.


   TOP    
100万突破



新・永田政弘 の てのひら日誌

永田政弘の記録・小平の記録





 



今日もいいことがありますように





 2015年12月    2016年1月   2016年2月 
 平成16年3月        2016年4月
 


-

先月
2016年2月
---------------------------

2016年3月小平市行事予定




次月
2016年4月







Facebook zone 

  
   

--------------------------





 

平安院 30日撮



  2016年3月31日 木水曜日  



本日の日程

◎晦日
今月も有り難うございました。

一日一日を大事に頑張ってきました









  
高橋定右衛門墓の小平市文化財指定について


標記の件につきまして、小平市指定文化財(史跡第5号)として指定されることとなりましたので、下記のとおり報告いたします。



1 市文化財指定の経緯
 小平市内における、歴史上重要な事件「御門訴事件」の証拠として唯一の史跡であることから、市指定文化財にふさわしいということで、小平市文化財保護条例第9条に基づき、平成28年2月18日に小平市教育委員会で諮問の議決が行われました。その後、2月29日の文化財保護審議会で市文化財に指定が適当である旨の答申が出されました。これを受けまして、小平市文化財保護条例第7条の規定により、去る17日に開催された小平市教育委員会で議決されました。近日中に市文化財として告示される見込みです。
なお、市民の皆様へは、市ホームページ及び4月5日号の市報でお知らせする予定です。

2 市指定文化財墓
 高橋定右衛門(文化6年(1809年)~明治3年(1870年))は、江戸時代享保期に開かれた野中新田与右衛門組の名主で、寺子屋の師匠として教育者としても信頼されていました。定右衛門は、明治2年(1869年)から明治3年(1870年)にかけて発生した、品川県の社倉制度の改悪に反対し武蔵野新田の農民が県庁へ訴願し弾圧された「御門訴事件」のリーダーの一人で、品川県は小平市域では定右衛門を事件の中心人物とみなして出頭を命じ、明治3年(1870年)1月12日には収監され、2月13日に牢死しています。
御門訴事件は、小平の農民達がかかわった近世の封建社会から近代社会への移行期に起きた民衆運動で、その後の明治10年代におこる自由民権運動の先駆けとなる社会的運動でもありました。
小平市内にはこの事件に関する碑等は残されていませんが、高橋定右衛門の没後18年を経た明治21年(1888年)に造立されたのが「高橋定右衛門墓」です。施主には24名の筆子(寺子屋の子弟)が名前を連ねており、筆子塚としての性格も有しています。

3 市文化財指定による効果等
 高橋定右衛門墓の市文化財指定後は、文化財保護法や文化財保護条例などの法令で保護する対象となり、適正に管理・保存していくことができます。市報、市ホームページ、文化財みて歩き地図等で市民の皆様への周知を図ること、及び文化財めぐりなど文化財啓発事業の中で地域資源として活用することにより、市民共有の文化的な財産として愛着を深めていくことができます。
また、所有者へは文化財公開管理奨励金を交付し、修理が必要な場合には補助金を交付することができます。

問合せ 地域振興部文化スポーツ課長 永田達也
電話 042-346-9501


















 ◎「こだいら吹奏楽フェスティバル」
5日目

小平第三中学校
 
  今回の大とり、それは全国大会金賞受賞の小平第三中学校です。

挨拶では次のように紹介されてます。

 『小平第三中学校の定期演奏会は、今年で27回を迎えました。今年度は昨年に引き続き全日本吹奏楽コンクールに出場し、念願の金賞を受賞することができました。今年度は特に1年生の部員が多く、全国大会の出場が心配されただけに、金賞受賞は嬉しい限りです。これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝しております。顧問や講師の先生方の熱心な指導はもちろん、上級生が入部したばかりの1年生に楽器演奏の基本から吹奏楽部員の心構えについて丁寧に指導することができること、そして、本校生徒に何事にも集中して取り組める雰囲気があること、保護者、地域の皆さんや卒業生など多くの方々の活動に対するご理解とご協力があることなど、様々な要素が重なり合って育まれた伝統が「三中サウンド」をつくっています。今年度もコンク一ルだけでなく、全国大会出場記念演奏会や各地区の青少年対策委員会の諸行事や祭礼での演奏会など、これまでにも増して地域の諸行事に積極的に参加...し、活動を重ねてきました。本校吹奏楽部が小平市や地域にとって親しまれる存在として迎え入れられていることは、大変有り難いことです。本日はこれまで練習してきた楽曲を吹奏楽部員一同、心を込めて演奏いたします。どうぞ伝統ある「三中サウンド」をお楽しみください。』

  三中の部員の皆さんの一挙手一投足の所作、3時間乱れずさすが日本ーの動きです。
とにかくキレ、深味、奥行き、凄いっ!
よくぞこゝまで。
鳥肌。
言葉が出ない。

 ただ練習、演奏するだけでなく動き含めた人間性の形成も同時に学んでいくんですね。

満席の場内は最後は本当に名残惜しそうでした。

・・・・これで今回の一連の演奏を連日全て聴かせて頂きました。

各学校の部員の皆さん、ありがとうございました。

 
 








気になる記事

長寿番組次々終了の報です

「大沢悠里のゆうゆうワイド」
・ラジオを代表するレジェンド番組

『大沢悠里のゆうゆうワイド』は、1986年4月7日に第1回放送がスタート。
30年の節目である2016年4月8日での番組終了とのことです。
最終回までの通算放送回数はなんと7808回を数えると。
私もすっかりこの番組のファンになりまして、聞ける時間のあるときは
聞くようになっていました。


また2015年には24年間続いた永六輔さんの番組も終了しています。

さらに先日は人気テレビ番組「シャボン玉ホリデー」の構成を手がけたほか、
ラジオ番組「日曜喫茶室」で長く司会役を務められていた はかま満緒さん が亡くなった
ばかりです。






oricon




ラジオ界は世代交代の時期に入っているのでしょうね。

























  2016年3月30日 水曜日  



本日の日程

「ルネこだいら吹奏楽フェスティバル 」

◎「こだいら吹奏楽フェスティバル 5日目」

第三中学校吹奏楽部    18時

●会合



 


 










 ◆16年度予算成立◆
過去最大96兆7218億円
 
  一般会計の歳出総額が96兆7218億円の2016年度予算が29日夕の参院本会議で、自民・公明両党などの賛成多数により可決、成立した。

 高齢化による社会保障費の増加などを受け、歳出総額は過去最大となる。
政府は予算成立を受け、景気を下支えするために執行を急ぐ方針だ。
消費の低迷を受け、今後は16年度補正予算を早期に編成するのかどうかにも注目が集まる。











2016
雨情うたまつり

今年のチラシができました
第10回目となります
今年もたくさんの人達にご来場頂きたいですね。


http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/ujyou201605.pdf
 


















小平高校
吹奏楽部



 今日の吹奏楽のまち小平の第2幕目は小平高校吹奏楽部の演奏です。
小平高校は、都大会5年連続金賞の正真正銘の実力校です。最初のイントロ。私の好きな静音からスタートしました。和の世界も。
終始迫力満点、圧巻のステージが展開されました。
今回は一般のトップ、高校生のトップ、中学生のトップと、小平市で、東京都で、日本で、とそれぞれの極みの演奏が連日なされています。小平市の皆さんにとってはこんな豪華な組み合わせは本当にあり得ない幸せなことです。私にとりましても。
この企画を実現された『ルネこだいら』『小平市教育委員会』に感謝です。...
「吹奏楽のまち こだいら」
あと一日の最終日は小平第三中です。
私も予定を返上して皆勤を目指します。



























  2016年3月29日 火曜日  



本日の日程

「ルネこだいら吹奏楽フェスティバル 」

◎「こだいら吹奏楽フェスティバル 4日目」

第四中学校吹奏楽部    15時

小平高校吹奏楽部  18時















理事会 評議員会

    私が役を受けさせて頂いてます28年度予算に向かっての各団体の理事会 評議員会が終わりました。
  今回の予算では数字は当然ですが社会福祉法人改革が大きな課題となっています。
 それぞれの法人会の膨大な細かな予算は責任ある事業を遂行していくには重要な数字となりますが、利用者の方々の受益のためにより良いサービス支援を目指し、職員の皆さん、理事会、評議員の皆さん、ボランティアの皆さん、各関係者の皆さん等の連携の力で継続されなければなりません。
























28日開催

 





 






動画

28日 午後10時頃小平上空
夜桜ライトアップと稲光

http://www.youtube.com/watch?v=Vvlu2Rmhy70&feature=em-upload_owner













  2016年3月28日 月曜日  



26day ajisai koue



本日の日程

「ルネこだいら吹奏楽フェスティバル 」

◎「こだいら吹奏楽フェスティバル 3日目」

第一中学校吹奏楽部    14時半

小平南高校吹奏楽部  18時


◎なごみ総会










27日開催

第六中学校吹奏楽










小平西高等学校吹奏楽部



























  2016年3月27日 日曜日  



26day ajisai kouen


本日の日程

「ルネこだいら吹奏楽フェスティバル 」

◎吹奏楽こだいら 第二日

第六中学校吹奏楽部

小平西高等学校吹奏楽部

◎国際交流協会創立25周年記念式典













吹奏楽のまち こだいら
第二弾 本日

 



