新・永田政弘 の てのひら日誌

永田政弘の記録・小平の記録
小平市は富士山に日本一守られているまちです
since 1999





 

OP    


-
---------------------------

 
Facebook zone 


   
   
 


2016年12月

 








来月
2017年1月










2016年 12月31日  土曜日




◎小平駅前稲荷神社
元旦祭準備

◎正月準備


 
 









今年も一年
ありがとうございました

良いお年をお迎えくださいませ


















来月酉年へ
2017年1月




























2016年 12月30日  金曜日





◎今年も後一日となりました

この1年間もいろいろ有り難うございました
そして来年もよろしくお願い申しあげます

5期目の当選をさせて頂きまして以来
自分が今、出来ることを粛々とやっています。
行政サービスという大きな仕組みの中で、一人の力は
微々たるものですが、積み重ねる事の大事さを
大切にしたいと思っています。

来年は
少子高齢化という日本国が、又地方が経験した事の
無い世界にさらに突入していきますが、人は勿論
財政の流れ等をしっかりと見極めていく事が重要に
なっていきます。
自身のさらなるステップアップを目指して頑張ります


 
 
















































2016年 12月29日  木曜日




◎会合


 
 










学校給食食材の放射性物質検査
結果について(第57報)




http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/housha201612.pdf





























































27日の夕暮れ
今年も一年ご苦労様でした




2016年 12月28日  水曜日







◎会合2






27日の市役所庁舎一階の景






















お正月飾りも
一階受付


ありがとうございます









































26日撮


2016年 12月27日  火曜日








◎会合



















無線 ラン

非常に気になる記事
読売新聞

平成16年9月定例会で初めてこの無線ランの
ことを質問しました。
あれからなんと12年余・・・・
一気にはなかなか進まないと思いながらも個人的は
なんとも歯がゆい思いが一杯です。

「さあっこれからっ」と受け止め
全ては市民の皆さんのために
国の進む歩調に乗り遅れないように頑張って頂きましょう。






 学校・公園に無線LAN…授業や災害時に活用
 

 総務省は2020年までに、全国の公立学校や自治体が運営する公園、博物館など約3万か所に公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」を整備する方針を

 インターネットを無料で使えるようにして、日常では観光や教育活動に、災害時には避難情報や安否確認のやり取りに役立てる。17年度から3年間で約100億円を投入し、集中的に設置する計画だ。

 整備するのは、災害時の避難場所に指定されている小中高校や自治体の庁舎、公園など。公立の博物館や、遺跡など文化財も対象にする。

 災害発生などで利用者が短時間に集中すると、携帯電話会社の回線は混雑でつながりにくくなる。Wi―Fiはネット環境が安定しており、4月の熊本地震の際も避難所で安否情報の確認などに効果を発揮した。

 学校や公園などに整備することで、タブレット端末で授業したり、観光客が案内情報を検索したりするなど、日常のネット活用も進める狙いだ。
































2016年 12月26日  月曜日





◎会合















喫茶店経営掲載記録 柴田書店

 
 

http://www.nagatacoffee.com/keisai/shibatashuzai.html

  読み返す度に当時の取材者の方々の水準、写真力、文章力が高いのがわかります。...
取材当時を思い出しながら「そうなんだよ」、「こちらが思っていることがそれなんだよ」といつも読ませて頂いてます。
 そして今なお、各店がお客様のおかげで営業を続けられていることの有り難さは一入です。

 業界を含めて事業の世界の変遷が超激しく、厳しい時代のうねりの中での珈琲の世界ですが、本物の文章を反復することで、その通りに継続している状況を身にしみて思います。

  柴田書店様には本当に珈琲の世界でたくさんの勉強の機会を与えて頂きました。
今回改めて貴重な資料として整理する意味でアップします。

 各発行年度版毎にPDF版で整理しています。

1995年5月号
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/kissa199905.pdf

1993年1月号
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/kissa199301.pdf

1990年9月号
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/kissa199009.pdf




         



























2016年 12月25日  日曜日






Christmas































































23日の富士山の瞬間一景


2016年 12月24日  土曜日




















気になる記事
nikkei web


社会保障債務 2000兆円に  
 
 暮らしや老後を守る社会保障が日本経済を揺るがそうとしている。止めどない高齢化で医療や介護、年金にかかるお金が膨張。財政も刻一刻と危うさを増す。団塊の世代が80代を迎える2030年はどのような社会になるのか。経験したことのない選択を迫られることだけは間違いない。
 その男性は西日本の病院で最期を迎えた。享年80。12年に受けた弁膜症の術後の経過が悪く、感染症を繰り返した。透析や胃ろうの処置などあらゆる医療行為を受けた。

医療費計7400万円
 レセプト(診療報酬明細書)には70以上の病名が並ぶ。「本人も知らなかっただろう」と関係者は話す。3年半の医療費は約7400万円。男性の自己負担は約190万円。
残りの大半は税金と現役世代の支援金だ。

 高齢者医療費が歯止めを失いつつある。
社会保障給付費は30年に今より約50兆円増えて170兆円程度に達する可能性がある。影響が大きいのが医療費。
とりわけ75歳以上の後期高齢者医療費は約1.5倍の21兆円に達する公算が大きいことが全国調査をもとにした分析で分かった。

 取材班は全国約1740市区町村の後期高齢者の1人当たり医療費を調べた。厚生労働省は都道府県単位の数値を集計しているが、市区町村の全容は初めて判明した。

 1人につき年100万円以上の医療費を使っている市区町村は14年度分で347に及ぶ。30年の人口推計などから試算すると、全体の後期高齢者医療費は現在の約14兆円から大きく膨れ上がる。

  高齢者医療制度はチェック機能を担う広域連合が市町村の合議体で、責任の所在が曖昧という問題を抱える。保険者としての機能不全は覆い隠せない。その裏側で高齢者医療費の4割を支える現役世代の負荷が高まる。

続く













23日












































2016年 12月23日  金曜日





◎天皇誕生日

◎餅つき大会


 









永田政弘2016年12月議会一般質問
https://youtu.be/X4OG8oqjrGg



   
     
     
     



