次月
2017年9月



新・永田政弘 の てのひら日誌

永田政弘の記録小平の記録
since 1999







  
       
   
 
 
   
小平市議会報
 
 こだいら市報
小平組織図  仕事の内容








癒やし ♭♯



 Facebook zone 


    
   
  




先月
2017年7月


次月
2017年9月


       
  








2017年 8月31日 木曜日




◎議会運営委員会


 9月本会議の日程が決定されます

今日は涼しい日になりそうです





 
永田政弘の一般質問


3問致します
 
 (1) ICTを用いた基礎・基本の充実及び先進的な取組研究発表会から見えてきたことは何か

 (2) 小平市立中学校の部活動外部指導員等について

 (3) FM放送における小平市の情報発信の考え方について




 
議会運営委員会が終了しました

   午後12時発信

     手打ちで作成してます。正確には議会事務局に確認して下さい


ーーーーーーーーーーーーーーーー

平成29年9月 小平市議会定例会

議事日程

第1 会期の決定

第2 会議録署名議員の指名

第3 諸報告

第4 議案第49号 小平市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

第5 議案第50号 小平市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて

第6 議案第51号平成29年度小平市一般会計補正予算(第3号)

第7 議案第52号平成29年度小平市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

第8 議案第53号平成29年度小平市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

第9 議案第54号平成29年度小平市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

第10 議案第55号平成29年度小平市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

第11 議案第56号小平市税条等の一部を改正する条例

第12 議案第57号小平市が管理する道路に設ける道路標識の寸法等を定める条例の一部を改正する条例

第13 議案第58号 小平市リサイクルセンター設計・建設工事請負契約の締結について

第14 議案第59号 小平市立小平第五小学校増築工事(建築工事)請負契約の締結について

第15 議案第60号 小平市立花小金井小学校増築工事(建築工事)請負契約の締結について

第16 議案第61号 市道路線の認定について

第17 議案第62号 市道路線の認定について

第18 議案第63号 市道路線の認定について

第19 議案第64号 市道路線の認定について

第20 議案第65号 市道路線の認定について

第21 議案第66号 市道路線の認定について

第22 議案第67号 市道路線の認定について

第23 議案第68号 市道路線の認定について

第24 議案第69号 市道路線の認定について

第25 議案第70号 市道路線の認定について

第26 議案第71号 市道路線の認定について

第27 議案第72号 市道路線の廃止について

第28 議案第73号 市道路線の廃止について

第29 議案第74 号 市道路線の廃止について

第30 議員提出議案 第31号
   主権者の政治参加を促進するため、国政・地方選挙における高額な供託金制度の見直しを求める意見書提出について

第31 請願第9号
   HPVワクチン副反応被害者救済及び支援と接種者への健康調査を求めることについて

   請願第10号
   HPVワクチン副反応被害の問題解決を求める意見書の提出について









気になる記事
nikkeiweb


時代の大きな流れの一端をみます

初値は付かず
ユーチューバー「UUUM」
東証マザーズに新規上場 
 
  動画投稿で収入を得る「ユーチューバー」の事務所であるUUUM(ウーム)が30日、東証マザーズに新規上場した。
投資家の人気を集め、買い気配のまま取引を終え初値は付かなかった。この価格で算出したPER(株価収益率)は100倍を超える。240倍のアマゾン・ドット・コムには及ばないものの、30倍台のグーグルの持ち株会社アルファベットやフェイスブックの米IT(情報技術)大手を大きく上回る水準だ。
 「ユーチューバー事務所」という新しいビジネスモデルに市場は期待を寄せている。














































2017年 8月30日 水曜日


◎研修会・意見交換会

 






多摩北部都市広域行政圏協議会ニュース
届きました
年間通してたくさんのイヴェントが各市で企画されています
ご期待下さいませ






多摩北部都市広域行政圏協議会
 
たまろくなび
http://www.tama6.jp/

協議会では2年間会長のお役を頂いています

 
 
 地理的、歴史的、行政的につながりの深い小平市、東村山市、東久留米市、西東京市、清瀬市と「多摩北部都市広域行政圏協議会」を設置しています。

広域行政とは?

既存の自治体単位を超え、複数の自治体が連携をとりながら事務処理を行うしくみのことです。交通網の整備や情報通信手段の発達により、行政区域を越えたニーズが高まる中、そのニーズに効率よく応えることを目的としています。地方自治法などで様々なもの(一部事務組合、広域連合、協議会など)が制度化されています。

広域行政圏とは?

1960年代のおわりに、事務の共同処理という意味のみではなく、1つの圏域として総合的に計画の策定や圏域内の整備をするために「広域行政圏」の推進がされました。現在、広域市町村圏(昭和44年設定)および大都市周辺地域広域行政圏(昭和52年設定)の総称として、「広域行政圏」と呼ばれています。
 昭和62年に近隣市(小平市、東村山市、東久留米市、西東京市、清瀬市)と「多摩北部都市広域行政圏協議会」を設立。
東京都には他に西多摩地域広域行政圏
協議会があります。


 



















































2017年 8月29日 火曜日



 

9月議会一般質問3問
提出しました










いきいき
毎月毎月凄いです
















http://842fm.west-tokyo.co.jp/


































2017年 8月28日 月曜日


一般質問締め切り

 
さあっ 今週は8月最終週となります
雨模様がずーっと続きました夏でした。
世の中もそのような状況でしょうか

小平は元気に ハレッ! と
頑張りましょう








 幹事長会議
報告事項

いよいよPFI手法で
学校給食センター



1・定期監査の結果、及び例月現金 出納検査の結果について

2・例月現金出納検査の結果について

3・小平市立学校給食センターの整備に関する基本的な方向性素案について

 本件は、建設以来、35年が経過する学校給食センターの施設の更新やその後の運営についての基本的な考え方を示すものです。
学校給食センターの建てかえを現在地において行うこととし、衛生管理のさらなる徹底、食育の推進、及び食物アレルギー対応の向上を図ります。
また、整備手法としては、市では初めてとなるPFI手法を導入し、効果的、かつ効率的な整備、運営を行います。
  今後、この素案については、8月26日から9月25日までの間のパブリックコメントの手続きを経て、年度内に基本的な方向性を策定する予定。
また、パブリックコメントの実施期間中に市民説明会を5回開催する。

 









夏休みフェスタ































2017年 8月27日 日曜日



◎【ルネこだいら 夏休みフェスタ】
青少年音楽祭
ルネこだいら

◎一般質問準備







“吹奏楽のまち こだいら”発 
ミュージック・スクエア吹奏楽コンサート

 【ルネこだいら 夏休みフェスタ】
 
メインコンサートは、もちろん吹奏楽!
「吹奏楽のまち こだいら」

         今年のテーマは
「和」

小平青少年吹奏楽団と小平六中筝曲部による演奏です!

◆“吹奏楽のまち こだいら” 発!
 ミュージック・スクウェア吹奏楽コンサート
 8月27日(日)15:00~17:00
 
 会場:大ホール
 出演:小平青少年吹奏楽団
    小平第六中学校筝曲部、尺八/本間豊堂
 
 入場無料(要入場券)











気になる記事
nikkeiweb


大義名分が 『少子高齢化』 の言葉

(確かに大義名分的にいろんな処でよく使うようになりましたね。
ネガティブと捉えるかポジティブと考えるか んーっ・・・)


リスク取らない「日本病」を
患っている経営者 
もうAIしかない!