26日開催

シエナ ウインド オーケストラ











































  2016年3月26日 土曜日  



25day



本日の日程

◎リズム工房花見会

◎吹奏楽 シエナ・ウインド オーケストラ

◎小平市舞踊連盟総会

○北海道新幹線開通

 
○夜の冷え込み 冷え戻りです
ご自愛下さいませ








卒業式






吹奏楽のまち こだいら




























  2016年3月25日 金曜日  



本日の日程

◎市内小学校卒業式

◎雨情うたまつり実行委員会

◎会合





気になる記事
nikkeiweb
超大企業が こんなことになるんですね

 三菱商事、税引き後赤字1500億
…発足以来初
 

  三菱商事は24日、2016年3月期連結決算(国際会計基準)の税引き後利益が1500億円の赤字(前期は4005億円の黒字)になる見通しだと発表した。

  1954年に現在の三菱商事が発足して以来、初めて税引き後利益が赤字となる。海外での銅の開発事業などで計約4300億円の損失を計上するためだ。三井物産も初めて税引き後利益が赤字に転落する見通しで、中国など新興国経済の成長期待に支えられてきた資源価格の低迷が、大手商社の経営を揺さぶっている。

 三菱商事の損失のうち2800億円は、11年に約54億ドル(当時の金額で約4200億円)を出資したチリの銅鉱山開発事業で計上する。電線やケーブルなどに使われる銅は、世界の工場ともされる中国の需要が落ち込み、国際的な取引価格の下落傾向が続いている。中国経済の先行き不透明感は、なお強く、資源価格が大幅に反転して上昇する見通しは薄い。このため、投資に見合った利益が得られないと判断し、資産価値を見直した。









あじさい公園 用水路掃除後です

きれいになり魚も一斉に泳ぎ回っていました



写真では見えませんが小さな魚が一杯なんです

















24日のさくらライトアップ
満月のあかりも応援です
この冷え込みで満開までもう少し

































2016年3月24日 木曜日  



23日 写


本日の日程

◎入社式



◎3月議会が終わりました
本会議最終日は会議中のいろいろな審議が
行われての結果が本会議場で粛々と進められていきます。
今回の3月議会もその過程を経て最終日を迎えました。
結果は昨日速報でアップしました結果の通りです。

 




23day
あじさい公園 さくら ライトアップ
さくらのライトアップ
長年の夢でありましたグリーンロードの桜並木のライトアップ。
今年、ようやく行政の協力、商工会支部の支援で取りあえず
さくら 旬 のライトアップが実現します。
満開までは間もなくですが大変楽しみな試みとなります。




3月23日 午後10時の現場からお送りします

















































 





2016年3月23日 水曜日  


最終日議会終わりました
赤字結果は閉会後アップしました
午後5時10分

(詳細は事務局に確認くださいませ。)



本日の日程
◎3月定例会最終日
以下の日程です

 
 平成28年3月定例会最終日の会議内容
平成28年3月23日 水曜日 午前9時から 議場
 

議事日程

第1  諸報告

第2  議案第1号 平成27年度小平市一般会計補正予算(第3号)
⇒可決 全会一致

第3  議案第2号 平成27年度小平市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
⇒可決 全会一致

第4  議案第3号 平成27年度小平市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
⇒可決 全会一致

第5  議案第4号 平成27年度小平市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
⇒可決 全会一致

第6  議案第11号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備等に関する条例
⇒可決 全会一致

第7  議案第12号 小平市行政不服審査会条例
⇒可決 全会一致

第8  議案第14号 小平市税条例の一部を改正する条例
⇒可決 全会一致

第9  議案第15号 小平市国民健康保険条例等の一部を改正する条例
可決 多数決   

第10 議案第16号 小平市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例
⇒可決 全会一致

第11 議案第17号 小平市下水道条例の一部を改正する条例
⇒可決 全会一致

第12 議案第19号 昭和病院企業団規約の変更について
⇒可決 全会一致

第13 議案第20号 昭和病院企業団脱退に伴う財産処分について
⇒可決
 全会一致

第14 議案第21号 小平市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
⇒可決
 全会一致     退席者一人

第15 議案第5号 平成28年度小平市一般会計予算
⇒可決 多数決    

第16 議案第6号 平成28年度小平市国民健康保険事業特別会計予算
⇒可決 多数決  

第17 議案第7号 平成28年度小平市後期高齢者医療特別会計予算
⇒可決 全会一致

第18 議案第8号 平成28年度小平市介護保険事業特別会計予算
⇒可決 全会一致

第19 議案第9号 平成28年度小平市下水道事業特別会計予算
⇒可決 全会一致

第20 請願第5号 東京都認証保育所利用者の負担軽減や子ども・子育て支援新制度の小規模保育所、認可保育所へのスムーズな移行について
⇒採択 全会一致

第21 議員提出議案第13号 原発事故避難者への支援の継続を求める意見書提出について
 ⇒生活文教委員会付託

第22 常任委員会の閉会中継続調査の申し出について

第23 議員の派遣について

 













『小平3・4・23号国立駅大和線開通式典』
22日













白バイ パトカー 電気自動車 もパレード




22日付け





1 女性が働くこと

2 なぜ働くの?

3 働くときに大切なこと

4 働くために今できること

 
 『なぜ働くの?』
本日午前中は以下の日程で勉強して参りました。

 小平市立第3中学校第1学年(働くことの意義)と題して東京都社会保険労務士会の皆さんが出席、体育館で様々な内容で実のある講演をなさいました。
この授業は身近な人に職業インタビューをしたり、その道のプロの方から仕事について教えていただいたりする中で、その仕事の意義や、やりがい、苦労、そしてその職に着くまでに辿る道のりを学ぶものです。...
私も後ろの席で聞かせていただきました。
職場体験では私のお店にも生徒が来ました。その時に私の体験を踏まえて楽しい職業の世界をお話ししました。

今の時期にこうやって実社会の体験談を聞くことはとてもいいですね。

 




















個人消費のこの落ち込みは良くない
これで10%になったら・・・・どうなる?
こんな数字が出てるとはこれまで知りませんでした


22日 TV より 









kodaira now



 2016年 

3月22日 (火曜日)

◎学校教育社保労参観

◎小平3・4・23号線 開通式・交通開放
12小通り

小平市小川町一丁目および上水新町一丁目地区内の都市計画道路(小平3・4・23号国立駅大和線)の整備完成に伴い、開通式・交通開放を行います。
●午後2時~2時30分
●ところ 百石橋

http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/gyouji201603.pdf








あじさい公園 用水路掃除のお知らせ第二弾です
前回第一回目の掃除を担当課職員の皆さん総出でやって頂きました
今回は残り半分がその場所となります。
御苦労様です

















災 害 時 の 情報伝達
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/bousai2016.pdf

続き⇒◎









吹奏楽の町 こだいら

今週からいよいよ本番スタートです!


























鳥 びっしり  天神町  20日撮
周囲の電線にも夥しい数の群れ
このあと間もなくどこかに飛んでいくそうです






 2016年 

3月21日 (月曜日)

◎振り替え休日


http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/gyouji201603.pdf









 









































 

平成28年3月19日 小平駅南口ロータリー




 2016年 

3月20日 (日曜日)

◎春分の日


http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/gyouji201603.pdf






 「快適、速い、便利」
通常も西武新宿線要の小平駅
『小平駅』停車実現へ動くべき、そう思いました。


 
 


動画アップ
見づらいですがご容赦下さいませ

永田政弘 小平駅 小江戸停車 御彼岸中
http://www.youtube.com/watch?v=p6LN7zReLJI・・・




































 2016年 

3月19日 (土曜日)

◎準備会


http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/gyouji201603.pdf








 
第六中学校卒業式
卒業おめでとうございます。
 
最後に

第44回卒業生 別れのことば

始まり・学び・共に歩いて



『道』

試練・自分との戦い

目標を高く掲げて

家族へ

先生方へ

在校生へ

友達へ

未来に向かって

『旅立ちの日に』 












2016年4月小平市行事予定表
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/gyouji201604.pdf










































あじさい公園 17日



 2016年 

3月18日 (金曜日)

◎小平市内中学校卒業式


http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/gyouji201603.pdf




気になる記事
fujitsu


京のことになりますとどうしても気になりますね
やはり世界一でないとだめです
京世界一 以前の視察


「京」




 
 

未来への扉を開くスーパーコンピュータ

豊かな社会の実現、よりよい未来のために、私たち人類は科学技術によって様々な課題の解決に取り組んできました。現在も地球環境や宇宙開発、医療などの分野で、科学技術による挑戦が進められています。人類が限界に挑戦し、未来への扉を開くための大きな力となるのが「スーパーコンピュータ」です。

