『連結実質赤字比率』という指標を導入する。借金の割合についても連結で評価する。一つでも悪い指標があると国からイェロ一カードが出て、自主的に再建する「早期健全化団体』一となる。指標がもっと悪くなると国の管理下で再建を求められる『財政再生団体』になる」
どうして「連結決算」でチェックする?
財政の透明性を高める狙いです。きっかけとなったのは昨年三月の北海道夕張市の財政破綻。夕張市は本体は黒字でしたが、観光施設や病院は赤字だった。本体しかみないことが問題なのはわかっていたので、今回仕組みを変えることになった」
全国的に自治体の財政は苦しいのか?
「地方の借金は現在、200兆円近くある。バブル崩壊時に景気対策として様々なハコモノを造ったため。高齢化が進行し、医療や福祉にかかるお金も膨らんでいる」
「国が自治体に配る補助金を減らし、代わりに国から自治体へ税源を移譲した。その結果、自治体の税金は三兆円増えたが、補助金は四兆円強減り、差額に充てられるはずの地方交付税も約五兆円減ったのでさらに厳しくなった」,
今後はどうなりそうか?
「国と自治体で二重行政になっている部分などのムダ減らしが進んでいくかが注目点。地方分権を進めて自治体が税金でまかなう部分を増やすことも重要。福祉、教育、道路と住民の要望や優先度は地域ごとに異なる。自分たちで税金を何に使うか決め、財政が悪くなったらその責任もとる仕組みにしないと」
「目先の話では四月から道路特定財源の暫定税率が下がると、自治体は
九干億円の減収になり、国の補助金や地方交付税も減るので大慌てすることになる」

 いずれにしましても私は「持続可能な小平市のために」さらに目指すべく大きな目標がどうしても必要だと思ってます。今回の
「連結決算」 によってそこのところがより理解出来るようになるかも知れません。乞うご期待ですね。


4月2日 (水曜日 ・懇談会 ・会合 ・通夜

    ルネこだいら 南側 夕陽


●小平市歌ホームページにアップされました
RSS配信での情報です
小平の四季の画像とともに演奏されます。
これから様々な処でまた演奏、歌も合唱含めて小平市民の皆さんにもっと知って頂くといいですね。

 『長年愛されている小平市歌をホームページで聴くことができるようになりました。
楽譜や詞も掲載していますので、ぜひ一度演奏してみてはいかがでしょうか。』
小平市歌はこちら



●「行く道」
 私の現在の大きな課題となっている言葉です。
昨日の様に突風が吹き荒れる中であっても、将来を見据えて大地に歩をどっしり構え、吹き飛ばされないように鳥瞰図的に政策をチェックしていく役割が今求められているのではないのか、と思うからです・・・・・。


●平成20年度小額随意契約事業者登録のお知らせ  
  小平市では、電子調達サービスの導入に伴い、市が発注する工事請負、物品供給・委託契約等のうち、「小額で内容が簡易な契約」を希望する事業について、下記のとおり業者登録受付を行います。
 more ⇒◎


●保育者 ネットで仲介  これもまたICT活用
 子どもを自宅で預かる全国の保育者をインターネットで予約できるサービスが始まりました。保育者は当初約六干人。日時を指定し、経歴などから保育者を選べる。企業も利用できる。自治体の「保育ママ」などの参加を促し、利用窓口の一本化も図る。子の預け先を探す家庭の大きな助けとなりそうだ。
 サービスは保育者紹介サイト「子こころ」で開始。二万人の保育者の養成実績があるNPO法人、日本チャイルドマインダー協会(東京・渋谷)が運営することになります。
 保育者の検索は無料。初めて予約するときに会員登録し年会費三干七百八十円を支払う。保育料は一時間千円程度からで、保育者の資格や経歴、定期利用や病児の世話などの目的で検索できる。
 自宅保育は保育園に比べ初期投資が少なく済むため、「国や自治体も注目している」ということでこれまでとは違った広い意味での子育て支援が展開されることになります。この動きに対して小平市はどういう意見が聞けるでしょうか。

4月1日 (火曜日 ・会合 ・会合 ・夜桜一景
 小平にはこんな見事なさくらがあります 美園町 31日

●一夜明けると確実に時が経ちました
  本日からは新年度
市役所も移動を含めて新たな気持ちでの出発のことと思います。私も心機一転で・・・・。
 さて、3月末のあわただしい『時』は国の政策でいくつもの課題を抱えながら、積み残しと積んだまま見切り発車しました。
 様々な値上げ攻勢も含めてしばらくというか長い間ずーっと無かったような大変化の内容のものが多々あります。今回の暫定税率問題をも含めて国民の生活に直接影響を与えるものが多いだけにこれからの航海が心配です。