YouTubeにアップしました 

永田政弘2016年12月議会一般質問
https://youtu.be/X4OG8oqjrGg

→録画中継を動画で撮影し
youtubeにアップします。...
http://nagata7.sakura.ne.jp/shiryou/okujyou/okujyou.html

 
(1)
『Alを活用して、市民サービスの向上、自治体業務の新たな姿の小平市を目指して』

(2)
『防災や春夏秋冬の美借景を伝えるシンボルとして、庁舎屋上ヘライブカメラの設置実現を』

市役所屋上からの美景色を小平市民の貴重な財産と考え、春夏秋冬、暁、夕焼け時等360度美景色の画像とともに議場で鳥瞰図的な観点から質問しました。
http://nagata7.sakura.ne.jp/shiryou/okujyou/okujyou.html

https://youtu.be/X4OG8oqjrGg





























































2016年 12月22日  木曜日





◎諸会合


 







おめでとうございます

第10回キャリア教育優良教育委員会等 文部科学大臣表彰について

受賞理由の中に以下の内容が
あります。現場側で長年に渡って少しは
お手伝い出来ていると思いますと
嬉しいですね
 受賞理由
・平成21年度から5日間の職場体験を全ての中学校で実施し、教育委員会と教員で作成した「こだいら職場体験わくわくワークシート」を活用し、統一した指導を行っている。
・学校支援コーディネーターが学校と連携して、お店番体験や職場体験などの実施に向けて、実践を支える運営体制を構築している。















気になる記事
nikkei web



 出生数、初の100万人割れへ 少子化止まらず
厚労省16年推計 
 

  2016年生まれの子どもの数が100万人の大台を1899年の統計開始以降で初めて割り込む。
98万~99万人程度になる見通しだ。
20~30代の人口減少に加え、子育てにかかる経済的な負担から第2子を産む夫婦が減っており、少子化の進行が改めて浮き彫りになった。
社会保障制度を維持していくためにも、政府の人口減対策や子育て支援の充実が一段と重要になっている。

 厚生労働省は近く、16年の人口動態調査の推計を発表する。15年は100万5677人だった。すでに公表されている15年8月~16年7月までの1年間の出生数は99万人で100万人を割り込んでいる。「団塊の世代」で出生数が最も多かった1949年の4割に満たない。規模としては100年超前の水準だ。

 出生数が減っているのは20~30代の女性が減っている影響が大きい。
16年10月時点の人口推計では同年代の女性は約1366万人で、10年前に比べて2割減った。




























2016年 12月21日  水曜日





◎諸会合




 









忘年会続きます

小平駅南口ショッピングセンター転載

 
















































2016年 12月20日  火曜日



庁舎西 18日撮



◎12月議会最終日

◎諸会合

 








平成28年12月定例会
最終日の会議内容

平成28年12月20日 火曜日 午前9時から 議場

 
 

議事日程

第1  諸報告

第2  議案第67号 平成28年度小平市一般会計補正予算(第4号)

第3  議案第69号 小平市税条例の一部を改正する条例

第4  議案第70号 小平市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例

第5  議案第71号 小平市廃棄物の減量及び処理に関する条例の一部を改正する条例

第6  議案第73号 小平市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例

第7  議案第74号 小平市空き家等の適正な管理に関する条例の一部を改正する条例

第8  議案第75号 市道路線の認定について

第9  議案第76号 市道路線の認定について

第10 議案第77号 市道路線の認定について

第11 議案第78号 市道路線の廃止について

第12 議案第79号 小平市立学童クラブの指定管理者の指定について

第13 議案第80号 小平市立学童クラブの指定管理者の指定について

第14 議案第81号 小平市有料自転車駐車場の指定管理者の指定について

第15 議案第82号 小平市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

第16 議員提出議案第16号 米軍人・軍属等への綱紀粛正及び事故、犯罪の防止に向けた実効ある施策を講ずることを求める意見書提出について

第17 議員提出議案第23号 米軍人・軍属等への綱紀粛正及び事故、犯罪の防止に向けた実効ある施策を講ずることを求める意見書提出について

第18 請願第7号 小平市議会議場に国旗、市旗を掲揚することについて

第19 議員提出議案第24号 政治分野への男女共同参画を推進するための法整備を求める意見書提出について

第20 請願第8号 小平市立中央公園内の井戸の修理とその利用について

第21 総務委員会に係る所管事務調査報告について

第22 常任委員会の閉会中継続調査の申し出について

第23 議員の派遣について


















































18day


2016年 12月19日  月曜日





◎議事日程配布



 























小平市在宅医療介護連携  推進協議会拡大協議会














参加者全ての皆さんが紹介されましたよが全部写すことが出来ませんでした
これが繋がれば凄いですね






























2016年 12月18日  日曜日






◎星座会クリスマス 発表会



 
 









 
 29年1月市主要行事予定表
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/gyouji201701.pdf 
 
 
 
 

冬 小平富士山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





















































2016年 12月17日  土曜日






◎講演会

◎会合



 




農産物品評会表彰式









ルネ小平のイヴェント




















































2016年 12月16日  金曜日






◎JA産業まつり品評会表彰式

◎会合2



 





あじさい公園にて










































15日午前





議会運営委員会が終わりました
午後12時45分発信

確認は議会事務局で





 
審査
日 程    件  名
第1 請願第 7 号
(平成28年11月29日付託)

小平市議会議場に国旗、
市旗を掲揚することについて


⇒賛成多数で採択

本会議へ









 最終日の議事日程が決定しました

平成28年12月小平市議会定例会
平成28年12月20日(火)午前9時開議


第1 諸報告

第2 議案第67号 平成28年度小平市一般会計補正予算(第4号)

第3 議案第69号 小平市税条例の一部を改正する条例

第4 議案第70号 小平市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例

第5 議案第71号 小平市廃棄物の減量及び処理に関する条例の一部を改正する条例

第6 議案第73号 小平市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例

第7 議案第74号 小平市空き家等の適正な管理に関する条例の一部を改正する条例

第8  議案第75号 市道路線の認定について
第9  議案第76号 市道路線の認定について
第10 議案第77号 市道路線の認定について
第11 議案第78号 市道路線の廃止について