これは、科学技術計算を主な目的とするコンピュータで、「とてつもなく高い計算処理能力を持つ」のが特長です。一般的なコンピュータでは解くことが困難な大規模で高度な計算を、短時間で処理することができるのです。

スーパーコンピュータが得意とする計算の一つが「コンピュータシミュレーション」。例えば、「地球規模での気候変動を解析する」「高温となる地球内部の構造を分析する」「宇宙創造の過程を探る」など、「規模が大きすぎる」「危険を伴う」「地球上ではできない」などといった理由で、今まで知ることが難しかった状況を、膨大な計算結果をもとにコンピュータ上に忠実に再現できます。これによって、極めて複雑な現象でも、詳細に検証することが可能となるのです。

スーパーコンピュータの発展により、日本の産業技術は新しいステージに乗り出していくことが期待されています。

地球上の全人口で17日間かかる計算をたった1秒で

富士通は、文部科学省が推進する「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築」計画のもと、理化学研究所と共同でスーパーコンピュータ「京(けい)」を開発、2012年6月に完成しました。

「京」の計算能力は非常に高く、1秒間に「10ペタ(10の16乗)=1京回」(10ペタフロップス)の計算が可能です。これは、地球上の全人口(70億人)が電卓を持って集まり、全員が24時間不眠不休で1秒間に1回のペースで計算を続け、約17日間かけてようやく終わるほどの計算です。「京」はこれをたった1秒でやってのけてしまうという、とてつもなく速い計算能力を持っています。

「京」がビッグデータ処理で再び世界第1位に

その「京」が2015年7月14日、ビッグデータ処理(大規模グラフ解析)に関するスーパーコンピュータの国際的な性能ランキングである「Graph500」において、世界第1位を再び獲得しました。

これは、理化学研究所、東京工業大学、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン、九州大学、富士通による国際共同研究グループによる成果です。「京」がGraph500で第1位となるのは、2014年6月以来のこと。大規模グラフ解析の性能は、大規模かつ複雑なデータ処理が求められるビッグデータの解析において重要です。今回、「京」が第1位を獲得したことで、ビッグデータ解析に関する高い能力があることが世界的に実証されました。

IoT(Internet of Things)は、2020年には、世界で年間約200兆円の新規市場を創出すると言われています。しかし、現場で発生する大量のデータはほとんど活用されていないのが現状です。これらのビッグデータを、スーパーコンピュータを用いることで、より速く、大規模に解析することができます。

ビッグデータを解析することにより、様々な未来が考えられます。例えば、ゲノム解析によって患者の命を救ったり、投薬効果を精密に予測するなど、効果的な医療につなげることができるかもしれません。産業の分野においては、全く異なる文化・慣習を持つ異業種同士が手を結ぶなど、新しい事業形態の出現も考えられます。その他にも、世界中の都市交通課題を解決したり、流通・地域・消費者をバリューチェーンで結ぶなど、ビッグデータ解析は、あらゆる業種において大きな可能性を秘めているのです。

私たちが直面している数多くの課題の解決には、世界中の英知を結集し、様々な分野において最先端の研究を加速することが不可欠です。今、スーパーコンピュータによって、様々なイノベーションへの扉が開かれようとしています。富士通は、スーパーコンピュータの開発を通じて、人と地球の豊かな未来の実現に挑戦し続けます。




気になる記事
nikkeiweb

  アルツハイマーで忘れた記憶取り戻す
 理研、マウスで成功


 認知症の一種、アルツハイマー病の初期に失われた記憶を脳の神経細胞を働かせて取り戻すことにマウスで成功したと、理化学研究所の利根川進・脳科学総合研究センター長らのチームが英科学誌の電子版に発表した。

 アルツハイマー病の初期症状の「物忘れ」が生じる仕組みの解明につながる成果。利根川氏は「患者は記憶を正しく形成できないのではなく、思い出せないだけかもしれない」と話している。

 チームは人の若年性アルツハイマー病の家系で見つかった遺伝子の変異をマウスに組み込み、物忘れの症状があるマウスをつくった。箱に入れ、電気刺激を与えて恐怖を体験させ、そのとき働いた脳の神経細胞に目印を付けた。

 マウスは1日後には恐怖を忘れていた。さらに1日後、別の箱に入れ、脳に光を当てて目印の神経細胞を働かせた結果、電気刺激はないのにすくんで動かなくなった。恐怖の記憶は失われずに保存されており、神経細胞の働きでよみがえったとチームは判断した。

 一度忘れた後でも、繰り返し光を当てて、この神経細胞を働かせ続けると、2日たっても箱に入れると体をすくませた。神経細胞の働きに
よって神経回路のつながりが強まり、記憶を思い出しやすくなったとみられる。〔共同〕


 
 小川町一丁目および上水新町一丁目地区内の都市計画道路の整備の完成に伴い、3/22(火)午後2時から百石橋(小平西高校南東)で、開通式・交通開放を行います。 開通式終了後、一般車両の通行が可能になります。 お問い合わせは、道路課まで 電話042-346-9828






議会運営委員会が終了しました
3月定例会の最終日日程が決まりましたのでアップします。
尚、正確には事務局へお尋ね下さいませ
午後3時発信

 平成28年3月 小平市議会定例会最終日日程

平成28年3.月23日(水)午前9時開議
 
 

第1 諸報告

第2 議案第1号  
 平成27年度小平市一般会計補正予算(第3号)

第3 議案第2号 
 平成27年度小平市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

第4 議案第3号 
 平成27年度小平市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

第5 議案第4号
 平成27年度小平市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

第6 議案第11号
 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備等に関する条例

第7 議案第12号
 小平市行政不服審査会条例

第8 議案第14号
 小平市税条例の一部を改正する条例

第9  議案第15号
 小平市国民健康保険条例等の一部を改正する条例

第10  議案第16号
 小平市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例

第11 議案第17号
 小平市下水道条例の一部を改正する条例

第12 議案第19号
 昭和病院企業団規約の変更について

第13 議案第20号
 昭和病院企業団脱退に伴う財産処分について

第14 議案第21号
 小平市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

第15 議案第5号
 平成28年度小平市一般会計予算

第16 議案第6号
 平成28年度小平市国民健康保険事業特別会計予算

第17 議案第7号
 平成28年度小平市後期高齢者医療特別会計予算

第18 議案第8号
 平成28年度小平市介護保険事業特別会計予算

第19 議案第9号
 平成28年度小平市下水道事業特別会計予算

第20 請願第5号
 東京都認証保育所利用者の負担軽減や子ども・子育て支援新制度の小規模保育所、認可保育所へのスムーズな移行について

第21 議員提出議案 第13号
 原発事故避難者への支援の継続を求める意見書提出について

第22 常任委員会の閉会中継続調査の申し出について

第23 議員の派遣について





間もなく完成です


17日











こぶし満開 16日撮  大きくなりました
昨年の今頃もそうですが、17年前一番きつい時にこの脇を通る度に元気づけられました
毎年感謝



 2016年 

3月17 (木曜日)

◎議会運営委員会

◎会合


http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/gyouji201603.pdf
 
3月議会最終日の日程が決まります










小平市開発事業における手続き及び基準等
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/20160316toshi.pdf















気になる記事
日刊現代

日々日々のネット上の進化は目を見張るもの多々ですね

 
4月から「日本初の遠隔診療アプリ」がスタート
「ポケットドクター」

 

近い将来、風邪などの軽い病気はどこにいても簡単に医師に診察してもらえるようになるかもしれない。

「いつでもどこでも24時間、医師につながる」をウリにする新サービスが4月からスタートする。その名も「ポケットドクター」。スマートフォンやタブレットを用いた国内初の「遠隔診療アプリ」で、診療や医療相談を行う。医師が十二分に把握できなかった患者の症状を、モバイル端末のカメラやウエアラブル機能を使って把握することが可能だという。

 医師がいない離島や過疎地遠隔地はもちろん、都心の急患にも対応できる。


■3つの新サービス

 このシステムを運用するのは医師と医療機関をつないだり、医療情報を発信するMRT㈱。同社の馬場稔正社長が言う。

「新サービスは、『かかりつけ医診療』『予約相談』『今すぐ相談』の3つからなります。

『かかりつけ医診療』は患者さんが初診を受けた医療機関に電話で再診される際、患者さん側からスマホで患部などの画像を送ることで、正確な診察に役立てようとするものです。利用は無料です」

「予約相談」は、「ポケットドクター」に登録している全国の専門医を相談者がウェブサイトで選び、時間も指定して健康相談ができるというもの。セカンドオピニオンとして活用することもできて、料金は5分間1500円だという。

「今すぐ相談」は、深夜の急な体調異変などの時、24時間年中無休で医師にスマホで相談できる。ただし、医師の指定はできない。料金は月額500円からだ。

「いずれのサービスもアプリからあらかじめ相談したい内容などを入力し、相談します。医師は医療機関以外の場所でも診療できるため、産休中や育休中の女性医師や高齢のベテラン医師が自宅で応対することも可能になります。医師不足対策にも貢献でき、医療過疎地域の人たちにも少しでもお役に立てるかと思っています」(馬場社長)