  日本の輸出競争力に陰りが出ている。アベノミクス効果で円安基調が定着しても、輸出額は過去のピークを下回ったままで、経常黒字に占める貿易黒字の割合は20%程度にとどまっている。この背景にあるのは、日本企業の経営者を覆っている「リスクを取らない」心理にあると指摘したい。リスク回避の材料を並べ立てることに秀でているリーダーがひしめいている状況を「日本病」と名付けたい。病状は相当に深刻だ。国内市場の収縮が進み出している中で、重視されるべき「輸出競争力」に黄信号が点灯している。
・・・・・・
背景にあるのは、リスクを取りたがらない企業経営者のマインドにあると指摘したい。確かにリーマン・ショック後、鉱工業生産は急速に落ち込み、日本経済はマイナス成長に転落した。しかし、その後も数々の制約要因を「六重苦」などと呼びながら、積極的な設備投資を控える企業が続出。

  最近は「少子高齢化」による国内市場の縮小を「大義名分」に掲げ、投資しないことが当たり前の風潮がはびこっている。

・・・・・・・・・
行動しない理由を挙げて、投資や賃上げなどに動かないリーダーが増える「日本病」は、治すのが難しく、今の日本では症状が相当に進行している。そこで提案だが、今後の生産性上昇の行方に大きな影響を与える人工知能(AI)を業務の改善に使った企業への優遇策を打ち出し、そこを起点に設備投資の波を作り出すべきだと考える。
・・・・・・・・・・
実際、AIは思いがけない効果を発揮する。NTTドコモ、東京無線、富士通などが今年3月までに行ったAIを活用したタクシーの配車ルートの実証実験では、乗車ニーズの予測に関し、相当の効果が出たという。
・・・・・・・
 日本病には特効薬はないが、「まず、行動しよう」という心理が「エートス」となって広がりだすことが、症状の進行を抑えると思う。














一年前の小平雲
今年はこういう力強い一景が見られませんね



























品川駅 25日


2017年 8月26日 土曜日


◎打ち合わせ

◎一般質問準備











 
 『全国都市監査委員会総会・研修会』
 
本日はとても暑い中、「TYPガーデンシティ品川」で開催されました研修会へ出かけました。会場は北は北海道全道から南は沖縄までの全国から1730人もの人達が一同に交いしましての研修会でした。

まず本研修会において今回も多くのキーワードを得ました。
◎少子高齢化と人口減少
◎国と地方の役割分担
◎持続可能な自治体運営
◎自治体運営のPDCAサイクル
◎地方財政計画
◎監査制度の充実強化
◎適正な認容等を確保
◎連携協約の制度
◎住民基本台帳ネットワークシステム
◎マイナンバー制度の意義
◎マイポータルの概要・運用
◎プッシュ型サービス
◎第1次地方分権改革

今回は分科会がありましたが私は「ICT監査実施」を選び学びました。
講師の方が大阪市でしたので小平市とは財政規模が違いますので全てが繋がりませんが、ICT監査への取り組みが先駆的に数年前からなされていることに敬意です。人材育成でも『ICT監査道場』で研究会をされ資格試験への挑戦も促しているとのことで、継続しての取り組みを聞かせて頂きました。
 監査制度が現状のままででいいのか、人口減少、高齢化社会等、様々な充実強化を含めて今回の研修会でも課題が提案されていました。その中で監査委員としてどう向き合うか、問われることになりますので集約された講演をじっくり調べ直します。
因みに今回の分科会のテーマは次の内容でありました。
☆「内部統制体制の監査について」☆「技術監査について」
☆「ICT監査について」☆「工事監査について」☆「地方自治法の改正について」
 最後に特別講演として「地方自治法の一部を改正する法律について」と題して総務省自治行政局行政課長 吉川浩民氏のトップレベルにおけるさすがのお話がありました。

とにかく内容濃く超有意義な研修会となりました。






















直木賞
佐藤正午さん
「月の満ち欠け」
おめでとうございます。
我が母校出身です

さっそく買いですね

  
第157回芥川賞と直木賞が発表され、
直木賞に佐世保市在住の作家、佐藤正午さん(61)の
長編小説「月の満ち欠け(岩波書店)」が選ばれました。


nagasaki bunka housou
 
  小説家。長崎県佐世保市生まれ。
本名佐藤謙隆(かねたか)
中学時代は野球に明け暮れ、将来を嘱望されたが腰を痛めて断念。
 佐藤正午さん(61)は1955年、佐世保市で生まれ、県立佐世保北高校を卒業後、北海道大学国文科を中退。83年に「永遠の1/2」で第7回すばる文学賞を受賞して作家デビューしました。
 「月の満ち欠け」は19年ぶりの書き下ろしで初めて直木賞にノミネートされていました。長崎ゆかりの直木賞受賞者は第36回(1956年)の穂積驚氏(佐世保出身1912~1980)、第97回(1987年)の白石一郎氏(本籍壱岐市)に続き約30年ぶりです。
 朝長佐世保市長は「市民にとって大きな喜びで誇らしい」との談話を発表しました。

また芥川賞受賞 村上龍氏も同じ学校となります。
嬉しいですね。

  村上 龍 (1952年2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督、脚本家。長崎県佐世保市出身。血液型はO型。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。






















 
小村大視察
議会年間予定2017
中学生発表2017
自転車のにあう町小平
プレゼン
永田政弘議会報告
201603
永田政弘議会報告
201512 
永田政弘の
都市経営VISION
 
 志 move
市行事予定201709
市行事予定201708
市行事予定201707 
2017yosan
小平イヴェント案内
永田政弘の日々日々活動
2017年9月 
2017年8月 
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月  
 
2016年12月  
2016年11月  
2016年10月 
2016年9月 
2016年8月 
2016年7月 
2016年6月 
2016年5月  
2016年4月 
2016年3月 
2016年2月
2016年1月  
 
2015年12月 
2015年11月 
2015年10月  
2015年9月 
2015年8月 
2015年7月  
2015年6月  
2015年5月 
 ↑これより5期目
 デジタル市報結果
 2015選挙結果
2015年5月 
2015年4月 
2015年3月
2015年2月 
2015年1月 
 
2014年12月 
2014年11月 
2014年10
2014年09月 
2014年08月 
2014年07月 
2014年06月 
2014年05月  
2014年04月 
2014年03月 
2014年02月 
2014年01月 
 
2013年12月
2013年11月  
2013年10月 
2013年09月 
2013年08月 
2013年07月
2013年06月 
2013年05月 
2013年04月 
 ↑新日々日々
 
2013年03月
2013年02月  
2013年01月 
 
2012年12月 
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
 
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
  選挙結果市報
↑これより四期目
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
 
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
 
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
 

永田政弘の活き活き
Facebook
永田政弘の10秒動画 
Facebook
永田珈琲倶楽部 
ホームページ
永田政弘日々日々 
ホームページ
永田珈琲倶楽部
  
Blog3093
 アーカイブス前半
 
☆小平イヴェント案内
☆個人番号カード総合

永田政弘の
プロフィール
議長就任 議会報
report2301
小平市議会
私たちの議会 
 2015議員
小平市
教育委員会
小平市を守るぐるっと
緑街道
「グリーンロード

を見渡します ↓
 
小平市民憲章推進協議会
平成26年5月23日総会

   
小平市の天気
 スポーツ祭東京2013
障害者スポーツ大会

開会式
 スポーツ祭東京2013
総合開会式
 
09年市民まつり
2010年出初め式
赤い丸ポスト市内
小平市内 アート
保存竹林
用水路 緑道
 小平の大河へ鈴木遺跡
 新堀用水&玉川上水2012 
 13年11月紅葉
 幻 さいかち窪  
 雨滴遊歩道
 
 自転車にやさしいまちプレゼンテーション
公共施設
コミタク小川・栄町
小平天空 空撮
③ 
石巻ボランティア

石巻ボランティア

石巻ボランティア
 石巻花ボランティア
 アーカイブス
 ●地震後の刻々様子
 3・11
 3・11 まとめ2017年
 視察
建設委員会視察小川
武蔵浦和視察
視察・名寄栗山千歳
井原市笠岡市1211
神戸福山高松1210 
守山市  
京世界一 
視察関連 
2015年7月8日から10日 
長岡市     
米沢市  
長岡動画
会津若松市 
 