第12 議案第79号 小平市学童クラブの指定管理者の指定について

第13 議案第80号 小平市学童クラブの指定管理者の指定について

第14 議案第81号 小平市有料自転車駐車場の指定管理者の指定について

第15 議案第82号 小平市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

第16 議員提出議案 第16号 米軍人・軍属等への綱紀粛正及び事故、犯罪の防止に向けた実効ある施策を講ずることを求める意見書提出について

第17 議員提出議案 第23号
米軍人・軍属等への綱紀粛正及び事故、犯罪の防止に向けた実効ある施策を講ずることを求める意見書提出について

第18 請願第7号 小平市議会議場に国旗、市旗を掲揚することについて

第19 請願第8号 小平市立中央公園内の井戸の修理とその利用について

第20 総務委員会に係る所管事務調査報告について

第21 常任委員会の閉会中継続調査の申し出について

第22 議員の派遣について


 




15日 午前




2016年 12月15日  木曜日






◎議会運営委員会



 
本日は12月議会最終日へ向けての議会運営委員会があります
最終日日程が決まります



議会運営委員会

議会運営委員会の会議内容

平成28年12月15日(木曜日) 第1委員会室

審査
日 程    件  名
第1 請願第 7 号
(平成28年11月29日付託)
小平市議会議場に国旗、
市旗を掲揚することについて
















今年の漢字に「金」













































幹事長会議が終わりました
午後12時発信


報告事項です
 
 
1例月現金 出納検査の結果について

2小平市第2次行財政再構築プランフォローアップの進捗状況について

 
本年9月末現在の進捗状況では取り組み項目41項目のうち予定通りに進捗が39項目、遅れているのが2項目。

3小平市第3次行財政再構築プランにかかる検討報告について
 小平市行財政再構築推進委員会が6月以降6回に渡り推進委員会を開催し議論を重ね、小平市行財政再構築方針における5つの方針とそれに対応する方策、及び改革推進プログラムの方向性についてまとめたものです。


4小平市都市計画マスタープラン改定素案について
 
現マスタープランは、当面の事業目標年次を本年度としていることから、社会経済状況の変化や都市基盤の整備状況、権限委譲による関係法令の改正への対応等を図るため、平成26年度から見直しを行い、素案を策定した。改定に当たっては、有識者、公募の市民の方々等で構成する見直し検討委員会や市議会における小平市都市計画マスタープラン全体構想特別委員会、また、市民アンケート調査やワークショップ、オープンハウス等の実施により、ご意見を伺いながら策定してきた。概要としては、全5部の構成となっており、第3部全体構想ではまちの将来像やその実現に向けた5つのまちづくりの目標・第4部の地域別構想では市を3地域に区分し、地域ごとのまちづくりの方針等示している。

5小平市耐震改修促進計画素案について
 
 本計画は、建築物の耐震改修の促進に関する法律に基づき、平成21年2月に策定した小平市耐震改修促進計画について、同法の改正など関係法令の動向やこれまでの市内建築物の耐震化の進捗状況を踏まえ、見直しを行うものです。
計画期間は、本年3月に改定された東京都耐震改修促進計画に合わせ、本年度から平成37年度までの10年間とし、主な見直しの内容は、耐震化の現状について時点修正を行ったこと、東京都の計画に則した耐震化の目標設定としたこと、特定緊急輸送道路沿道建築物に対する支援について記載したことなど。































小平駅南口ロータリー 13日撮影


2016年 12月14日  水曜日







◎幹事長会議

◎今年最後の満月日
晴れる事を祈ってます




 
本日は12月議会最終日へ向けての幹事長会議があります




明日(15日)は

議会運営委員会
が開催され最終日日程が決まります

議会運営委員会の会議内容

平成28年12月15日(木曜日) 第1委員会室

審査
日 程    件  名
第1 請願第 7 号
(平成28年11月29日付託)
小平市議会議場に国旗、
市旗を掲揚することについて
















気になる記事
nikkei web


年金法案、14日成立へ
 カジノ法案は参院委で修正可決  
 
  参院厚生労働委員会は13日、年金支給額の上昇抑制策を柱とする国民年金法改正案を与党と日本維新の会の賛成多数で可決した。
14日の参院本会議で成立する見通し。
参院内閣委員会もカジノを中心とする統合型リゾート(IR)整備推進法案の修正案を自民党と日本維新の会の賛成多数で可決。14日の参院本会議で可決後、衆院に回付される見通しで、自民党は同日中の衆院本会議で成立を期す。

 年金法改正案は現役世代の将来の受給水準を維持するため、賃金の変動に合わせ年金額を改定する仕組みを盛り込んだ。厚労委は低年金・無年金者対策の検討などを求める付帯決議も採択した。


 
  
経産省、公共ビッグデータを企業に開放
産業創出へ医療やバス運行など



 経済産業省は新ビジネスにつながる匿名の公共データを民間企業に開放するよう自治体に促す。開示請求に応じる努力義務を課す方向で企業立地促進法の改正を検討する。バスや鉄道など公共交通の運行データや、医療機関の利用状況など幅広く対象にし、地域の企業がデータを用いて新たな事業を立ち上げるのを支援する。




















小平駅前ショッピングセンターより望む










2016年 12月13日  火曜日





12日 書



◎広報広聴委員会



 

広聴広報特別委員会の会議内容

平成28年12月13日(火曜日) 午前9時から 第1委員会室

調  査
日 程 件 名
第1 11月の議会報告会の結果について
第2 市議会だよりの充実について



























































ライトにアップされた今のグラデーションの彩りにはしばし見とれます 11日


2016年 12月12日  月曜日




◎小平商工会年末忘年懇親会















気になる記事

nikkei web

 ミニ保育所、5歳児まで 政府、特区で年齢制限緩和
 
   政府は国家戦略特区で小規模保育所(ミニ保育所)の入所年齢制限を緩める。原則として2歳児までに限定しているが、5歳児まで預かれるようにする。ミニ保育所はビルの空きスペースなどを活用しており、都市部で機動的に増やせる強みがある。ミニ保育所に通いやすくすることで、待機児童の解消を急ぎ、共働き世帯が子育てをしやすい環境を整える。