 同社は2019年までに、国内の全医療機関の10%に当たる1万施設以上の医療機関に利用してもらうことを目指している。













 





































 2016年 

3月16日 (水曜日)

◎幹事長会議

◎例会

◎会合


http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/gyouji201603.pdf


午後2時発信

  幹事長会議終了しました
 
    3月議会 最終日に向かっての会議です

報告事項が10件あります
 1 「例月現金 出納検査の結果について」

 2 「小平市人口ビジョン、及び小平市まち・ひと・しごと創世総合戦略について」

 3 「仮称 小平市公共施設等 総合管理計画の策定の基本方針、
及び仮称小平市公共施設適正配置実施計画の策定の基本方針について」

 4 「小平市特定事業主行動計画 HAPPYこだいら女性活躍編について」

 5 「小平市国民保護計画の変更について」

 6 「高橋定右衞門墓の小平市文化財指定について」

 7 「第二次小平市のスポーツ振興の基本方針の策定方針について」

 8 「小平市開発事業における手続き、及び基準等に関する条例案に
かかるパブリックコメントの実施について」

 9 「小平市交通安全計画の策定の基本方針について」

 10 「小平市特別支援教育総合推進計画後期計画について」









 2016年 

3月16日 (水曜日)

◎幹事長会議

◎例会

◎会合








 






平成28年度人事異動
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/jinji201603.pdf
続く ⇒ ◎






シルバーのための相談所

毎週火曜ひらいています








































 
市役所 南庭


 2016年 

3月15日 (火曜日)

◎小平駅前町会集会所
シルバーのための相談所

◎会合


 
◎深夜の小平天空冷たい雨を落としています






シルバーのための相談所
本日開けています
どうぞお出かけくださいませ













Grutto Plus[ぐるっとプラス]  【西武沿線で100体験】

https://grutto-plus.com/experience/023/















19万人突破!
小平市人口







































 
市役所南庭
見る度に感じる「おもい」が違います
13日 撮
 





 2016年 

3月14日 (月曜日)

◎報告会



 
◎まだまだ三寒四温続きますね
身体が追いついていきません。










喫煙パーティション
カラー版です

「駅前の喫煙パーティションの設置について」画像補足します。
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/160310kitu.pdf

 工事日程は3月14日から順次工事を始め3月末までに
4駅全てに設置完了するとのことです。










◎第38回 小平クラブ
第18回 ウイングスジュニア
歓送迎会


 毎回、私の小学、中学、高校の時代に毎日毎日、野球、野球で
明け暮れていた時のことを思い出しながら挨拶させて頂いています。
 私に野球の時代、世界がなかったら今の自分がないとも思ってますので、野球少年、少女には今の時代の積み重ねが将来必ずいきてくるはずですから大事にして欲しいと願っています。










気になる記事
nikkeiweb

パソコンとスマホの関連で興味深い記事です
なるほどなぁ と思いました

 スマホ世代のPC知らず
スキル低下、職場で波紋
 
 
 若者はパソコンが苦手――。大学や企業でこんな声が聞かれるようになってきた。スマートフォン(スマホ)の普及が若者のIT(情報技術)スキルに影響を与えているようだ。

■「スマホで十分」
 国の学習指導要領では
2002年以降に中高で情報教育が本格導入された。
しかし授業数も少なく、あまり身についていない人は多いようだ。

  今の10~20代はスマホで最初にネットに触れる「スマホネーティブ」世代とも呼ばれる。
総務省が15年に実施した調査では、最も利用頻度の高い情報通信端末としてスマホを挙げた人は、20代以下では59.9%に達している。

  一方でパソコン利用頻度は低下。東京大学の橋元良明教授による15年の調査で、ネットをする際に「モバイル端末(スマホか携帯)だけ」を利用する人は10代で33.6%、20代で30.1%もいた。
「若者はスマホで多くの用が足りてしまうため」とみている。

■新たな格差も
 
 若者のパソコン技能の低下には「慣れていないだけ。
教えればすぐに覚える」と楽観視する声も多い。ただ東大の橋元教授は「研修などの機会を得られない若者との間で、新たな格差が生まれる可能性がある」と警鐘を鳴らす。
従来はデジタルデバイドといえば中高年の問題だったが、今後は若年層の内部で顕在化してくるかもしれないという。


 
 若者のパソコン離れ、
「新たなデジタルデバイドに」
 
 

――若者世代の情報行動の変化について、どう分析していますか。

 「私たちは1995年から5年おきに2015年まで、全国の13~69歳(95年のみ13~59歳)の男女を対象に情報行動の大規模調査を続けてきた。結果をみると、近年はとくに10~20代でスマホなどのモバイル端末を通じたインターネットの利用時間が大きく増えている。用途はソーシャルメディアが圧倒的に多い」

 「2010年を過ぎたあたりからスマホの使い勝手が非常に良くなり、11年には若者に人気の無料対話アプリ『LINE』がサービスを開始したことも影響しているだろう。
20代ではまだパソコンを利用する時間も一定量あるが、とくに10代でのパソコン離れが著しい。
パソコンは立ち上げるのに時間がかかるうえに重くてかさばり、価格も高額だ。多くの若者にとってほとんどの用途はスマホだけで足りてしまうので、あえてパソコンを持つ必要がなくなっている」


































































2016 03 12 撮


 2016年 

3月13日 (日曜日)

◎小平クラブ
ウイングスジュニア
歓送迎会

◎会合



 


 
















NHK 放映されました『風の電話』
ネーミングも素敵なのですが
その発想が 「ひと目見た途端」 鳥肌が立ちました。

電話線の先はありませんが、とんでもない、
ずーっと何処までも繋がっています


紹介文

 「東日本大震災で1200人余の命が失われた岩手県大槌(おおつち)町の海を望む高台に、電話線がつながっていない電話ボックスがあります。」

それは会えない相手に想いを伝える「風の電話」。


 テレビ画面を撮させてもらいました
 
 
 
 
 
















平成28年度

ルネフォトコンテスト
































 2016年 

3月12日 (土曜日

◎珈好琲会

◎会合



 





]






忘れない 3・11展























食材の放射性物質検査
市内保育園 平成28年2月
 
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/kyushoku20160302.pdf
















気になる記事
nikkeiweb

ワードクラウド






 
 













































 2016年 

3月11日 (金曜日

黙祷
3・11 5年目

改めて当日からの様子を振り返ってみます

地震発生後午後3時過ぎから議長室より
発信を始めました

その後の毎日は計画停電をお知らせ
するのが大きな活動となりました










小平市の第一報です






3月11日東日本大地震五年目を迎えました

以下振り返って一コマ一コマ記憶が鮮明に甦ってきます
そして今年も。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年も、メディアでは繰り返しさまざまな当時の情報が流されています
私も振り返って
5年前の3・11日の私のホームページです

今振り返っても議長職も含め、当時の必死の発信状況が目に浮かびます。
私なりに一生懸命頑張ってました

3月1日~12日
http://nagata7.sakura.ne.jp/gityou/hibihibi1103/hibihibi110312.html

3月13日~22日
http://nagata7.sakura.ne.jp/gityou/hibihibi1103/hibihibi110322.html

3月23日~31日
http://nagata7.sakura.ne.jp/gityou/hibihibi1103/hibihibi1103.html


当時の緊迫した様子が
永田政弘のツイッター
議長室から発信し続けました

 

・・・・・・・・
小平@永田 @masahiro_nagata
・ 2011年3月11日


 尚携帯電話通じません。
インターネットの世界がフル回転しているようです。


小平@永田 @masahiro_nagata
・ 2011年3月11日
なんとM8.8と修正されました。


小平@永田 @masahiro_nagata
・ 2011年3月11日
午後10時現在 携帯電話も普通電話もつながりません。
今の時間では、安否確認や情報共有はインターネットが頼りになっているようです。 しかし大変な状況になっているようです。


小平@永田 @masahiro_nagata
・ 2011年3月11日
発生
宮城県栗原市で震度7 
マグニチュードは8.4
小平市は震度5弱
午後15時15分小平市より防災緊急情報が入りました

 アーカイブス
 ●地震後の刻々様子

以下再掲です

2011年 311日 (土曜日)
  午前0時過ぎましたがさらに現場の甚大な被害の状況が刻々伝わってきます。日本でこんなことがあるのが信じられない。
小平市の防災課からも登録されたメールに情報が刻々送られてきますが、待機をしながら頑張っているんでしょうね。ご苦労様です。


あっとまた余震です。
 
私は途中から(携帯電話も普通電話もメールも繋がらないため)
以下のインターネット経由の

切り替えて更新してます
http://twitter.com/#!/masahiro_nagata
 
   ここの文章は下↓からが時間経過です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小平市は 午後3時40分 グループ3が本日の停電に入りました。これから無線ランでの通信、更新となります http://nagata7.sakura.ne.jp/gityou/hibihibi1103/hibihibi1103.html