  さて小平市議会も昨日の議員辞職を受けまして本日より27名になりましての議会運営となります。この数字が今後どういう流れになっていくのかこれから見ていきたいと思います。




●『心をひとつに 音をひとつに』
第19回小平第三中学校吹奏楽部定期演奏会
平成19年度 第47回東京都吹奏楽コンクール 金賞
平成19年度 第55回全日本吹奏楽コンクール 金賞

 このように19年度も金賞受賞の実力をまさに超満員の中で見事に聴かせて頂きました。
部員50名、中学校に入ってから初めてやる人が殆ど、しかも楽譜も読めなかった人も多かった、とお話しがありました。それが全国での金賞! 何とも涙無しには聞けませんでした。
 全国金賞レベルの学校では部員100名ぐらいはあたりまえでその中から50名選抜されて(大会演奏定員が50名だそうです)演奏するわけですから、それらの学校の上位も納得です。がしかし小平三中は50名部員で50名の演奏者です。その凄さがわかろうというものです。こころからの拍手を。
 しかしこういう経験は一生の貴重な宝ものだと思います。大事に大事に、して下さい。

 ・・・・・ 今年はその中から卒業生は23名です。
伝統の力でまたがんばれっ!
経験からの貫禄す
ら感じます
見事な所作動作 経っている方々が
卒業生
・・

● 2008 こだいら・雨情うたまつり
  
 〜美しい日本語を次の世代へ
 ことしのチラシ、ポスターが出来上がりました。
とても色合い良く雰囲気が出ています。
学校教育にも唱歌が戻ってきます。雨情さんのいい歌を小平から再び発信していきたいものです。
チケットは本日よりルネこだいらカウンターで発売致します。
日時 5月18日(日曜日) 午後 2時開演 
(1時30分開場)
出演 9団体

●ネットチラシについて


⇒小平店を見てみました 
http://www.seiyu.co.jp/orikomi/list.html
 ⇒以前ネットチラシを市内の商店、商店街で出来ないかと提案したことがあったのですが、その後立ち消えになっていました。その世界が西友ではしっかりやっていました。特定の企業の宣伝をするのはどうかと思いましたが、こうやって具体的に例を挙げて小平市内の事業者も何か考えられればと思い、あえてご紹介したいと思います。
これはイイですね。



平成20年4月の主要日程
変更あります
1 ・会合 ・会合
2 ・懇談会 ・通夜 ・会合
3 ・会合 ・会合
4 ・会合 ・会合
5 ・中山寛子氏叙勲を祝う会6: ・ブレンドの会 ・花祭り たけのこ公園 ・長銀跡地説明会 10時30分〜 花小金井南公民館
6 ・日向ひまわり真打昇進襲名披露宴 京王P11: ・森田そば ・春の交通安全運動 ・通夜
7 ・小学校入学式10: ・虹ヶ丘緑公園開園 ・会合
8 ・中学校入学式9: ・青年部定期総会 ・会合
9 ・会合
10 ・雨情うたまつり実行委員会 ・会合
11 ・喫煙マナーアップキャンペーン ・会合
12 ・天満敦子コンサート ・珈好琲会 ・小平駅前町会総会
13 ・会合G
14 ・サマーフェスティバル実行委員会 ・会合s
15 ・会合
16 ・自民党三議連役員会議 立川市 10: ・会合
17 ・会合
18 ・なごみ役員会4: ・臨時幹事長会10: 政和会
19 ・珈もれ琲会 ・市議会議員と語る  1:30
20 ・会合
21 ・自民党三議連・夏期研修会実行委員会11:  
・歴世クラブ 
22 ・小平駅北商栄会通常総会7: ・会合s
23 ・会合 ・
24 ・会合 ・会合
25 ・小平総支部役員会7: ・町会神社1: ・通夜
26 光ヶ丘ふれあいスペース オープニングイベント11:
・駅前町会決算総会7:
27 ・議会報発行 ・セミナー 9:
28 ・平成むつみ会総会1:15 会合
29 ・ 昭和の日 ・通夜
30
31

 てのひらにっし 1999年6月から自身で 毎日発信 〜 

1999年6月からはこちらから 〜
2001年 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

リンク先が表示されない時はこちらからどうぞ 
⇒● 
平成20年4月〜平成21年3月
平成19年4月〜平成20年3月一括
平成18年4月〜平成19年3月一括
平成17年4月〜平成18年3月一括
これまでの活動記録まとめ




Blog 写真版 永田政弘小平市議会議員 (携帯電話からアップします)
Blog 活字版 永田政弘小平市議会議員(blog版の公式ページ試験中)
 


平成19年4月
33期目選挙戦 動画 動画

動画