 12日の国家戦略特区諮問会議(議長・安倍晋三首相)で決定。国家戦略特区法改正案を来年の通常国会に提出する。

 ミニ保育所に通う子どもは3歳で卒園し、通常の認可保育所などに移る必要があるが、その段階での保育所不足が深刻になっている。

 「3歳児の壁」がなくなれば、ミニ保育所の事業者は0~5歳の一貫保育を手がけられる。ミニ保育所の要件緩和は9月の特区諮問会議で小池百合子都知事が要望していた。

 12日の会議では、事前に規制を設けない「ゼロベース特区」創設の検討も始める。あらかじめ金融取引などのルールを緩め、事後検証を通じて必要なルールを構築していく新たな仕組みを備えた特区になる。














環境建設委員会報告事項 2
道路認定の件視察



隅切り部分が地主さんの協力で広く出来ています
   
   


健康グッズを公園で順番に利用できるんですよ 
   
   kantou
   
   
   
   
   
 







気になる記事
yomiuriweb

支払いはオンライン…病院会計の待ち時間ゼロに 
 
 三井住友銀行は東京慈恵会医科大などと共同で、スマートフォンとクレジットカードを使って病院の会計の待ち時間を「ゼロ」にできるサービスを開発した。
 大規模病院に売り込む考えで、来年にもサービスが始まる見通し。大規模病院を中心に待ち時間の長さが課題になっており、金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」で改善をはかる。
 サービスの利用にはスマホとクレジットカードが必要だ。患者はあらかじめスマホに専用アプリを導入し、カードを登録する。受診後、会計窓口に診察券を提示し「オンライン会計で支払います」と伝えるだけで、手続きが済む仕組みだ。
 それを受け付けた病院側は、その場では「オンライン会計」であることをシステムに登録するにとどめ、具体的な診療費の計算は比較的すいている時間帯に行う。手間のかかる計算を後回しにすることで、患者の待ち時間を少なくできるというわけだ。

これは本当に有り難いことですね
スマホとアプリ日々日々進化をたどっています






















2016年 12月11日  日曜日




個人番号カード(マイナンバーカード)の臨時交付

インターナショナルスクール・コロンビアスクール







 
個人番号カード(マイナンバーカード)の
臨時交付について

 

<個人番号カード(マイナンバーカード)を申請されたみなさまへ>

 平日や土曜日に市役所へお越しになれない方のために、個人番号カードの臨時交付窓口を開設します。

 すでに申請がお済みで、交付通知書が届いている方は個人番号カードの受け取りができます。この機会にぜひ、ご利用ください。

・当日は大変混み合うことが予想されます。時間に余裕をもってお越しください。

・地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が運用する、カード管理システムの不具合が全国的に発生しています。システムの状況によっては、個人番号カードを当日お渡しできない場合がございます。その際は、後日郵送(本人限定受取郵便)でお届けします。


交付場所

市役所1階市民課

開設日時

12月11日(日曜)

午前9時から午後3時













市議会日程


  曜日 時間 場所 内容
12月 1 木曜 9時 議場 12月定例会(一般質問)

2 金曜 9時 議場 12月定例会(一般質問)

6 火曜 9時 第1委員会室 総務委員会





請願・陳情締切(午前中)(※1)

7 水曜 9時 第1委員会室 生活文教委員会

8 木曜 9時 第1委員会室 厚生委員会

9 金曜 9時 第1委員会室 環境建設委員会(※2)

13 火曜 9時 第1委員会室 広聴広報特別委員会

15 木曜
第1委員会室 議会運営委員会(※3)

20 火曜 9時 議場 12月定例会(最終日)




第1委員会室 広聴広報特別委員会(※3)
1月 13 金曜 9時 第1委員会室 小平市都市計画マスタープラン全体構想特別委員会

17 火曜 9時 第1委員会室 広聴広報特別委員会

18 水曜 9時 第1委員会室 にぎわいまちづくり調査特別委員会

19 木曜 9時 第1委員会室 公共施設マネジメント調査特別委員会

29 日曜 9時
議会報発行
2月 6 月曜 9時 第1委員会室 総務委員会(※4)

7 火曜 9時 第1委員会室 生活文教委員会

8 水曜 9時 第1委員会室 厚生委員会

9 木曜 9時 第1委員会室 環境建設委員会

10 金曜 9時 全員協議会室 全員協議会

14 火曜

請願・陳情締切(午前中)(※5)

23 木曜
第1委員会室 議会運営委員会(※3)

28 火曜 9時 議場 3月定例会(初日)






























































2016年 12月10日  土曜日




◎珈好琲会

◎通夜

○会合








小平駅南口 イルミネーション













建設委員会報告事項

以下の5点について委員会終了後報告がありました

 
 

「小川四番号土地区画整理事業について」

小平市都市計画道路3 ・ 4 ・ 10号小平大和線都市計画変更素案の説明会の開催について」

「自転車庫ナビマ一クの設置について」

「ゾ一ン30の設置について」








http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/3410zu.pdf

もっと詳細に ⇒◎

http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/3410zu.pdf













自転車ナビマーク 設置

http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/navi2016.pdf




















小川四番土地区画整理事業



















ZONE 30













































2016年 12月9日  金曜日




◎環境建設委員会

○会合

○個人番号カード予約




本日は各委員会最後の日で環境建設委員会が開催されます
以下の案件が審査されます。
市道路線の認定、廃止については毎回現地視察をします。
小平市内の変化がよく分かる貴重な視察となります。


 

環境建設委員会の会議内容

平成28年12月9日(金曜日) ※午前9時から 第1委員会室

審査
日 程
件 名
第1 議案第71号
(平成28年11月29日付託)
小平市廃棄物の減量及び処理に関する条例の一部を改正する条例
第2 議案第75号
(平成28年11月29日付託)
市道路線の認定について
第3 議案第76号
(平成28年11月29日付託)
市道路線の認定について
第4 議案第77号
(平成28年11月29日付託)
市道路線の認定について
第5 議案第78号
(平成28年11月29日付託)
市道路線の廃止について
第6 議案第81号
(平成28年11月29日付託)
小平市有料自転車駐車場の指定管理者の指定について