3月19日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
小平市で実施が予定される第3グループで、3月20日に午前6時20分から午前10時00分及び午後1時50分から午後5時30分に予定されていた計画停電は回避(中止)となりました。

3月17日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
現在も停電中 午後6時30分ろうそくのあかりで更新中やみの中はいろいろな考えが巡ってきます。 おっ 今電気が点きました。 ありがたい、ですね。この時は一生忘れてはならない、そう思います。アップ時刻32分

3月17日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
目下停電中

3月17日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
「地域の方々の安全・安心のために出来る限りの対応を行いながら今後とも正確な情報の把握と発信に努めてまいります。 市民の皆様には、私たちが直面している状況をご理解の上、冷静な対応と地域での助け合いを切にお願い申し上げます。」 との市長メッセージがホームページにアップされました。

3月16日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
8時45分点灯 有難さ身に染みる

3月16日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
携帯電話繋がりました。

3月16日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
携帯繋がらなくなった

3月16日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
先ほど下記のお知らせが届きまして美園町一丁目は7時現在電気消えてます。無線ランでのネットアップです。「計画停電について(第15報)小平市の第3グループの地域で本日の午後6時20分から午後10時00分の間で予定されていた計画停電が実施されます。皆様は停電に備えてください。

3月15日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
東京電力から3月18日までの計画停電の発表がありました。詳しくは小平市のホームページからどうぞ http://www.city.kodaira.tokyo.jp/emergency/019/019665.html

3月15日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
計画停電について(第9報)ですhttp://www.city.kodaira.tokyo.jp/emergency/019/019659.html

3月15日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
訂正の報です美園町2丁目と3丁目が第1グループに、大沼町1丁目の一部(区域不明)が第3グループに、花小金井南町1丁目は全域が第3グループに、花小金井1丁目は全域が第1グループに、それぞれ訂正との報です 10時3分

3月15日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
小平市の(第3グループ)午前6時20分から午前10時00分の停電は回避されました。

3月14日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
本日(3月14日)に小平市で予定されていました計画停電は回避されました

3月14日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
福島第1原発3号機で水素爆発の報です。 東京電力福島事務所によると、福島第1原子力発電所3号機で2回爆発音があったと確認。1号機と同じ水素爆発とみられる。

3月14日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
今余震発生 東京電力は14日午前、東日本巨大地震に伴い順番に電力供給を止める計画停電(輪番停電)について、東京都武蔵野市など第1グループとする地域では実施しないと発表した。 日経より

3月14日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
計画停電、第2グループも当面見送り

3月14日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
計画停電が簡略化されています http://www.city.kodaira.tokyo.jp/emergency/019/019605.html

3月14日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
これまでにお知らせした3月14日の計画停電の予定に再度変更がありました。予定されていた停電時間のうち、グループ分けが簡略化されました。

3月14日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
朝から慌しい打ち合わせが続いています。

3月14日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
今日はこれで発信終わります

3月14日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
3月14日(月)の西武鉄道では、東京電力計画停電への対応のため、一部区間を除き終日運休です。3月14日(月)に運行する区間 ※終日・本数を減らした特別なダイヤで運転(10分間隔程度)西武新宿線西武新宿~鷺ノ宮

3月14日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
計画停電の内容が小平市より発表されました→ http://www.city.kodaira.tokyo.jp/emergency/019/019579.html

3月13日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
東京電力は東北地方太平洋沖合地震を受けて14日から実施する計画停電の概要を明らかにした。これによると、管内を5ブロックに分けて午前6時20分から午後10時までの間に3時間ずつ断続的に停電する。小平市の詳細はホームページ混雑でまだ発表をみることができません。

3月13日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
「計画停電」の件  明日からやることはわかっていますが、どちらのグループなのかはっきりしません。いずれにしても現在さまざまなところでの展開、急です。

3月13日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
小平市の「計画停電について」小平市においても3月14日に計画停電が実施されます。小平市における計画停電の時間などは、現在確認中で「判明し次第小平市のホームページお知らせします」とのことです。

3月13日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
 気象庁は13日、東日本大震災のマグニチュード(M)を世界観測史上最大級の9・0に修正。これまではM8・8としていた。被害は深刻さを増しています。

3月13日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
それにともない一般道の車の渋滞もあり、まわり道を捜しながらの行動となっています。 ipadでの途中アップも同時に

3月13日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
朝から市内、市外をまわっていますがガソリンスタンドへの車が長蛇の列です。

3月13日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
大きな被害を受けた宮城県南三陸町の町役場によると、12日午後3時現在で住民約1万8千人のうち9千人の所在がわからないという。また岩手県大槌町の加藤宏暉町長との連絡が11日の津波のあとからつかなくなり町長など担当の職員が津波に巻き込まれたという情報もあるということです。ほんとうに

3月12日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
また余震

3月12日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
宮城 南三陸町 1万人の安否不明の報 信じられない情報が次々と報じられています

3月12日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
福島第1原発、20キロ退避に拡大東京電力福島第1原発1号機で、12日午後3時36分ごろ、爆発音とともに白煙が上がった。

3月12日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
広範囲で停電の恐れ 東電、節電呼び掛け  東京電力によると、今回の地震で、関東地方全域と山梨・静岡県の一部で12日夕時点で電力の想定需要が供給力を上回る恐れが出ている。広範囲で停電が起きる可能性があり、企業や家庭に「電気の使用を極力控えてほしい」と訴えている。

3月12日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
お気に入り解除お気に入りに登録 · 閉じる 開く 詳細 鉄道の運行再開について地震の影響で、上下線で運転を見合わせていたJR武蔵野線が、運行を再開しました。なお、西武鉄道は全線で運行を再開しています。

3月12日 小平@永田 ‏ @masahiro_nagata
小平市ホームページの情報はこちらからhttp://www.city.kodaira.tokyo.jp/emergency/019/019559.html


masahiro_nagata 小平@永田
小平市の状況について 
その2・■災害対策本部:設置なし(震度が本部設置の基準に達していない)
■その他:市立小学校については原則として全校で児童の下校に当たり保護者の引き取りを求めています(この件について午後5時に同報無線で放送)。市立保育園では保護者の引き取りの遅れに対応します。

masahiro_nagata 小平@永田
先の地震に係る小平市の被災状況について 
その1・先の地震は、小平市での震度は最大5弱を観測しました。この地震による被害状況について本日午後5時現在の主な現状をお知らせいたします。
■人的被害:報告なし 
■物的被害:ブロック塀の倒壊、屋根瓦の落下など複数件の報告あり。

masahiro_nagata 小平@永田
小平市防災情報 「帰宅困難者対策について」」帰宅困難な方たちにご利用いただくため以下の施設での受け入れを決定しました。○小平市立小平第六小学校 都立高校については全校で一時収容するとの情報を得ています。【小平市内の都立高校】・小平高等学校・小平南高等学校・小平西高等学校
11分前 お気に入り 返信 »

12000人の帰宅難民の報
31分前 お気に入り 返信 »

masahiro_nagata 小平@永田
気仙沼市の上空からの映像が映されています。
33分前 お気に入り 返信 »

ただいま西武新宿線運転再開の報
56分前 お気に入り 返信 »

ツイッターでは交通情報、津波情報、安否確認の方法などが多数のユーザー間で共有されていった。通信各社が開設した災害伝言板へのアクセス方法がリツイートという転送機能で広まり、グーグルが午後5時すぎに開設した安否確認サービスへのリンクもツイッターを通じて存在が伝わった。 記事より
59分前 お気に入り 返信 »

大自然の恐ろしささらに映像でもたらされています
1時間前 お気に入り 返信 »

西武新宿線も遅い時間まで動かず小平駅は人でいっぱいでした。タクシー待ち、バス待ちは長蛇の列が続きました。
1時間前 お気に入り 返信 »

今日の地震時は七階の議会にいまして、これまで経験した事の無い衝撃を受けました。揺れも庁内では一番ゆれていたものと思われます。議員控え室の棚からもものが落ちてたりしました。
1時間前 お気に入り 返信 削除 »

いざとなった時の通信する手段をしっかり考えておくべきですね。尚携帯電話通じません。インターネットの世界がフル回転しているようです。
1時間前 お気に入り 返信 »

なんとM8.8と修正されました。
1時間前 お気に入り 返信 »

午後10時現在 携帯電話も普通電話もつながりません。 今の時間では、安否確認や情報共有はインターネットが頼りになっているようです。 しかし大変な状況になっているようです。
1時間前 お気に入り 返信 »

発生宮城県栗原市で震度7 マグニチュードは8.4 小平市は震度5弱午後15時15分小平市より防災緊急情報が入りました

   ここから上へ時間が経過していきます





2011年
11日 (金曜日)
 

小平市高齢クラブ連合会がルネこだいらで
開催されていました


・建設委員会
・小平市高齢クラブ連合会 春の芸能まつり
 




発生
宮城県栗原市で震度 
マグニチュードは
8.4


小平市は震度5弱

午後15時15分小平市より防災緊急情報が入りました



  午後2時54分ごろ、牡鹿半島東南東の三陸沖(北緯38.0度、東経142.9度)でマグニチュード(M)8.4の地震が発生、宮城県栗原市築館で震度7を観測した。震源の深さは約10キロ。その後も震度5クラスの強い余震が続いている。
 