石垣市・宜野湾市・南風原町
秦野市施設 
秦野市21page解説
小村大視察
決算2017
 都庁2016
 府中メディカルプラザ  
立川市新庁舎落成
都道府県財政比較分析表
花いっぱい全国大会 
2012年の紫陽花
Rainbow 
東京都薬用植物園2014年10月
薬用植物園まとめ
 小平FM
東京都薬用植物園での
放射線量測定
放射線量等分布マップ
拡大サイト 文部科学省
議長12年3月最終日挨拶
小平商工会グリーンロードウォーキング 平成19年
小平商工会グリーンロードウォーキング平成24年
 グリーンプラザ商店会
 料飲組合案内
 2001年の出初め式発見
 市長選
市長選TV報道 youtube
政和会29年度要望
角館 武家屋敷
2013年サマー 
心にしみる短詩25年度
心にしみる短詩26年度
心にしみる短詩27年度
心にしみる短詩28年度
 
2014年秋グリーンロード
西東京FM出演 
雨情うたまつり2015
3分団201601 
 資料
人口ピラミッド201512
nouen museum
合同作品展
小平市アートギャラリー
丸いポスト 市内
 小平 用水・緑道・径
あじさい公園2015 


 





きれいな水となって


2017年 8月25日 金曜日


◎全国都市監査委員会
総会・研修会
品川









中央公民館の耐震補強工事
に係る説明会の実施報告について


 
 
 
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/kominkan2.pdf

http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/kominkan3.pdf
 
 
   






「北多摩一号水再生センター」






















































2017年 8月24日 木曜日


◎環境建設委員会

打ち合わせ















今までで一番大きいっ!
















































22日 小平天空

2017年 8月23日 水曜日




◎厚生委員会

◎会合


 







気になる記事
nikkei web


 国保保険料 統一進まず
「検討」9府県どまり 
市町村格差が壁

  国民健康保険の運営主体が来年4月に市町村から都道府県に移るのに合わせ、保険料の統一を検討している都道府県は9府県にとどまることが日本経済新聞の調べでわかった。
今は市町村ごとに異なる保険料を統一すれば、住民の負担が公平になるほか、実質的に保険料を上げることになり、財政の安定につながるとみられる。ただ都道府県内の保険料格差が大きいところほど統一は難しい状況で、国保財政改善のハードルは高い。

 保険料の都道府県内格差が3.3倍ある東京都は「23区と、多摩地域や伊豆の島しょ部は医療費などの格差が大きく、直ちに統一するのは困難」と説明。










































20日






2017年 8月22日 火曜日




◎生活文教委員会

◎会合

◎政和会

 







事業者公募
国有地における高齢者施設整備事業
の結果について
本年2月から公募をしていた、
国有地(鈴木町一丁目)を活用した
高齢者施設の整備・運営を行う事業者について


 










素晴らしいっ!
日本一 おめでとうっ!
小平二中が女子団体戦優勝
[第44回全国中学生テニス選手権大会]】

 
【小平二中が女子団体戦優勝 
男子も堂々の四強



 第44回全国中学生テニス選手権大会、通称「全中」の2日日は、男女団体の準々決勝、準決勝、決勝が行われ、小平二中は女子が優勝、男子も四強入りと今年も堂々の成績を。

優勝した直後にもかかわらず、小平二中の2年生は口々に「来年も連覇したい」と語り、先輩から受け継がれてきた強さの秘密を垣間見せたということです。

昨年の決勝で城南に敗れ、1年間抱き続けてきた「打倒!城南」の思いをついに結実させました。本当におめでとうございます。【小平二中が女子団体戦優勝 男子も堂々の四強

(2017.08.20 THE TENNIS DAILY)

















































2017年 8月21日 月曜日





◎総務委員会

本日より各委員会が
始まります

 

総務委員会の会議内容

平成29年8月21日(月曜日) 午前9時から 第1委員会室

調 査
日 程 件 名
第1 小平市第三次長期総合計画 
新 中期的な施策の取組方針
・実行プログラムについて


 
今週は常任委員会が以下の予定で開催されます。

 
8月21日(月)総務委員会
8月22日(火)生活文教委員会(注1)
8月23日(水)厚生委員会(注1)
8月24日(木)環境建設委員会(注1)


 注1 当日は、現地視察を予定しており、委員会室での議案や請願などの審査及び調査
はありません。

 総務委員会の開会時間は午前9時、場所は市役所7階です。
傍聴を希望される方は、議会事務局までお越しください。委員会当日の8時30分から傍聴の受付をしています。詳しくはお問い合わせ下さい。
また、委員会の内容の詳細は、市議会ホームページをご覧ください。
http://www.city.kodaira.tokyo.jp/gikai/

***************
問合せ先:小平市議会事務局 042(346)9566








木造住宅耐震改修費用       補助制度
昭和56年5月31日以前に建てられたもの(旧耐震基準)















気になる記事
sankei web

なんと素晴らしいっ!
早く承認されるといいですね
 がん13種類を
「血液1滴で診断できる」
検査法を開発
 負担が少なく早期発見
 
1滴の血液から13種類のがんの有無を同時に診断できる検査法を国立がん研究センターなどのチームが開発した。
がんが分泌する微小な物質を検出する。「腫瘍マーカー」を使う現在の血液検査と比べ発見率が高く、ごく初期のがんも見つけられるのが特長という。

数年以内に国の承認を得たい考え




























小平天空を駆け巡る

半端でない 豪雨 豪雷 豪稲妻 豪風
そして停電





2017年 8月20日 日曜日


◎こだいらFMフォーラム














市報より






歓喜一転 逆転打
大阪桐蔭が、まさかの結末
  1点リードの9回2死一、二塁、遊ゴロでゲームセットと思われた瞬間、一塁手の中川がベースを踏めず、失策で満塁。
 
 その後仙台育英のサヨナラ打で終止符が打たれた。

  西谷浩一監督(47)は「ミスもあったけど、全員でやってきた。誰がどうこうではない。監督の責任です」と敗戦の責任を一身に背負った。
 これもいいです。

凄い試合でした
こんな筋書きがあるんですね


















そしてなんと逆転へと















またこんな場面も






いろんなこと
あるんですね














豆知識
気になる記事
日経Gooday


以下のような記事がありましたのでアップします


「コーヒーが肝臓にいい」はウソ・ホント?

【問題】日々コーヒーが欠かせない「コーヒー党」です。
最近、コーヒーが肝臓にいいという話を耳にしましたが、これは本当でしょうか。

(1)ホント

(2)ウソ

 正解は、(1)ホント です。

 ミドル以上のビジネスパーソンなら、健康診断のたびに「肝機能」の欄をおそるおそる眺めている人も多いでしょう。気をつけようと思っても、なかなかコントロールしづらいのが食生活とアルコール。しかし、肝臓はいたわらないと、肝硬変や肝臓がんリスクが心配です。

 コーヒーは、そんなビジネスパーソンの不安解消に一役買ってくれます。
コーヒーは肝機能障害はもちろん、痛風、糖尿病というビジネスパーソンを悩ます生活習慣病にも効果が期待できることが明らかになっています。

 生活習慣病とがんの予防を専門に研究してきた国立健康・栄養研究所所長の古野純典さんは、1980年代後半から、自衛官の男性を対象にした肝機能の数値などを調査しており、その中で「コーヒーを飲んでいる人は肝機能検査の数値がいい」という傾向を確認しています。

アルコールを摂取するとγ-GTPの値は上昇する。その際、コーヒーをほとんど飲まない人に比べて、毎日コーヒーを飲んでいる人のγ-GTP値の上昇率は低くなる傾向が確認できた(自衛官健康調査1986-1992年、Am J Epidemiol. 1994;139:723-7)
 「2500名の自衛官のデータをまとめて解析した結果、ビール2本分程度のアルコールを摂取した人のγ-GTPの値は、コーヒーをほとんど飲まない人よりも毎日飲む人のほうが平均で10以上も低いことがわかりました(グラフ参照)。γ-GTPは、肝臓の状態を判断する指標の一つで、アルコールを飲んだときに上がります。つまり、『アルコールにより肝機能が悪くなるのを、コーヒーが抑える』わけです」(古野さん)
 1992年には米国の研究者であるアーサー・クラツキー氏らによって「コーヒーを飲む量が多いほど、アルコール摂取による肝硬変リスクが下がる」というコホート研究が発表されています。同氏らは、その後も12万5000人を対象に22年間追跡する大規模研究によって、「毎日4杯以上コーヒーを飲む人は全く飲まない人に対してアルコール性肝硬変の発症率が5分の1になる」という報告を2006年に行っています。