調    査
日 程 件 名
第7 自転車の似合うまちづくりについて











熟年いきいき会

http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/ikiiki201612.pdf
 














放射性物質検査結果
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/housha201618.pdf



続き⇒◎









































7日 night



2016年 12月8日  木曜日



◎厚生委員会

○会合


 

厚生委員会の会議内容

平成28年12月8日(木曜日) 午前9時から 第1委員会室

審 査
日 程
件  名
第1 議案第70号
(平成28年11月29日付託)
小平市青少年問題協議会条例の一部を改正する条例
第2 議案第79号
(平成28年11月29日付託)
小平市立学童クラブの指定管理者の指定について
第3 議案第80号
(平成28年11月29日付託)
小平市立学童クラブの指定管理者の指定について


調    査
日 程 件 名
第4 孤立防止について













グリーンロード 絶景 一景





















気になる記事
nikkei web

不登校児、学校外で支援 教育機会確保法が成立へ  
 
   不登校の子供の学校外での学びを支援することを明記した「教育機会確保法」が7日の参院本会議で可決、成立する。フリースクールなど学校外で学ぶ場の重要性を指摘。休養が必要であることを認めるとともに、子供の状況の継続的な把握や学校外施設などの情報提供を国や自治体に促した。

 超党派の議員連盟は当初、同法で保護者が子供の「個別学習計画」を作り、自治体が認めればフリースクールなど学校外での学習を義務教育として認める制度を検討した。ただ「学校教育の根本を揺るがす」「不登校を助長する」と反対が相次ぎ、内容を大幅に見直して法案を自民、民進、公明、おおさか維新が通常国会に共同提出していた。

 同法は基本理念として、全ての子供が安心して教育を受けられる学校環境の確保や、不登校の子供の様々な学習の実情を踏まえた支援の必要性を明記。国や自治体は特別な教育課程を持つ「不登校特例校」や、公立の「教育支援センター」の整備に向け必要な措置を講ずるよう努めるとした。

 無理な通学はかえって状況を悪化させる懸念があるため、「休養の必要性」を認めた。状況を継続的に把握し、子供や保護者にはフリースクールなど民間施設の情報を提供するよう求めた。戦後の混乱で義務教育を修了できなかった人などが通う夜間中学への就学機会の提供も盛り込まれた。

 付則には「政府は速やかに経済的支援のあり方を検討し、措置を講ずる」と盛り込んだ。文部科学省が今後具体策を検討するが、子供にきめ細かく対応するための教職員数の充実や、授業料が原則自己負担のフリースクールへの支援策などを実現できるかどうかが課題になる。

 文科省によると、2015年度に「不登校」を理由に30日以上欠席した小中学生は約12万6千人。児童・生徒全体に占める割合は約1.26%と過去最高となった。全体の57.4%は年90日以上学校を欠席。全く登校していない場合も含め、出席日数が年10日以下という児童・生徒も約1万3千人いた。

 文科省調査でフリースクールは昨年3月時点で全国に474カ所あり、少なくとも約4200人の小中学生が通う。

























 










2016年 12月7日  水曜日



◎生活文教委員会

○会合


 

生活文教委員会(12月7日)

生活文教委員会の会議内容

平成28年12月7日(水曜日) 午前9時から 第1委員会室

審査
日 程
件 名
第1 議案第73号
(平成28年11月29日付託)
小平市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部を改正する条例
第2 議案第74号
(平成28年11月29日付託)
小平市空き家等の適正な管理に関する条例の一部を改正する条例



調査
日 程 件 名
第3 防災対策について













  「都市計画公園3・3・1号 鎌倉公園」
チラシ配布について

現在、鎌倉公園(都市計画公園3・3・1号)の整備検討基礎調査の実施中ですが、このたび、鎌倉公園の周辺地域の皆様に対し、都市計画公園の概要及び鎌倉公園の整備に向けた取組み等の周知を目的としたチラシを配布することになりました。



 









気になる記事
nikkei web

ビッグデータ関連記事

政府、患者ビッグデータ整備
診断・治療に活用
20年度メドに稼働  
 
  政府は医療機関や介護施設などが持つ患者の情報を集めたビッグデータの活用整備に乗り出す。
 構築する共有システムを医者に使ってもらい、患者が症状や体質にあった診断や治療を受けられるようにする。製薬会社や研究機関にも加工したデータを提供し、新薬や医療機器の開発に役立てる。個人情報保護の体制を整えたうえで、2020年度をメドに本格稼働させたい考えだ。
 医療データには電子カルテ、レセプト、健康診断結果などがあるが、基本的に連結していない。厚生労働省が所管するだけで、健診データは2億件、医療レセプトは110億件、介護レセプトは5.2億件ある。これらの蓄積したビッグデータを活用する仕組みを構築する。































































2016年 12月6日  火曜日



◎総務委員会




 

更新日:2016年12月1日

作成部署:市議会 議会事務局

総務委員会の会議内容

平成28年12月6日(火曜日) 午前9時から 第1委員会室

審査
日 程
件 名
第1 議案第6号 平成28年度小平市一般会計補正予算(第4号)
第2 議案第68号 小平市税条例の一部を改正する条例
第3 議案第82号 小平市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
第4 議員提出議案第16号 米軍人・軍属等への綱紀粛正及び事故、犯罪の防止に向けた実効ある施策を講ずることを求める意見書提出について


調  査
日 程 件 名
第5 窓口サービスについて










市報こだいら デジタル版



http://www.rlibrary.jp/kodaira/20161205_1424/#page=1














留萌本線お別れ
おびら町親善交流会に行ったときに寄りました増毛町
バスでこの線路と平行して走りました


最後の満員の乗客を見ましていつもこうであったら、と。

歴史を支えて頂き御苦労様でした















































































2016年 12月5日  月曜日



◎政和会











     






 

◎小平市青少年吹奏楽 定期演奏会

◎小平駅北口北商栄会 
     イルミネーション点灯式典

一日忙しい中での動きでした。
まちの元気さはそこに繋がるたくさんの人達の活動に比例するような気がします。

今年もまた六中の皆さんが花を添えて頂き東京街道に灯がともりました。













http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/14sho201612.pdf







http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/2sho201612.pdf
































2016年 12月4日日曜日



◎小平市青少年吹奏楽 定期演奏会

◎小平駅北口北商栄会
イルミネーション点灯式典

◎他諸々



 


