テレビ画面より撮影しましたが、当時何が起こっているのか理解出来てませんでした 
 




事務局と連絡をとりながら
小平駅周辺をはじめ市内を半分ほど巡回しましたが
午後5時現在事故等については表面上は起こっていない状況です。
消防団の車もさっそく見回っています。



まだ余震が続いていますので十分ご注意頂きたいと思います。
この項5時半発信



携帯電話同士ではつながらない状態が続いています





午後10時現在

携帯電話も普通電話もつながりません。
今の時間では、安否確認や情報共有はインターネットが頼りに
なっているようです。
しかし現状は大変な状況になっているようです。





これからに切り替えて
更新します

http://twitter.com/#!/masahiro_nagata








--------


10日の朝



過去の記事

小平市が停電になった夜の一景です
手前の真っ暗が小平市内
こうならないように各自の減の目標を掲げる事出来ないかなぁ





すぐに街頭に立ちました





電気が点く点かないが毎日の発信でした
















その後の現地活動


この景色原点

 
復興花壇 
石巻市 日和山より  語り部さんから説明を聞いています

http://nagata7.sakura.ne.jp/teamkodaira/ishinomaki110704.html

石巻コーヒーボランティア
1000人分のコーヒーとお水を持って行きました

女川FM基地










2016年3月10日
環境建設委員会報告
 

   ◎環境建設委員会が終りました。
   議案2件全会一致で可決されました。

  その後以下の事務報告が6件ありました。
①「小平市地域エネルギービジョンの中間見直しについて」
②「駅前の喫煙パーティションの設置について」
③「小平市リサイクルセンター整備基本計画について」
④「小平市下水道プラン後期計画の見直しについて」...
⑤「小川四番土地区画整理事業について」
⑥「交通安全対策の現状について」

その中で
②「駅前の喫煙パーティションの設置について」画像補足します。
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/160310kitu.pdf

 工事日程は3月14日から順次工事を始め3月末までに4駅全てに設置完了するとのことです。

 
 
 
 
 
 

































つばき 9日撮 美園町


 2016年 

3月10日 (木曜日


○環境建設委員会

◎会合

今週は各委員会が開催されています


 

環境建設委員会の会議内容

平成28年3月10日(木曜日) 午前9時から 第1委員会室

審  査
日程
件名
第1 議案第4号 平成27年度小平市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
⇒可決
第2 議案第17号 小平市下水道条例の一部を改正する条例
⇒可決
 













































【丸いポストのまち こだいら♪】

3月1日から始まった、高畑充希さんが出演するかんぽ生命のCMに、
ルネこだいら前にそびえ立つ、日本一丸ポストが登場しています

YouTubeでもご覧になれます♪
https://youtu.be/YQKWMxK9LKY



 2016年 

3月9日 (水曜日


○厚生委員会

◎小平駅北口再開発準備組合
視察

今週は各委員会が開催されています


 
 

厚生委員会の会議内容

平成28年3月9日(水曜日) 午前9時から 第1委員会室

審査
日程   件名
第1 議案第2号 平成27年度小平市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
⇒可決
第2 議案第3号 平成27年度小平市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
⇒可決
第3 議案第15号 小平市国民健康保険条例等の一部を改正する条例
⇒可決
第4 議案第19号 昭和病院企業団規約の変更について
⇒可決
第5 議案第20号 昭和病院企業団脱退に伴う財産処分について
⇒可決














三週間 横ばい











花まる先生
第二小学校 先生 掲載されました
頑張ってますね













吹奏楽のまち こだいら
http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/3tyu27.pdf






































 2016年 

3月8日 (火曜日


○生活文教委員会

今週は各委員会が開催されます

 

生活文教委員会の会議内容

平成28年3月8日(火曜日) 午前9時から 第1委員会室

調   査
日程 件 名
第1 災害時の情報伝達について

















たけのこ公園







気になる記事
素晴らしい発明ありがとうございました

 電子メールを発明、レイ・トムリンソン氏死去
  
 ロイター通信などによると、電子メールを発明した米技術者のレイ・トムリンソン氏が5日、74歳で死去した。
 米ニューヨーク州生まれ。マサチューセッツ工科大学(MIT)などで学び、研究開発企業の技術者として働いていた1971年にコンピューター間でメッセージをやり取りする電子メールの送信に成功した。

 メールアドレスに「@」の使用を始めたことで知られる。その後、電子メールの普及を受けて多くの賞に輝いた。





































6日 撮



 2016年 

3月7日 (月曜日


○総務委員会

今週・三週目は各委員会が開催されます

 

総務委員会の会議内容

平成28年3月7日(月曜日) 午前9時から 第1委員会室

審   査
日程   件  名
第1 議案第1号 平成27年度小平市一般会計補正予算(第3号)
⇒可決
第2 議案第11号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備等に関する条例
⇒可決
第3 議案第12号 小平市行政不服審査会条例
⇒可決
第4 議案第14号 小平市税条例の一部を改正する条例
⇒可決
第5 議案第16号 小平市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例
⇒可決
第6 議案第21号 小平市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
⇒可決







小平二小だより
感謝の気持ちを胸に・・・

http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/2sho201603.pdf








 
 市内3コースから好きなルートを1つ選んで5店舗のグルメを試食しながらのウォーキングイベント。第2回目となる「小平めグルメウォーク」、今回は西武線「小川」、「鷹の台」、「一橋学園」、「青梅街道」とJR武蔵野線「新小平」5つの駅に囲まれたエリアに点在するグルメ自慢の15店舗をセレクト。知っているお店、知らなかったお店も合わせて、グルメなコダイラ再発見のチャンス。ぜひご参加ください。
 











































福祉会館前  3月5日写っ



 2016年 

3月6日 (日曜日


○会合



 





facebook 動画アップが可能となりました
これまでは画像のみでした。
どう活用していくか一考ですね






 
2016年3月26日 一般質問時
 
 

質問
  「小平市SNSへの取り組みでフェイスブックの開設ができないか」




答弁
『今後、導入に向けて検討』


ーーーーーーーーーーーーーーーー
第1
「市公式ツイッターのフォロワー数の推移は」

答弁⇒
平成25年12月から運用を開始。
平成26年3月末時点では、590フォロワー、
昨年3月末時点では、1,266フォロワー
本年1月末時点では、1,844フォロワーす。
投稿したツイート数の推移は、
平成25年度は、329ツイート、
昨年度は、1,092ツイート、
本年度は、本年1月末時点で、830ツイート。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
第2
「ツイッターへ取り組んだことで見えてきた効果」

答弁⇒
特に、犯罪発生情報等の緊急情報のツイートについては、リツイート数など、情報の拡散件数が多く、ツイッターによって、迅速に多くの市民等に情報を届けられる効果があるものと認識している。
また、ツイッターの課題は、災害等の非常時に、情報の拡散に有効な手段となることなどから、日頃からより多くの閲覧者を確保する必要があること、また、一投稿あたりの文章量に制限がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
第3
「公式ツイッターを、今後どのように発展させていくか」

答弁⇒
より多くの閲覧者を確保するため、日頃から多くの方が興味を持つ内容の記事を投稿することや、周知方法の工夫などが必要である。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
第4
「フェイスブックの多摩26市の取組状況は」

答弁⇒
フェイスブックを使用して市政情報を発信している市が10市、そのほかフェイスブックを使用して観光等に特化した情報を発信している市が4市、合わせて14市。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
第5
「フェイスブックの特性は」

答弁⇒
フェイスブックは、ツイッターと比べて、一投稿あたりの文章量に制限がなく、より多くの画像や映像が掲載できる。
また、実名で利用者登録している割合が高く、相手が特定できるため、インターネット上で
信頼性の高い会話ができる手段であると認識している。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
第6
「フェイスブックへの取組についての市の見解は」

答弁⇒市公式ツイッターを運用してきたことの検証や、フェイスブックの特性、先進自治体の効果的な取組等を踏まえ、
今後、導入に向けて検討




 Facebook の特性を以下の内容で再質問しました

  ◎情報の透明性とインタラクティブ性が強み
  ◎低コストで全国に情報を伝える
  ◎投稿ひとつひとつでも広告にできるということはメリット
  ◎携帯が通じない非常時にこそ便利なFacebook
  ◎フィルタを介さず情報を直接民衆に伝える手段
  ◎住民のひとの手元にあるケータイに、直接飛び込んでいける強味
  ◎地域経済の活性化、土地の魅力の情報発信、観光客誘致等、
  ◎様々な経済活動のために使える




































 2016年 

3月5日 (土曜日

啓蟄

○会合



 



http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/gyouji201603.pdf





気になる記事
nikkeiweb


小平市議会
我が会派では資料のやりとり連絡事項検索、説明等の利用等は
電子端末での共有が当然となりました。
昔、幹事長の時にFAX送信ソフトを自腹で買って、
各人にFAX送信したのが夢のようです。
それから・・・15年・・・もかかっていますか・・・