■カギを握るのが、ポリフェノールの一種「クロロゲン酸」

 コーヒーは、γ-GTPだけでなく、ALT、AST(いずれも肝臓の状態を判断する基本的な指標)の値についても効果があります。

 「(コーヒーの摂取により)ALT、ASTも改善します。2000年代に、福岡市東区の住民男女を対象に、コーヒー飲用とALT、AST、γ-GTPという肝機能数値の関係を調べたところ、ALT、AST、γ-GTPの3つの数値が、コーヒーの摂取量が多くなるほど低くなる傾向が確認できました」(古野さん)

 コーヒーの摂取量が多くなると、ALT、AST、γ-GTPの3つの数値ともに低くなる傾向が確認された(九州大学福岡コホート研究・基礎調査2004-2007年、Scand J Chin Lab Inv 2010;70:171-9)
 「『コーヒーがアルコール飲用による肝機能低下を抑える』という報告は、1980年代後半以降、15年ほどの間でノルウェーやイタリア、フィンランド、米国などからも多数発表されています。コーヒーが肝機能にいい効果を及ぼすのは間違いないでしょう」(古野さん)

 なぜコーヒーは肝臓にいいのでしょうか。そのカギを握るのが、コーヒーに豊富に含まれるポリフェノールの一種「クロロゲン酸」です。「クロロゲン酸には強い抗酸化作用があります。これが肝機能にいい影響を与えるのでしょう。実際、動物にクロロゲン酸を投与した研究報告も非常に多くあり、効果が確認されています」(古野さん)






 
  都議選挙の時高橋都議の応援演説に来て頂きました長島忠美氏が死去されたの報です。

 「新潟県中越地震発生時の旧山古志村(現長岡市)村長で、自民党衆院議員の長島忠美ただよし氏が18日夜、脳卒中のため、長岡市内の病院で亡くなった。66歳だった。」 

深く哀悼の意を表します
合掌
若すぎます



















市報 8月20日号


























グリーンカーテン 最初はハシリでしたね
見事ですよ!


2017年 8月19日 土曜日




◎19選挙区市議団
連絡会

◎相談事




○いろいろな役処が巡ってきまして
連日頭も身体もフル回転です。

○一般質問ほぼ固まりました。
議員での連続更新さらに伸ばします



 


















ぶるべー・ポストピンバッチ

 








2017年9月度 行事予定表
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/gyouji201709.pdf





















遠くにスカイツリー
17日撮

2017年 8月18日 金曜日




◎政和会

◎相談事




 







「市民協働ニュースレター第15号」




































 




2017年 8月17日 曜日






 

毎日すぐれない天候が続いています
もう夏を忘れてしまったようです。


「東京の夏はどこへ行った?」
との記事です。

さらに続きます。
 
都心は16日連続の雨

 東京都心は16日も朝から雨雲に覆われ、16日連続の雨となった。8月に入ってからは、最高気温も30度を下回る日が続く。梅雨が戻ったかのような天候は、夏休み中の子供たちのレジャーや
暮らしにも影響を与えている、
と。








S N S

とても気になる記事
nikkei web


私も気になってはいたのですがやはり数字として
出てきたんですね。

 
若者のフェイスブック離れじわり
「高齢化」進むFB


総務省SNS調査
 
  友達とのやりとりはFBではなくツイッターで――。
SNS(交流サイト)の間で、若い世代を中心に「フェイスブック(FB)」離れが進んでいる。
総務省が7月に公表した調査によると、20代のフェイスブック利用率が2016年に前の年と比べ7ポイント減の55%となり、逆にツイッターの利用が5ポイント増の60%に増え逆転した。
 「LINE」を幅広い世代が利用しているほか、写真共有アプリ「インスタグラム」が主に10~30代の女性の支持を得ている実態が明らかになった。

 総務省の「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、ツイッターは10~20代に利用が集中しており、10代の61%が利用する。一方で10代のFB利用は16年に4ポイント低下し19%となった。利用率はツイッターの3分の1程度だ。

 FBは30~60代の利用率が上昇傾向にあり、40代は1ポイント増の35%、50代は5ポイント増の24%と少しずつ利用者の高齢化が進んでいる。

 高齢化には負の面もある。会社の上司や親世代の参加が増え、若者が逃げ出していると以前から指摘されていたが、この調査ではFBは10~20代の若者の利用が減り、数字でも裏付けられた。

・・・・・・・・

LINEの利用率は20代が96%と最も高く、30代が90%、10代が79%、40代が74%。60代になると利用率は落ちるが、それでも24%が利用している。LINEは1対1の対話が基本で使い方もシンプルなため、スマホ初心者にもわかりやすい。「部活の連絡がLINEで来る」(私立男子高1年生)、「子供の小学校のPTAの連絡で使用」(40代女性)などの声が聞かれ、幅広い世代に利用されている。

 スマホの個人での保有率は16年時点で57%と5年前の4倍に達した。20~30代の9割、40代の8割、60代でも3割が保有しており、「1人1台時代」が近づいている。次々と新サービスが登場するなか、飽きられると一気に利用者が減る傾向もある。FBに先行した「ミクシィ」の20代の利用率は12年に48%あったが16年には13%まで低下した。


 

 











3大死因と医療費の地域格差

医療費高いと死亡率下がる?
全市区町村マップ



 自分が住んでいる街と隣の街で病気の死亡率に大きな格差があったとしたら……。
日本経済新聞が全国1741市区町村のがん、心疾患、脳疾患の死亡率を比べたところ、同じ県内なのに市区町村で2倍を超える格差もあることが分かった。
医療費を使わずに死亡率が低い地域がある一方、たくさんの医療費を使っているのに死亡率が高い地域もある。
 参考   医療制度の基礎
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/health-expenditures-topics2/


小平市




































 
2017年 8月16日 曜日













wikipedia より


 永田岳
NHKで屋久島の杉のことが放映されて
いたので見てましたら、なんと「永田岳」という山が
紹介されてました。あったんですね「永田」
という名の山が。
すっかり嬉しくなりました

なかなか行けるところではないでしょうから、写真を
探してみました。 「天空谷」というのもあるんですね。

ちなみにNHKの屋久杉探しテレビは見応えがありました
 

 永田岳は、屋久島の宮之浦岳北西側に対峙する山である。標高は屋久島および九州において宮之浦岳に次いで2番目に高く、西日本でも三嶺に次いで10番目の高峰となる。

宮之浦岳、永田岳および黒味岳を屋久島三山と呼ぶ。
新日本百名山に選定されている。























































 
2017年 8月15日 曜日


◎終戦記念日








東部地区の児童・生徒の増加に伴う対応に関する 説明会の実施報告について









気になる記事
nikkei web


空き家解消へ市町村が転用仲介 
国交省、税優遇も検討
 
 
  国土交通省は人口減を背景に全国で増える空き家問題への対応で、市町村の役割を強化した新たな制度を導入する。市町村が空き家の情報を積極的に集め、土地や建物の売買のほか公園への転用などの仲介役まで担うようにする。所有者が分からない空き家が多い実情を踏まえ、市町村は個人や世帯の情報をつかみやすいとみて、行政主導で解消につなげる。買い手への税優遇も検討する。