◎小平消防少年団 火災予防餅つき大会



















気になる記事
読売新聞 多摩版


東久留米にFM 準備着々 来夏開局目指し 
 
 東久留米市で、コミュニティーFM局「FMひがしくるめ」の開局に向けた準備が進められている。開局を目指す動きは10年近く前からあったが、資金などの問題で停滞していた。だが、成功しているFM局社長のアドバイスに勇気づけられ、今年9月に運営会社を設立して準備を本格化。地元密着の生放送などを掲げて出資を募り、来年夏の開局を目指している。

 運営会社「クルメディア」の代表取締役に就任した予備校講師の高橋靖さん(51)によると、開局に向けた活動は2007年頃から始まり、地元の有志が12年にNPO法人「FMひがしくるめ」を発足させた。

 地域のイベントなどを取材してインターネット上に音声や画像を中継するなどの活動を続け、昨年8月には、東久留米駅近くのスタジオを拠点にインターネットラジオの定時放送を開始。2週間ごとに内容を更新する録音放送で、有志が手弁当で出演するなどして、コストを抑えている。

 だが、局を開設するには資金面がネックとなる。総務省がまとめた15年度の全国275局の収支は計1億2700万円の営業赤字。日本コミュニティ放送協会の鈴木義雄事務局長は「3分の1ほどは自治体の出資があるが、事業維持のために広告などの収入を確保するのは簡単ではない。市民の協力を得られるかが大きく左右する」と話す。これまでにエフエム多摩など24局が資金難などで閉局したという。

 東久留米市でも市の出資を期待する声があったが、財政難などで難しい状況にあり、開局に向けた動きは停滞していた。

 そんな中で背中を押したのが、黒字経営を続ける「エフエムきらら」(山口県宇部市)の井上悟社長のアドバイス。高橋さんはFMひがしくるめの理事長に就任して間もない6月、井上社長から成功の秘訣ひけつを聞き、開局に自信を深めたという。

 エフエムきららでは、会費無料の「クラブきらら」を発足させ、広告主(加盟店)の特典情報などを載せた冊子を作ることで、ラジオに親しみがない住民にも知名度を高めたという。黒字運営で、株主への配当も行っている。井上社長は「災害や地域の人の困りごとなどをすぐに伝えられる強みを生かせば、黒字運営は可能」と話す。




私も
井上さんの本を読んでいます




















































平櫛田中翁像




2016年 12月3日土曜日



◎小平消防少年団火災予防餅つき大会

◎【みんなでつくる音楽祭イン小平♪】◇







 永田政弘12月議会 一般質問 その2

『AIを活用して、市民サービスの向上、
自治体業務の新たな姿の小平市を目指して』


 
                               
質問要旨

 2045年、人工知能AI(Artificial Intelligence)が人知を超えると言われています。
決して荒唐無稽な話ではなく、AIが様々な世界へ入り込み、社会や国家、経済を揺さぶり、歴史を変えるという、その日へ向けて走り出しました。この大きな流れを見たとき、小平市としても前向きに捉えるとすれば、これから先の小平市の自治体業務の課題解決や効率化、市民サービスの更なる充実化の実現に向けて、AIが寄与できることが考えられます。 このことは少子高齢化社会における人材の利用も踏まえ、AIやコミュニケーションロボットなどICT先端技術の発展や商用化の進展が、自治体業務の抜本的改革への活用にも大きな期待をされていると考えます。 例えばこれまでの業務見直しは、マニュアル化可能な定型業務が中心でしたが、AI・ロボットの活用により、経験や判断を要する非定型業務の領域までが対象になり、省力化のみならず、データに基づく政策決定などの業務内容の高度化への期待も膨らむものです。 勿論AIを使った進歩はこれから止まることなくその利活用分野は途方もない広範囲になると思われますので、今回は小平市における政策、市民サービスアップ等の分野で今後近未来にいかに活用するか、出来るかを視察を行った内容を踏まえ小平市の将来がより素敵なまちになることを願って質問します。

1 AI活用とより便利な市民サービス化との関連をどう考えるか
2 市民サービスでAIを活用するとしたらどういうことができるか
3 今後AIで行政業務の改革、高度化、効率化ができると考えるがどうか
4 AIとインテリジェント自治体構想との関連はどう考えるか


ーーーーーーーーーーーーーーーー


追記
 1995年、インターネットが民間に開放された年にいち早くネット上にホームページを開設したのが走馬燈のように頭の中を巡っています。今回のAI登場もまさにそのときのトキメキを感じます。
その年から現在のような状態になるまで20年余かかりましたが、これからはあっという間にAIの世界は拡がっていくと思います。

今回の質問は「AIとインテリジェント自治体構想との関連」ということでの展開で質問しました。
これからの自治体の市民サービスは少子高齢化も関連してきます。
AIで効率化されたのち、職員の皆さんにはそれぞれの適正化されたポジションでしっかり力を出していく方向になるのだろう、と考えます。










































平成28年12月2日(金)















1日 撮影





2016年 12月2日金曜日



◎一般質問 三日目
本日は次の8人が質問に立ちます

 
19 竹井ようこ 一問
一答
(1) 市民活動、協働、自治のためにもオープンデータを進めよう
(2) 頑張っている子どもたちを市を挙げて応援しよう
(3) ひとり親家庭へのサポートについて
20 木村まゆみ 一問
一答
(1) 誰もが安心して利用できる介護保険の実現をめざして
(2) 特別支援教育について
(3) 市境道路での交通安全対策について
21 滝口幸一 一問
一答
(1) 待機児童解消に向けた東京都の補助金活用について
(2) 幼児2人同乗用自転車補助制度を導入するべきである
22 橋本久雄 一問
一答
(1) 活気に満ちた挑戦する都市はどこまで実現したか
(2) ごみ処理や資源物処理施設の更新などについて
23 佐野郁夫 一問
一答
(1) 小川駅西口及び小平駅北口地区再開発はいつ始まるのか
(2) 家庭ごみの戸別収集、有料化は何年何月から開始するのか
(3) 市の防災対策は災害時に役に立つのか
(4) 都市計画道路3・4・10号小平大和線が府中街道につながるのはいつごろか
24 小林洋子 一問
一答
(1) 自動車事故が多発している高齢者ドライバーへの安全対策を
(2) ドライブレコーダーを設置し庁用車の安全管理を進めよう
25 伊藤 央 一問
一答
(1) 公民館の政治的な利用はどこまで許されるのか
(2) 政治的催事を市や教育委員会が後援することに問題はないか
26 津本裕子 一問
一答
(1) 東京オリンピック・パラリンピックへ向けてスポーツ施設の環境整備を進めるべき
(2) 高齢者の外出支援は福祉的観点から取り組むべき
 