 















































○特別会計予算特別委員会終わりました
採決の結果は以下の通りです


議案第6号
平成28年度小平市国民健康保険事業特別会計予算
⇒可決 賛成多

議案第7号
平成28年度小平市後期高齢者医療特別会計予算
⇒可決

第3 議案第8号
平成28年度小平市介護保険事業特別会計予算
⇒可決

第4 議案第9号
平成28年度小平市下水道事業特
別会計予算
⇒可決














at shinjyuku



 2016年 

3月4日 (金曜日

○特別会計予算特別委員会


 
◎本日は28年度・特別会計予算特別委員会
が開催されます


 














七小だより 3月号 届きました

けやき
地域の輪

http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/7sho201603.pdf
 













SEIBU FREE Wifi
小平駅 設置

 

 





さっそく小平駅へ行ってきました
以下は構内の貼り出し処です





さっっそく設定
 
 
 

































都庁


 2016年 

3月3日 (木曜日

○一般会計予算特別委員会 三日目


 
◎特別委員会が開催中
28年度小平市一般会計予算です

 

一般会計予算特別委員会の会議内容

平成28年3月1日(火曜日)、2日(水曜日)、3日(木曜日) 
午前9時から 全員協議会室

審     査
日程   件 名
第1 議案第5号  平成28年度小平市一般会計予算



 本日は以下の日程です

質疑終了後に


討論

採決




 






 







第14小学校だより
こぶし
卒業式まであとわずか
思いがたくさん積み重なった6年間ですね

http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/14sho201603.pdf






あじさい公園のさくらは蕾いっぱい

































 2016年 

3月2日 (水曜日

○一般会計予算特別委員会 二日目


 
◎特別委員会が開催
28年度小平市一般会計予算です

 

一般会計予算特別委員会の会議内容

平成28年3月1日(火曜日)、2日(水曜日)、3日(木曜日) 
午前9時から 全員協議会室

審     査
日程   件 名
第1 議案第5号 平成28年度小平市一般会計予算


本日は以下の日程です

 










七小
放課後子ども教室
ボランティア感謝会
素敵な交流がなされていますね

http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/houkago201603.pdf
 
次ページへ






【日本一丸ポスト】

かんぽ生命の新CMにキレイに、素敵に映ってますよ。

















気になる記事
nikkeiweb

 早期発見・治療へ国が本腰 
自治体・企業も支援手厚く

 
 認知症の高齢者は2025年に700万人に達すると推計され、政府は15年1月、総合戦略(新オレンジプラン)をまとめた。自治体などによる支援も本格化してきた。

 Q 認知症とは。

認知症の種類と主な症状

アルツハイマー型 最も多いパターン。記憶障害から始まる場合が多く、段取りが立てられないなどの症状が出る
脳血管性 脳梗塞などによって神経細胞が死ぬなどする。記憶・言語障害に加え、歩行障害も出やすい
レビー小体型 幻視や筋肉のこわばり(パーキンソン症状)などを伴う
前頭側頭型 会話中に突然立ち去る、同じ行為を繰り返すなど性格変化と社交性の欠如が現れやすい

 A アルツハイマー病や脳血管障害などが原因で発症する。脳の神経細胞が死んでしまうことで記憶障害が起こり、徘徊(はいかい)や妄想などの症状も出る。

 Q 国の対策の柱は。

 A 認知症の診断や家族の相談を受ける「認知症疾患医療センター」の拡充だ。専門医が問診のほか、磁気共鳴画像装置(MRI)を使って診断し、早期の医療や介護支援につなげる。65歳未満で発症する若年性認知症の対策では、治療に加え、就労などの支援に携わる「若年性認知症支援コーディネーター」を都道府県に設置する。

 Q 愛知県で07年、徘徊中の認知症患者が電車にはねられて死亡する事故があり、JR東海は裁判で遺族に損害賠償を求めている。見守りも課題だ。

 A 兵庫県伊丹市は市内約1千カ所の防犯カメラに無線受信機を取り付け、小型発信器を持った患者が近くを通ると、家族に自動で位置を伝える全国でも珍しい取り組みを今年から始める。自治体とラジオ局が連携し、行方不明となった人を放送で発見しようとする試みも広がっている。

 

 
 
 
 認知症関連

3月議会 永田政弘一般質問
 質問件名 小平市の認知症支援の現状と今後について
   
 質問要旨 

今回の質問は「認知症者の早期発見を目指すことで発症を押さえる、あるいは軽くする、願わくば止める、さらには治す、等のために一歩でも二歩でも行政として対応することができないか、」と言うことでの質問となります。
 まず現状では高齢者数の急増に伴い、認知症者数も増加しています。今後もその流れは続くことになります。
もし認知症になりその病状が進むと、本人は苦しみ、家族の負担も大きくなります。

そこで家族の心理的ケアも含めて早期から関わることで、適切な支援と自立生活のサポートを行う、認知症の早期診断や対応を進めることが非常に重要になってきました。
 
 それには認知症が疑われる高齢者の家庭を訪問して必要な支援を検討したり、専門医療機関での診断につなげたりする等の様々な組織活動をすることが必要であると考えます。
そのためには医師や保健師、介護士、地域人などで構成する「プロジェクト」を発足させることが考えられます。
 この質問は会派視察で静岡市へ参りまして、大変厳しい状況を担当者の方から聞いてこの認知症早期ケアは小平市にとりましてもさらに検討すべきではとの考えに至りました。
静岡市の担当職員さんの現状説明の中で「本人が受診を拒む」「家族の協力が得られない」などのケースが課題になっているということでした。しかしそれでは予防、初期対応が遅れてしまいます。
小平市民の皆様には、早期発見・早期治療につなげ、また、認知症になっても、いつまでも住み慣れた小平市の地域で生活していくことができるようにと考え質問します

1小平市の認知症発症率の現状はどうなっているのか             
2見守り策、予防策、対応策は現状どういうことをやっているか 
3地域包括支援センターと認知症への対応はどうしているか
4警察との連携は出来ているのか
5早期対応策で早期予防を促す政策は出来るか
6認知症徘徊通知メール、とか 
7啓発活動は現段階で重要課題と認識するがどう考えるか








放射性物質検査

http://nagata7.sakura.ne.jp/pdf/kyushoku201603.pdf
 


































 2016年 

3月1日 (火曜日

○一般会計予算特別委員会 一日目


 
◎本日より特別委員会が開催されます
3日間は28年度小平市一般会計予算です


 

一般会計予算特別委員会の会議内容

平成28年3月1日(火曜日)、2日(水曜日)、3日(木曜日) 
午前9時から 全員協議会室

審     査
日程   件 名
第1 議案第5号
平成28年度小平市一般会計予算


















政和会代表質問内容
2月29日に行われました代表質問で政和会では
以下の内容で質問しました。
詳細は後日放映されます録画にて確認してくださいませ
 
 平成28年度予算と市政運営について

  平成17年に小林市政が誕生しました。
 市長自身が、多選自粛宣言をした臨時議会から、すでに10年が過ぎ、平成29年度の予算は骨格予算になることが予想されますので、実質的には今回の予算が、小林市長の目指した小平市の完成型、あるいは次に継承したいものの道筋をつけたものになるはずです。また、28年度は中期的な施策の取り組み方針実行プログラム(平成25年度〜平成28年度)の最終年度であり、基本的な施策の体系における各項目の4年間の到達目標を達成するための予算と位置付けられるものであります。これを踏まえ、次の市政にバトンタッチする上で、最後の1年、どのような市政運営を行うつもりか順次お尋ねします。

 1 覚悟について
 年頭に行われたJ−COMへの取材の際、年頭の抱負を聞かれた小林市長は、ご自身で書かれた「覚悟」との文字を掲げ、公共施設マネジメントなどについて具体的な話をされていました。おそらく、多くの市民がこの元旦の放送をご覧になったと思います。冒頭申し上げたように、ご自身で公約とまでおっしゃっていた3期12年でやめるという多選自粛宣言に則って考えれば、28年度予算は、実質小林市長最後の本格予算になります。施政方針の中でも、市長は施策の展開に覚悟を持って、取り組むと述べられております。そこで、まず初めに市長が示された「覚悟」とは一体どのような意味なのかをお伺いいたします。

 2 多選自粛宣言について
 次に、多選自粛宣言についてお伺いいたします。市長が初当選された平成17年臨時議会において、選挙戦を通じての市民との約束として多選自粛について、高らかに宣言をされました。ご自身でされたこの宣言に基づけば、実質、市長にとって最後の年度を迎えることになります。選挙戦で4期16年は長すぎると主張して、当時の市長を破り登場した小林市長でありますから、自らの宣言に基づいて、当然、身を処されると考えますがいかがでしょうか。