 来年の通常国会で、都市再生特別措置法の改正案を提出し、新制度を設ける。各市町村に、使われていない空き家や空き地の利用を促す対策案をつくるよう求める。

 空き家は直近で約820万戸あり、日本の住居の14%に上る。賃貸用が429万戸と最多だが、最大の問題は所有者不明や破損などで活用が難しい空き家が272万戸に上ることだ。野村総合研究所は世帯数の減少に伴い、空き家の割合は2030年代に30%を超えると予測する。所有者が分からない空き家を特定する作業が急務になっている。

 これまで市町村には空き家の情報を集める機能はあったが、所有者が不明な空き家は放置されたままだった。空き家が社会問題化している現状を踏まえ、新制度では各市町村に専用の組織を設けて人を配置し、行政の関与を強める。

 市町村は空き家情報を一括して集め、そのうえで売りたい人と買いたい人を事実上、仲介。まちづくりの計画にも組み込みながら処理を加速する。空き家や空き地を統合して公園や集会所など地域のコミュニティースペースへの転換も促す。







気になる記事

電力小売り、31自治体が事業開始 
「地産地消」狙い 
 
 昨年4月に全面自由化された企業・個人に電力を小売りする新電力事業を31自治体がすでに始めており、86自治体が検討している。エネルギーの「地産地消」を進め、地域の活性化につなげるねらいがある。朝日新聞社と一橋大学などが、全国の47都道府県と1741市区町村を対象に、再生可能エネルギーの導入状況などをアンケートした。

 市区町村を対象にした調査は2014年に続き2回目、都道府県は今回が初。今年7月で再生エネによる電気の固定価格買い取り制度(FIT)導入から5年が経過したため、地域での利用実態を改めて聞いた。7月末時点で、すべての都道府県と、1382市区町村(回答率79%)から回答があった。

 市区町村で再生エネの利用を推進していると答えたのは81%。前回の78%から微増だが、推進のための条例や計画、要綱を持つのが37%で前回の16%から倍増し、具体化のための政策が整いつつある。都道府県は約9割で再生エネの導入目標を持つとした。

 自治体がかかわる新電力をすでに設立しているのは、山形県や福岡県みやま市など31自治体あった。京都府や札幌市、横浜市など86自治体は設立を検討していると答えた。地産地消に加えて、地域の雇用増や公共施設の電気代低減など経済的な理由が多い。災害で停電したときでも「自家発電」できる利点も挙げる。

 ログイン前の続き公共施設の屋根に太陽光パネルを置くなど自前の再生エネ設備を持つのは1059市区町村(77%)で、前回の785市区町村(57%)から大幅増。44都道府県も持っていると答えた。

 



























oonuma

2017年 8月14日 曜日


◎打ち合わせ諸々







小平商工会

小平市の活性化の大きな担い手
商工会が元気にならないと
町は元気になりません

小平商工会では今年度9つの重点事業を
掲げ様々な事業をやっています。

本日の夏季号をご覧頂きたいと思います













気になる記事
nikkei web

  4~6月期GDP、年率4.0%増 
個人消費など内需がけん引

 内閣府が14日発表した2017年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比1.0%増、年率換算では4.0%増だった。プラスは6四半期連続。個人消費や設備投資など内需がけん引し、公共投資も大幅に伸びた。景気の原動力だった輸出はマイナスに転じたが補った。

 QUICKが集計した民間予測の中央値は前期比0.6%増で、年率では2.4%増だった。生活実感に近い名目GDP成長率は前期比1.1%増、年率では4.6%増だった。名目は2四半期ぶりにプラスになった。


 実質GDPの内訳は、内需が1.3%分の押し上げ効果、外需の寄与度は0.3%分のマイナスだった。項目別にみると、個人消費が0.9%増と、6四半期連続でプラスだった。


 輸出は0.5%減と4四半期ぶりに減少した。輸入は1.4%増だった。国内需要が伸び、輸入量が増加した。


































13日撮

2017年 8月13日 曜日








身近な開かれた 小平市議会への大きな前進

マルチデバイス対応実現!
iPhone iPad 
 インターネット議会録画中継の視聴について
 
  過日広聴広報特別委員会で委員会付議事件として議会ホームページの充実に関することがあり、幹事長会議においてこの議題について広聴広報特別委員会で検討することとされました。
  そこで議会中継システムについて一部インターネット議会録画中継を視聴できるように、マルチデバイス対応に移行し、いずれのインターネットブラウザのでも利用可能で、スマートフォン等での視聴も可能としていくことに、結論が出ました。

 本日 IPHONE iPad
 から見ましたらそれが可能となっていました。 ⇒◎

 身近な開かれた小平市議会への大きな一歩になると考えます。




http://www.city.kodaira.tokyo.jp/c_images/gikai_bnr01.jpg












第25回サマーフェスティバルinこだいら
出店部の打上げ











































2017年 8月12日 土曜日


◎サマーフェスティバル
出店打ち上げ





気になる記事
nikkei web


 西武鉄道
災害時水道提供で東村山市と協定
 
 西武鉄道は30日、東京都東村山市と西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)の専用水道の使用に関する協定を結んだ。同社は昨年、休止中だった古井戸を改修し、地下水を膜でろ過するシステムを導入した。大規模災害時などに同園から距離が近い同市に飲料水として提供する。

 古井戸(深さ185メートル)はかつて、園内の池への給水に使っていた。地下水を飲料水として活用できるよう、同社は昨年3月に細菌類を除去する「地下水膜ろ過システム」を導入した。浄化能力は1日当たり480トンで、同16万人分の給水を賄えるとしている。

 協定にはこのほか、園内の駐車場2カ所(収容台数は計約400台)を物資を一時的に保管したり、車中泊希望者の駐車場所として使用したりできる項目も盛り込んだ。














































10日


2017年 8月11日 金曜日


◎海の日



 










気になる記事
nikkei web

自治体を災害に強く 
気象庁、支援に乗り出す




 
  気象庁は自治体の防災力向上の支援に乗り出す。専門知識を持った職員が少なく、防災のノウハウが乏しい自治体は多い。
地域ごとに起きやすい災害などをまとめたデータベースをつくるほか、災害時に専門家を派遣して気象情報などをアドバイスする体制も整備する。自治体職員向けの研修にも力を入れる方針だ。 
学識経験者らでつくる気象庁の有識者検討会が4月以降、地域の防災力を高める方策を議論し、10日に報告書をまとめた。同庁は報告書をもとに、今年度中に仕組みづくりに着手する。

 報告書によると、市町村ごとに「気象防災データベース」(仮称)を整備する。
人口などの基本情報に加え、地形の特徴や過去の災害記録、ハザードマップなどを整理して自治体側と共有する。災害時に地域の特徴などを踏まえたアドバイスができるよう活用する。既に一部の気象台がデータ化しているが、これを全庁に広げる。

 災害時の職員派遣体制も整える。現在は災害が起きた段階で個別に判断しているが、今後は事前に応援計画を策定する。















































2017年 8月10日 木曜日


◎相談事

◎会合



 ◎連日のゲリラ豪雨には参ります。
昨日は自転車移動中ででっくわしました(;。;)













小平市分掌事務一覧
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/290808gyouseikeiei03.pdf

 


 














気になる記事
gooday.nikkei

 
  コーヒー好きにうれしいニュースです。「コーヒーをたくさん飲む人は死亡リスクが低い」という報告が、フランスの国際がん研究機関の研究者から発表されました。

  コーヒーが健康に良い影響を及ぼすという報告はこれまでもありましたが、それらは主に米国人を対象に行われたものでした。今回の発表で、コーヒーの健康効果が欧州でも確認されたわけです。

 記事としては以下の内容が書かれています

◆コーヒーをたくさん飲む人の死亡リスクは低い

コーヒーの健康効果については、こちらでも詳しく紹介しています。

◆コーヒー党と緑茶党、脳腫瘍のリスクが低いのは?

◆コーヒー1日3杯以上のカフェインが認知症を減らす?