永田政弘12月議会
ippan shitumon


http://nagata7.sakura.ne.jp/shiryou/okujyou/okujyou.html





 
 
 

永田政弘12月議会 一般質問 その1

『防災や春夏秋冬の美借景を伝えるシンボルとして、庁舎屋上へライブカメラの設置実現を』

http://nagata7.sakura.ne.jp/shiryou/okujyou/okujyou.html                                    
質問要旨  
 西方に富士を仰ぎ、南に玉川上水を見下ろす、ここ小平市の立地環境は今更申すまでもなく平地で住みやすい良い環境処です。しかし通常は平面上からしか、また部分的にしか見る事が出来ないで小平市の本当の良さが共有されていません。
それは一面、発想も感覚も平面になり、広がり深みが狭く、浅くなるのではとの心配があります。小平市が本来持っている借景の大きな資源を、鳥瞰図的発想から市民の皆さんに見てもらえる大きな共有財産が庁舎屋上からのライブ映像である、との考えからの質問です。...
1 今なお設置できない理由をお聞かせください
2 これまでの質問で「ライブカメラの効果的利用方法を研究はしてまいりたい」との答弁を頂いているがその後の研究はどうなっているか
3 局地豪雨は、台風などによる豪雨と異なり、積乱雲の急激な発達で起こる。強い雨が短時間に狭い範囲で降るため、道路冠水などの被害をもたらしている。気象庁や国土交通省が山頂などに設置する大型レーダーは、広範囲の観測ができるが、局地豪雨は積乱雲の発生から降り始めまでが10分~数十分と短いため、十分なデータを得にくく、正確な予測が難しいとされる。そういう局地的な激変を屋上からのライブカメラで捉え、いち早く小平市民の皆さんへ伝えることができ早期情報伝達、被害予防になると考えるがどうか
4 ライブカメラ費用対効果の課題をクリアするにはどういうことが考えられるか

ーーーーーーーーーーーーーーーー

再質問に入り
「私がなぜ屋上のライブカメラにこだわっているか」以下の独断の思いで語らせて頂きました。

⇒小平に住み始めて45年、私には小平市をまだ外から見る目が残っているからだと思います。
ずーっと住んでいる人には小平市の良さがなかなか分からない。地上の目線で部分、部分を見続けるからだと思います。
鳥瞰図的に小平市を見ることが出来ないからです。職員の皆さんも一旦庁舎に入ると外の景色の変化が分からない。時々刻々変わる外の自然、天候状態がどんなかわからない。
仕事に疲れたとき、ネット上からでも小平市の一望借景を見ることが出来れば、それによってどれだけ癒やされるかわかりません。
せっかく小平市のど真ん中に位置する7階建ての庁舎があるんですから、小平市のこの空間は他の何処にもない貴重な資源として、考えない手はないはずです。
これは大きな小平市の財産、小平市民の財産ですよ。

一年に一度でもいいから屋上を開放して素晴らしい美借景を見てもらえるくらいの考えがあってもいいのではないですか。
 改めて屋上からの美借景は 「小平市の資源的価値」、「空間財産としての価値」、「観光資源として捉えての価値」、「環境監視(ゲリラ豪雨)の価値」、「大気汚染監視の価値」、「防災的価値(3・11の時電気がつかない小平の貴重な夜景を7階から撮していた)」、「小平をいつも見守ってくれていて借景よく見える富士山が見える価値」、また「地震が起きた時その揺れの画像を見ることが出来大きさがわかりやすいと言う価値」等々、さまざまな観点からの価値を精一杯言わせて頂きました。

資料には小平市内を360度撮した画像を何枚も貼り合わせた







































































2016年 12月1日 木曜日



◎一般質問 二日目
本日は次の9人が質問に立ちます


 
 
10 磯山 亮 一問
一答
(1) 多選自粛宣言とは一体何なのか
(2) 中・長期の財政計画を作成すべき
(3) AI(人工知能)やロボットの進化にどう向き合うべきか
11 松岡 篤 一問
一答
(1) 市政運営における市長のリーダーシップとは
(2) もっと特色のある政策を行い魅力あるまちづくりをしよう
12 虻川 浩 一問
一答
(1) 高齢者の見守りのための実態把握について
(2) 再び、B型肝炎ワクチン定期接種の対象から漏れる乳幼児への任意助成の実施について
(3) 地域センター、福祉会館、なかまちテラスへの身近な市民要望について
13 日向美砂子 一問
一答
(1) 行政文書を市民の財産と捉え公文書管理条例の策定を
(2) 高齢者も家族も幸せに暮らせるまちづくりを
14 さとう悦子 一問
一答
(1) 小平市地域防災計画の進捗状況と庁内等での連携について
(2) 耐用年数を過ぎている学校給食センターの施設更新について
(3) 未利用食品の循環を小平市のなかで行うことについて
15 吉本ゆうすけ 一問
一答
(1) 市立グラウンドの管理について
(2) 市内創業者、創業希望者への支援と創業後の支援について
16 佐藤 充 一問
一答
(1) 小平市の平成29年度予算編成方針について
17 永田政弘
一問
一答

(1) AIを活用して、市民サービスの向上、自治体業務の新たな姿の小平市を目指して

(2) 防災や春夏秋冬の美借景を伝えるシンボルとして、庁舎屋上へライブカメラの設置実現を


  
18 山岸真知子 一問
一答
(1) 子どもたちの生き抜く力を育むために
(2) 不妊治療の経済的負担軽減のために一般不妊治療に助成制度を
(3) 小川駅西口地区再開発を加速化させるために