◆コーヒーは1日何杯まで飲んでいいのか





























2017年 8月9日 水曜日


◎KSNC理事会

◎会合











小平市店舗改修等補助事業
29年度がスタートしました



もっと詳しくは ⇒ ◎







昨日の市役所等


議会階は静かです


天気がいいときはフル回転です


西方を望む 台風の余波の雲











選挙ビラが解禁ですね
市議会議員選挙で出来ないことが
おかしかった

































きんぎょつかみ
今年は 長い列になりました



2017年 8月8日 火曜日


◎打ち合わせ

◎商工会





 2017年 サマーフェスティバルinこだいら

  心配した天候も絶好のイヴェント日和となりましての二日間、無事終わりました。
いつものようにスタッフの皆さんの大きな力でこれだけの内容のプログラムが出来、実行出来ています。
全てが手作りで出演者、観客者、関係者等、老若男女全ての年齢の方々が参加されて、継続を含めてのこのような内容の事業は全国でも例がないと思います。
特に今年の金魚掴みの参加者の多いことは写真のように開始前には長蛇の列が出来まして嬉しい限りとなりました。皆さんに楽しんで頂いています光景がスタッフの大きな喜びとなります。...
全ての関係者のみなさま、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 


セレモニーでは各方面の代表の方々から
「今」の状況を話して頂けます
貴重な時です












がんばれっ!

東京都中学校吹奏楽コンクール

小平三中、小平六中
両校ともに、都大会進出です!
第二中は銅です

第六中は3年連続でとなります!!






























2017年 8月7日 月曜日







公共施設マネジメント



 『少子高齢化が限界日本へ』
 
こういうショッキングな見出しを良く見るようになりました。
「日本中がゴーストタウンになり、若者は消え、高齢者は見捨てられる」、「人ロ減少で予想される非常に厳しい未来が、目前に迫っている」と。
  それは2022年に団塊世代が75歳の後期高齢者になり、日本は「限界国家」に向かうことを意味します。そのことはまた支える側の人口の減少、支えられる側人口の増加で社会保障は破綻へ向かう事をも考えられるのではという心配です。
一つの数字として国内で1992年に205万人いた18歳人ロは、今や約120万人、2018年以降さらに減り続け2031年に100万人を割り込むと見込まれます。
 こういう逼迫した前提がある中で、この所の視察、委員会、研修会、講演会等を経て色々な課題を考える時、キーワードでぶち当たるのが必ず「少子高齢化」という命題がズシン、ズシンと響き渡って来るのです。
これまでもずーっと言われ続けてこられた言葉ですが、最早もう待ったなしでの状況になっているということです。
年金問題を始め、健康保険、介護保険、等の一挙の値上げは非常に厳しい状況となります。
また公共施設マネジメントはその最上位に属し、財政の継続が心配される中、持続するためにどうするのか喫緊のものです。
今月の市報はその課題を市民の皆様に知ってもらい一緒に考えていこうとで、一面から大きく企画されたものですね。
この所の思いきった企画の益々のパワーアップで、市民の皆さまへのアピールも高いものと思います。
この公共施設マネジメントにつきましては2年間にわたり「公共施設マネジメント調査特別委員会」で調査をやってきまして2回にわたり委員長として議会で報告させて頂いています。
いずれにしましても、これからは様々な問題があがったときはその根底に日本国が直面しています大きな重要課題「少子高齢化」から議論が進められていくであろうことを強く思う次第です。



http://kodaira.rlibrary.jp/-site_media/media/content/48/1/index.html#page=3





http://nagata7.sakura.ne.jp/shiryou/koumane.html

 
公共施設マネジメント調査に関する中間報告
(その1)
○公共施設マネジメント調査特別委員長(永田政弘) 

 ○公共施設マネジメント調査特別委員長(永田政弘) 
公共施設マネジメント調査に関する中間報告(その1)を御報告いたします。

 本委員会は、平成27年5月22日に、委員定数10人で、公共施設マネジメントの基本的事項の調査に関することで、調査期限は本件調査終了までとして設置されました。
 以来、6回にわたり付議事件について調査研究を行ってきました。
 第1回目は、5月22日、正副委員長を互選する委員会を行いました。委員長に永田政弘、副委員長に滝口幸一委員が選出されました。第2回目は、6月23日、市の公共施設マネジメントの取り組みについてを議題とした。第3回目は、9月2日、市の公共施設マネジメントの取り組みについて(その2)を議題とした。第4回目は、9月28日、小平市公共施設マネジメント基本方針素案についてを議題とした。第5回目は、11月6日、近隣市視察として秦野市へ参り、公共施設再配置の取り組みについてを視察しました。第6回目は、1月22日、小平市公共施設マネジメント基本方針についてを議題としました。
 以下、それぞれ報告させていただきます。内容が大変多岐にわたる中、各委員の建設的かつ貴重な意見がありました。なるべく簡潔にしたいと思い、主要な事項に絞って報告させていただくことをお許しいただきたいと思います。
 まず、第2回目、市の公共施設マネジメントの取り組みについてを報告します。
 理事者側から、公共施設マネジメントの大きな目的としては、将来世代まで持続可能な施設経営と安心・安全な施設の維持を考えている。市制施行50周年の基本的捉え方では、将来社会に向かって次なる豊かさを目指して取り組むとしており、公共施設マネジメントは、市制施行100周年に向かって、将来必ずやってくる課題に対して、現在から先取りして取り組んでいくものであり、まさに次なる豊かさに向かって超長期的な取り組みが必要となるものであると認識している。さらに、小平市公共施設白書や市民アンケートの結果を中心に、近年の公共施設マネジメントに関する取り組み状況と今後予定をしている取り組みの概略が説明され、質疑に入りました。
 質問として、大きく、シンポジウムのこと、市民意見交換会のこと、市民会議のこと、アドバイザー会議のこと、また学校給食センターとリサイクルセンターの位置づけ、さらに議会のかかわり方等がありました。
 次に、質問として、基本方針のイメージを説明してほしい。答弁として、小平市公共施設白書にも書いてあり、将来に向けて三つの課題、人口減少・少子高齢化、財政バランスの悪化、施設の老朽化、更新時期の集中といったところを踏まえて、将来世代まで持続可能な施設経営と安心・安全な施設の維持というものを検討の方向性として出していく。
 質問として、人口推計に関してはどのように考えているか。答弁として、人口ビジョンとの関係があると考えている。総量を、市民1人当たり1.65平方メートルの床面積がある中で、小平市として将来の人口が今の推計ではこうなるだろうからとか、20%削減とか30%削減とか今決めてしまうと、かなりずれも出てくる。そういったことを十分踏まえて、総量のあり方というものを考えていかなければいけない。人口推計の今あるもので確定値を求めることは難しいと考えている。

  続き 全部 ⇒◎

 

その2
○公共施設マネジメント調査特別委員会

に関する中間報告 

  本委員会は、27年5月22日に、委員定数10人で、公共施設マネジメントの基本的調査に関することで調査期限は、本件調査終了までとして設置されました。

その後、2年間をかけて調査を進めてまいりました。

1年目は、公共施設マネジメント基本方針について、先進自治体である秦野市への視察を行いました。2年目は、実施計画に当たる公共施設マネジメント推進計画について、公共施設の目標耐用年数の到来時期や地域コミュニティの状況など、さまざまな角度から調査を行ってきました。

  今回は2年目の内容、7回目以降よりそれぞれ報告させていただきます。

7回目は、622日、「(仮称)公共施設適正配置実施計画について その1」を議題としました。

8回目は、921 日、「(仮称)公共施設適正配置実施計画について その2」を議題としました。

9回目は、119 日、「小平市公共施設マネジメント推進計画(素案)について」を議題としました。

内容が大変多岐にわたる中、各委員の建設的、且つ貴重な意見がありましたが絞って報告させて頂くことをお許しいただきたいと思います。

 

 まず第7回目、「(仮称)公共施設マネジメント実施計画について(その1)」を報告します。

 理事者側から

まず、策定の背景は、市では、平成272月に小平市公共施設白書を発行し、平成2712月に小平市公共施設マネジメント基本方針を策定した。白書で示した将来的な大きな三つの課題、すなわち人口減少・少子高齢化、財政バランスの悪化、施設の老朽化・更新時期の集中に対応するため、基本方針では、市制施行100周年を迎える2062年度を見据え、いつまでもわくわくする場をみんなで創ろうという基本理念と四つの方針を定めた。

基本方針に沿った具体的な取り組みを推進するために、施設の更新が集中する時期を視野に入れながら、平成29年度からの10年間における(仮称)小平市公共施設適正配置実施計画を策定するもの。

2位置づけは、適正配置実施計画は、小平市第三次長期総合計画基本構想の、健全で、進化するまちをめざしてを推進するための個別計画として位置づけるものであり、小平市公共施設マネジメント基本方針等の関連する上位・各個別計画と整合性を図るものとする。

3 対象期間は、平成29年度から平成38年度までの10年間とする。

4 策定体制のうち、庁内体制としては、市長等で構成する小平市公共施設マネジメント推進本部を設置し、その下に関係部局の連携により内容等の検討を行う公共施設マネジメント推進部会を設置する。市民等による検討としては、昨年度に引き続き、公募市民から意見を聴取する市民会議と、有識者3人以内で構成し、専門的知見からアドバイスを受けるアドバイザー会議等を実施する。また、素案の段階で市民意見公募(パブリックコメント)の手続を行う。

5 策定上の留意事項は、計画策定の基本方針の策定及び市民意見公募(パブリックコメント)手続の実施の際など、適宜、市議会への報告を行う。また、策定の進捗に応じて、市民会議、市民意見公募手続の結果等、適宜、小平市ホームページ等で情報を公開していく。

6、策定スケジュールは、平成2812月までに市民会議を3回、アドバイザー会議を1回開催するとともに、公共施設マネジメント推進本部を適宜開催し、素案を作成していく。

平成2812月に素案を公表し、市民意見公募手続を経て、平成293月に策定する予定。なお、市民意見公募手続の時点で、市民会議、アドバイザー会議をそれぞれ1回開催する。

他に資料説明があり質疑に入りました。

 


続き 全部 ⇒◎












2017年 8月6日 曜日


◎サマーフェスティバル
in 2017
二日目


 
一日目は暑さは一杯でしたが
程よい気候で最高でした
本日もそれを祈ります










戦没者追悼式典




























































2017年 8月5日 曜日


◎戦没者追悼式典

◎サマーフェスティバル
in 2017
一日目

 


 












『下水道、くらしを支え、未来を拓く』 下水道展’17東京
 
会場一杯にさまざまな関連業種が揃ってます。

一ヶ所でじっくり話を聞きはじめますと時間が経つのを忘れる程で、途中で相当聞き入りました。

取り急ぎ小平市のブースを目指します。

右側の一番奥へ。
職員の皆さん頑張ってました。
特に企画、準備、運び等々、あれだけのブースを作るのは大変だったと思います。
御苦労様です。

とにかく日本で一つしかない「ふれあい下水道館」の自治体ですからね。

これで一安心し、後の日程の為半ばで切りあげ小平へとんぼ返りです。...

それにしても見えにくい世界ですが、こうやって最先端の技術が一同に介したのを見ますとますます奥が深いと感じました。















































































2017年 8月4日 曜日


◎ビッグサイト視察

◎サマーフェスティバル準備

◎会合











放射性物質検査
小平市立小・中学校の給食で使用する食材の
放射性物質検査結果について(第64報)


次ページへ
http://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/056/attached/attach_56535_1.pdf








 
ホームページ
8月・葉月号 更新完了


永田珈琲倶楽部
 

 22年間にわたって更新し続けています永田珈琲倶楽部の『今月の香り・葉月』のホームページです。
『ものづくりの原点を守る』ことの大切さ、継続は力の世界から今月も発信です。

http://www.nagatacoffee.com/index2.htm...
http://nagata7.sakura.ne.jp/kaori/kata1708/kata1708.html


追加
御来店のお客様からこんな素敵な紹介をして頂いていました。
嬉しいですね。

http://blog.goo.ne.jp/ta…/e/f90cc33f4c92065cd2805973da0308bc


 

















 





 
どうして28度?

その後

nikkei web
 
◎…「どうして『28℃』?」
 「室温管理の目安です」。

 環境省は、室温28度でも快適に過ごせるよう軽装を呼び掛けるクールビズの紹介サイトを全面リニューアルした。
◎…今春、28度の数字を巡り「不快に感じる」「根拠がない」といった意見が報道されたことを受け、冷房を適切に使用して節電を目指すクールビズの取り組みを丁寧にPRする狙いだ。
◎…サイトでは、室温28度は「冷房の設定温度のことではありません」と強調。
室内にいる人の体調などを考慮し、室温を管理する際の目安にしてほしいと訴えている。































あじさい公園 池の一景


2017年 8月3日 曜日


◎相談事







◎公会計協議会セミナー
「公会計財務書類の新たな活用方策」

財務情報の更なる開示と効率的な行財政運営に向けて


   これからの自治体の財政政策はとても重要な課題となっています。
そういう中、標題にある内容で行政、議員、公認会計士等の方達が一同に介しセミナーが開催されました。

  基調講演は総務省自治財政局財務調査課長の山越伸子氏の「地方財政を巡る諸課題と地方公会計の推進について」、次に「公会計財務書類の新たな活用方策と公認会計士の役割」と題してのパネルディスカッション。

 まとめるには時間がかかるのですが、現在日本が直面している様々な諸課題を専門家の世界から内容濃く議論がなされ幾つかのキーワードを頂きました。

 特にその中で「習志野市 会計管理者の宮澤正泰氏」のお話はこれまでやってこられた取り組み、考え方等は以下の内容で報告されとても素晴らしいものでした。

1人材育成(体制整備)
2財務書類の開示状況
3バランスシート探検事業




最後にそれぞれのパネリストからの大事な次のようなキーワードが挙げられ解説がなされました。

🔴🔴『人材』
🔴🔴『値札・合意』
🔴🔴『工夫・決意』



 このようにたくさんの情報が内容濃く勉強することが出来ました。小平市の公会計制度への取り組み等含めこれからじっくりまとめて行きたいと思います。


    ふと思った事・・・
 数字が得意なAIの世界との結びつき、公会計による(AI)の活用です。

 全国の自治体が生き延びるために、これまで考えられなかった方策が公会計の数字から引き出すことが出来ないのだろうか。

 今現在AIの世界ではどういうことが生じているか、例として日本消化器内視鏡学会の動きでは全国の病院から32万件もの画像を集め、家族の病歴なども加えてデータベースを作成し、AIに学ばせ、異常が疑われる患者を見分ける機能は3年後には実現できそうということ。囲碁、将棋の世界は腕を上げるためは勿論対戦相手にもなっている。また自動運転も高速道路での実用化は間近だし、ニュースや天気予報を読むAIをラジオ局が導入したり、記事や小説だって書き始めている。このように一定の技能が必要な行いを次々とAIがこなすようになりますといずれは公会計での様々な対応、活用も、人間の能力では出来ないことが出来るのでは、と。
思った次第です。










































2017年 8月2日 曜日


◎公会計協議会セミナー

◎納涼祭








気になる記事
神奈川タウンニュース


「市民に開かれた議会」 「市民に親しまれる議会」を実現
他議会は着々と進めていますね

秦野市議会
議場を多目的利用
 
 
29日に初の企画

 秦野市議会は定例会休会中の議場について、多目的利用が出来るよう基本方針を決定した。7月29日(土)には初の多目的利用となる「議場で映画上映と未来対話〜みんなでまちの未来を描くフューチャーセッション」が開催される。

 秦野市議会はこれまで「市民に開かれた議会」「市民に親しまれる議会」を実現するため、様々な取り組みを行ってきた。その一環として昨年9月定例会からは議場に150インチ大型スクリーンを導入。傍聴者もわかりやすいよう一般質問などで利用している。