学校給食食材の放射性物質検査結果について
第56報について
給食食材の放射性物質検査を実施いたしました



http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/housha201611.pdf









































 

  2015年12月      2016年1月     2016年2月 
  平成16年3月      2016年4月     2016年5月 
  2016年6月      2016年7月    2106年8月  
 2016年9月    2016年10月   2016年11月 
 
  

















2007年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2008年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2009年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月 9月  10月  11月  12月 
2010年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2011年 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2012年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月   10月  11月  12月 
2013年  1月  2月  3月  4月 5月  6月  7月  8月   9月  10月  11月  12月 
2014年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月  11月  12月 
2015年  1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2016年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月   10月  11月  12 
データ管理不備でリンク切れあります 
 





洞爺湖と羊蹄山 2016年8月



この景色の原点

 
復興花壇 
石巻市 日和山より  語り部さんから説明を聞いています

http://nagata7.sakura.ne.jp/teamkodaira/ishinomaki110704.html

石巻コーヒーボランティア
1000人分のコーヒーとお水を持って行きました

女川FM基地




profile

ながた政弘リーフレット PDF版

     

http://lakodaira.wix.com/nagata   
http://lakodaira.wix.com/nagata#!personal/cjg9  
http://lakodaira.wix.com/nagata#!page3/cee5  

 
永田珈琲倶楽部 

永田政弘の活き活きface
 

永田政弘のミニ動画  
 
http://lakodaira.wix.com/nagata#!personal/cjg9  


日々日々更新
 
    
http://challengek.exblog.jp/19944309/
http://nagata7.sakura.ne.jp/video/IMG_1073.mov 






2014 11 25











なみだめ















http://www.youtube.com/watch?v=AwpaVwWOex4&feature=em-upload_owner


小平上空より写っ
住みよいまちになるように








あじさい公園 池



ーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーー 
 

OP
   

携帯版
マイナンバーと 
マイナンバー
社会保障・税番号
行政 
 
永田政弘議会報告
201603
永田政弘議会報告
201512 
 永田政弘の
都市経営VISION
 
 志 move
議会予定
議会予定4-6 
市行事予定201605
 小平イヴェント案内
永田政弘の日々日々活動
2017年1月
2016年12
2016年11月  
2016年10月 
2016年9月 
2016年8月 
2016年7月 
2016年6月 
2016年5月  
2016年4月 
2016年3月 
2016年2月
2016年1月  
 
2015年12月 
2015年11月 
2015年10月  
2015年9月 
2015年8月 
2015年7月  
2015年6月  
2015年5月 
 ↑これより5期目
 デジタル市報結果
 2015選挙結果
2015年5月 
2015年4月 
2015年3月
2015年2月 
2015年1月 
 
2014年12月 
2014年11月 
2014年10
2014年09月 
2014年08月 
2014年07月 
2014年06月 
2014年05月  
2014年04月 
2014年03月 
2014年02月 
2014年01月 
 
2013年12月
2013年11月  
2013年10月 
2013年09月 
2013年08月 
2013年07月
2013年06月 
2013年05月 
2013年04月 
 ↑新日々日々
 
2013年03月
2013年02月  
2013年01月 
 
2012年12月 
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
 
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
  選挙結果市報
↑これより四期目
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
 
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
 
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
 
2015年2月行事予定
 2016年3月小平市行事予定
 

永田政弘の活き活き
Facebook
永田政弘の10秒動画 
Facebook
永田珈琲倶楽部 
ホームページ
永田政弘日々日々 
ホームページ
永田珈琲倶楽部
  
Blog3093
 アーカイブス前半
 
☆小平イヴェント案内
☆個人番号カード総合

永田政弘の
プロフィール
議長就任 議会報
report2301
小平市議会
私たちの議会 
 2015議員
小平市
教育委員会
小平市を守るぐるっと
緑街道
「グリーンロード

を見渡します ↓
 
小平市民憲章推進協議会
平成26年5月23日総会

   
小平市の天気
 スポーツ祭東京2013
障害者スポーツ大会

開会式
 スポーツ祭東京2013
総合開会式
 
09年市民まつり
2010年出初め式
赤い丸ポスト市内
小平市内 アート
保存竹林
用水路 緑道
 小平の大河へ鈴木遺跡
 新堀用水&玉川上水2012 
 13年11月紅葉
 幻 さいかち窪  
 雨滴遊歩道
 
 自転車にやさしいまちプレゼンテーション
コミタク小川・栄町
小平天空 空撮
③ 
石巻ボランティア

石巻ボランティア

石巻ボランティア
 石巻花ボランティア
 アーカイブス
 ●地震後の刻々様子
 3・11
 視察
建設委員会視察小川
武蔵浦和視察
視察・名寄栗山千歳
井原市笠岡市1211
神戸福山高松1210 
守山市  
京世界一 
視察関連 
2015年7月8日から10日 
長岡市     
米沢市  
長岡動画
会津若松市 
 
石垣市・宜野湾市・南風原町
秦野市施設 
秦野市21page解説
 2010予算案
決算2017
 都庁2016
 府中メディカルプラザ  
立川市新庁舎落成
都道府県財政比較分析表
花いっぱい全国大会 
2012年の紫陽花
Rainbow 
東京都薬用植物園2014年10月
薬用植物園まとめ
 小平FM
東京都薬用植物園での
放射線量測定
放射線量等分布マップ
拡大サイト 文部科学省
議長12年3月最終日挨拶
小平商工会グリーンロードウォーキング 平成19年
小平商工会グリーンロードウォーキング平成24年
 グリーンプラザ商店会
 料飲組合案内
 2001年の出初め式発見
 市長選
市長選TV報道 youtube
政和会29年度要望
角館 武家屋敷
2013年サマー 
心にしみる短詩25年度
心にしみる短詩26年度
心にしみる短詩27年度
心にしみる短詩28年度
2014年秋グリーンロード
西東京FM出演 
雨情うたまつり2015
3分団201601 
 資料
人口ピラミッド201512
nouen museum
合同作品展
小平市アートギャラリー
丸いポスト 市内
 小平 用水・緑道・径
あじさい公園2015