 こうした資機材を有効活用すると共に、もっと何かできないかと検討していた際、議会運営委員会が視察した大阪府大東市で議場の多目的利用を実施しており、秦野市でも取り入れることにしたという。

 同委員会で6月6日、「秦野市議会議場の多目的利用に係る基本方針」を決定。議員有志が主体となって行う企画について、会期中を除き議場の多目的利用を認めることにした。同方針に基づき企画元の議員が申請、議会運営委員会で協議の上、議長が許可をする。こうした取り組みは全国的にも例は少ないという。

 7月29日には多目的利用の第1弾として、八尋伸二議員が企画元となる映画上映&未来対話を実施する。はじめに商店街の活性化をテーマにした映画『商店街な人』を鑑賞。続いて同映画を制作したNPO法人ワップフィルムのサポートにより、「誰かに伝えたくなる街」を題材に秦野の未来について地元の事業所や商店主らが語り合う未来対話が行われる。時間は午後1時から4時30分まで。

 当日は先着順で、一般市民も議場の傍聴席から見学が可能(参加無料)。八尋議員は「地域の人が考えるまちづくりのきっかけになれば」と話している。






気になる記事
nikkeiweb


歯止めなき子供医療費補助競争
自治体、育児世帯争奪で 
 
 市区町村が住民に医療費を補助するサービスが急拡大している。入院費では小学生に加え、中学生と高校生まで対象とする自治体が1570弱と10年前の15倍に増加。全自治体の9割を占め、一部は大学生にも広げ始めた。人口減が進む中、独自補助で子育て世帯を争奪し合う構図だが、安易な受診を増やし医療費膨張につながる副作用は深刻だ。財源は国費で穴埋めされており、歯止めなき優遇競争のツケは国の財政に回る。

 厚生労働省によると2016年4月1日時点で、1741の市区町村のうち中学生までの入院医療費を補助する自治体は1169。さらに「高校生まで」も399あり、わずか1年で4割も増えた。06年時点では中学生や高校生までを対象にしていた自治体は全体の6%にとどまっており、この10年で全国自治体が一気に対象を拡大した。

 通院の医療費でも中学生以上を補助する自治体は16年4月時点で全体の8割だ。このうち高校生までは378と前年比で109も増えた。国の医療保険制度では窓口自己負担の本来の割合は6歳までの子供が2割で、小学生や中学生、高校生は3割だ。

 過去には自治体の医療費補助は就学前の子供に対象がとどまっていた。優遇範囲拡大の震源は東京23区だ。07年、都は都内自治体を対象に15歳まで医療費を助成する制度を導入。23区の多くが独自に上乗せする形で無料化が広がり、08年度には23区すべてで無料になった。












気になる記事
nikkei web


 
ホノルルで「歩きスマホ」禁止
 全米初10月から、罰金も

 
 【ロサンゼルス=共同】米ハワイ州のホノルル市は1日までに、歩きながら携帯電話のメールなどを見たり送ったりする「歩きスマホ」を禁じ、初回の違反者には最大35ドル(約3900円)の罰金を科す条例を制定した。10月25日から施行される。米メディアによると、同様の規制は全米主要都市で初の試み。

 歩きスマホの危険性は、日本や欧米などで社会問題となっている。ホノルルは日本人にも人気の観光地。

 条例は、歩きながら携帯電話やタブレット端末、携帯型ゲーム機などの画面を見ることなどを禁止。警官が見つけた場合、初回は15~35ドルの罰金、1年以内に違反を繰り返した場合は2回目に35~75ドル、3回目は75~99ドルの罰金を科す。

 ホノルル市議会が7月初めに条例を可決、コールドウェル市長が同月末に署名し成立した。緊急通報や、歩きながら通話することは禁じていない。



















2017年 8月1日 曜日


◎葉月スタート

◎納涼祭



 







学校給食食材の放射性物質
検査結果について(第64報)について

















気になる記事
nikkei web


どんどん進化です

 
IoTで自動発注・決済

三菱UFJ、システム開発へ新会社
 
 三菱UFJフィナンシャル・グループは、あらゆるモノがネットでつながる「IoT」の決済システムを開発する。家電や自動車のメーカーなどと組み、モノやサービスをネットで自動発注して決済まで終えられる仕組みをつくる。IoTに適した金融のインフラを整え、新しいサービスの普及を後押しする。

 10月に「ジャパン・デジタル・デザイン」と呼ぶ新会社を立ち上げる。資本金は30億円で当初は三菱UFJが全額出資する。人工知能(AI)に詳しい技術者やデータ分析の専門家ら30人程度を採用する。

 目指すのはIoTに対応した決済システムづくりだ。例えば冷蔵庫がインターネットにつながると、ペットボトルの飲料の中身をセンサーで見て少なくなると自動で注文するといったサービスが考えられる。このときに、自動で決済まで終えられる仕組みはまだない。

 決済の手法としてはクレジットカードやデビットカード、仮想通貨などが考えられる。いまはパソコンやスマートフォンで決済するが、自動車や家電と直接つなぐ仕組みをつくる。

 決済インフラは情報漏れや不正アクセスを防ぐ高度なセキュリティーが必要。冷蔵庫やエアコンなどあらゆる機器からの侵入を防ぎ、不審なアクセスを把握する体制を築く。

 決済インフラをもとに、新しいサービスの企画から家電製品への実装までを手掛けられる体制にする。決済の動きを個人ベースで把握すれば、そのデータを新たな商品づくりに生かすことができる。新たなサービスづくりをするため、銀行内の組織ではなく、新会社を設ける。

 4月に改正銀行法が施行され、銀行は金融とIT(情報技術)を融合したフィンテック関連の企業を設立できるようになった。三菱UFJは独自の仮想通貨「MUFGコイン」の発行準備もしている。決済の技術をネットに結びつけ、ビジネスの拡大を狙う。

 新会社は静岡銀行や八十二銀行、常陽銀行など30行以上の地方銀行からも出向で社員を受け入れる。地方の実情を踏まえ、中小・零細事業者が発行するQRコードをスマートフォンで読み込むだけで、簡単にキャッシュレス決済を導入できる仕組みも開発する。









































 

  2015年12月      2016年1月     2016年2月 
  平成16年3月      2016年4月     2016年5月 
  2016年6月      2016年7月    2106年8月  
 2016年9月    2016年10月   2016年11月 
 2016年11月   2016年12月    
2017年1月    2017年2月    2017年3月 
 2017年4月    2017年5月    2017年6月 
 2017年7月   2017年8月     
 
  











2007年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2008年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2009年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月 9月  10月  11月  12月 
2010年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2011年 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2012年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月   10月  11月  12月 
2013年  1月  2月  3月  4月 5月  6月  7月  8月   9月  10月  11月  12月 
2014年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月  11月  12月 
2015年  1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2016年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月   10月  11月  12 
2017年  1月 2月  3月  4月  5月  6月 7月  8月          
データ管理不備でリンク切れあります 
 



この景色の原点

 
復興花壇 
石巻市 日和山より  語り部さんから説明を聞いています

http://nagata7.sakura.ne.jp/teamkodaira/ishinomaki110704.html

石巻コーヒーボランティア
1000人分のコーヒーとお水を持って行きました

女川FM基地




profile

ながた政弘リーフレット PDF版

     

http://lakodaira.wix.com/nagata   
http://lakodaira.wix.com/nagata#!personal/cjg9  
http://lakodaira.wix.com/nagata#!page3/cee5  

 
永田珈琲倶楽部 

永田政弘の活き活きface
 

永田政弘のミニ動画  
 
http://lakodaira.wix.com/nagata#!personal/cjg9  


日々日々更新
 
    
http://challengek.exblog.jp/19944309/
http://nagata7.sakura.ne.jp/video/IMG_1073.mov 















なみだめ





        小平市議会議員 永田政弘 http://www.nagata7.sakura.ne.jp/index.htm
 
俯瞰的発想を目指します
 















小平上空より写っ
住みよいまちになるように





あじさい公園 池