 3 公開と参加について
 施政方針の中で、市長は就任以来、一貫して「公開」と「参加」について市政の基本に据え、市政運営に邁進してきたと述べられております。しかしながら、平成25年の4月の選挙で当選された小林市長が、まず初めにされたことは、住民投票条例に50%の成立要件を課した条例の修正案を議会に提出されたことです。市長は初め住民投票へは反対の意見を付していました。ところが、平成26年度の決算特別委員会において住民投票への総括については、議会が決めたことだからとの発言に終始されてました。
市長が、50%の成立要件をつけた修正案を議会に提出しなければ、住民投票の内容が変わることもなかったにもかかわらずです。議決権は議会にありますが、市長が条例を提出するということは、その条例の内容を認めてもらい実行したいという意思が、まず第一に市長及び行政の中にあることが大前提です。
 さらに、裁判終了後には、投票用紙について即日廃棄をするといった迅速な対応を行われましたが、議会への報告は、当該日にはもちろんありませんでした。
 これら一連の住民投票や市民協働事業、情報公開に関する市の対応に対し、市長の掲げる市民参加、住民自治、市民協働を支持してきた会派からも疑問の声が多く挙がっています。26年度予算の反対討論では、「常に市民参加の視点があるか、その方法はどうかを検証する担当課もないのでは、条例で掲げていても絵に描いた餅だ」とか、「国や都の動向を見て、または他の市の状況を見てとの答弁が目立ち、決められた計画を淡々と前に進めるだけで、市民参加でじっくりと市民と共に小平市をどんなまちにしていくのかを描くべきだがそれがない」などと批判されています。
 我が会派でも26年度決算においても指摘しました仲町テラスについての経費増への一連の対応の不透明さ、武道館廃止の突然の決定、仲町公民館跡地の利用の変更、さらには、仲町地区の住居表示変更についても、地域住民の意見を事前に聞くといったプロセスを軽視した結果、多くの反対の意見が届いている現状を鑑みると、「公開」と「参加」が小平市の市政の基本に据わっているなどとは到底思えない。市長がいう「公開」と「参加」とはどのようなものなのか、見解を伺います。

 4 財政運営について
次に、財政運営についてお伺いいたします。
認可保育園の増加が、運営費補助など後年の負担増につながっていくことは明らかです。さらには、少子高齢化の進展に伴い、社会保障費の伸びも益々増加していくことが見込まれております。一方、本年度予算案を見てみますと、公債費の減少も頭打ちになってきており、借り入れ抑制を行った結果生じる公債費の減少分による財源確保については、これ以上の進展はなかなか厳しい現状があると考えます。
公共施設の建て替えや、住民の行政需要への対応、社会インフラ整備など、取り組むべき行政課題もまだまだ多く存在しています。そこで、これらの課題に対しては、財源手当てなど、どのように財政運営を行っていくつもりであるのか、見解を伺います。

 5 武道館廃止について
 次に、武道館廃止についてお伺いいたします。花小金井南中学校地域開放型体育館の建設について、昨年11月に基本方針素案が示されました。素案には、体育館の建設のみならず、武道館の廃止が記載されていました。市民、議会ともに唐突に知らされたとの思いをいだいたのではないかと思います。市長は公共施設マネジメントの先駆的事例とするなどと、事業推進に向けての意気込みを示しています。
 しかしながら、利用している市民や、地域住民に対し、十分な説明がされてこなかったため、混乱が広がっています。市長が壊そうとしているのは、武道館だけにとどまらず、市民一人ひとりのライフスタイルそのものであります。 そもそも、今まであるものを変えようとするときには、まずは現にあることに対して評価をする態度から始めるべきでしょう。
「そんな風に乱暴に今の暮らしを変えられちゃこまるよ。」
 今、政治に求められているもの。それは、このような市民の思いに丁寧に配慮していくこと。「ケアの論理」が必要です。
 市長は、公共施設マネジメントという過度に抽象化された概念を、正義として振りかざしているように見えます。行政の理論だけが先行している現状は、過去例がないほど、全体主義的でかつ、権力統制が強くなっています。議会制民主主義の根本である、熟議の精神を忘れてはなりません。
われわれ保守とは「正義を叫ぶ」前に「正義とは何か」を疑う姿勢を忘れないことであります。
 公共施設マネジメントの観点とは、将来のコスト負担の軽減だけではありません。むしろ、それは、目的ですらないのです。現在においても、将来においても、この地に住む人たちが、この地で子を産み、そして子供はすこやかに育ち、高齢者は安心して生活を営む。このことが政治の目的です。財源を確保することは、この目的を達成するための手段なのです。
市民にも「痛みを伴う」改革が必要だ。総論賛成、各論反対なんだから、覚悟を持って進めると市長はおっしゃるのかもしれません。しかし、そのような覚悟を誰も望んでいないのです。
時に時間をかけ、今いる市民を説得し、ともに理解し合うための努力を行う。そのあとに決断をする。このプロセスこそが、代議制民主主義に託されている役割であります。
年間コスト1600万円の減額により、公共施設マネジメントを行う意義が抜本的に達成されるならいざしらず、一部の人を傷つけ、伝統を切り捨て、市長の独善的な権威により物事を決めていく。将来の小平市にとって、1600万円以上の損失を被ることは明らかであります。お金と交換してはいけない何かが、そこにはあります。
武道館廃止を決定するに至った、市長のやり方を認めることは、後世に大きな問題を残すことになるでしょう。
武道館の廃止を決定したプロセスには市民と対話するという基本的な姿勢が欠如しており、断じて認めるわけにはいきません。廃止について市長の見解を伺います。

 6 市民協働について
 次に市民協働についてお伺いいたします。小林市長の代名詞とも言える市民協働ですが、もはや新しい概念でもありません。市民協働は、すでにまちづくりの手法としてどの自治体においても、必要な手法として定着しています。必要なのは、何のために市民協働を取り入れていくのかという明確なビジョンであります。市の意思決定を補完するだけで、市のご都合に合わせた市民協働は、意味がありません。市民協働=(イコール)善であるといった単純な価値判断をしているように見えてなりません。
地域に帰属する人が、少なく自治会活動が停滞してきている現状があり、地域コミュニティーの再生が叫ばれています。では、なぜ地域コミュニティーの再生が必要なのか。社会において、完全に自立した個などありません。そして、環境から切り離された個もまた、ありえません。人はなんらかのコミュニティーに帰属することによって、その環境の中においてアイデンティティーを確立し、居場所を作っていくのです。
市長は、自治会など既存のコミュニティーを形成してきた、古くからの制度、伝統、文化などに対し、深い理解を示さず、その進歩主義的価値観のもと、新しい手法を持ち込みましたが、それは、机上の空論であり、知性主義の弊害であります。
時代を通じて培われた制度や、郷土、市民性、文化、伝統などについて、経験することを通じ、自らの体験とする。小平市の歴史を踏まえた上で、コミュニティー再生に取り組むことが必要です。
自治会や消防団など、今まで地域を支えてきたコミュニティーに対して、国を始め再評価する動きが高まっています。このような時代の流れを認識する中で、市長はこの1年、コミュニティー再生に向けた取り組みを進めていくべきと考えますが、見解を伺います。

 7 都市基盤整備について
次に、市内都市基盤整備についてお伺いいたします。
 新みちづくり・まちづくりパートナーシップ事業を取り入れ、都市計画道路の整備を進めようという姿勢については、次世代のためのまちづくりを考えた上でも、妥当な判断だと捉えています。小平市の都市計画道路の整備率は39,8%であり、東京都の平均62.2%(平成26年3月31日現在)を大きく下回っています。渋滞緩和はもとより、災害時の緊急輸送車両の通行や、火災の延焼防止、歩車分離で道幅の広い道路が建設されることにより、地域住民の生活の安全をまもることにも繋がります。
 そこで、道路を作る場合には、その沿道の土地利用に関しても、同時に検討を進める必要があると思っています。道路開通後の周辺をどのような街にしたいのか。市民にとっても、選択肢を提示することにより、自分自身のこととして、道路開通後のライフスタイルをイメージすることができるようになるのではないでしょうか。
 市内には、まだまだ未着手の都市計画道路が、存在しています。都市基盤整備については、短期的スパンで考えるのではなく、この街の行く末につながっていくことを認識しての取り組みが求められます。
そこで、都市計画道路3・3・3号線などの整備に市長自らが先頭に立って推進するなど、都市計画道路や市街地再開発事業の整備に主体的に取り組む姿勢を示すべきと考えますが、考えをお伺いいたします。

 8 家庭ごみの有料化について
 次に、家庭ごみの有料化・個別収集については、一般廃棄物処理計画で位置付けたとおり、平成31年度の実施に向けて検討を進めていくとの考えであると認識していますが、周辺市の状況や、小平市のごみ減量への取り組み、中間処理施設や、三市共同資源化処理施設などの施設更新・建設を見据え、前に進めていかざるを得ない施策であると、我々も考えています。
 しかしながら、有料化については市民への負担増につながることを考えると、その周知や、意見交換など丁寧かつ、時間をかけた説明を通じ、合意形成を図っていくことが求められています。先進市の事例を視察させていただきましたが、有料化開始まで200回を超える説明会を行ったというお話をある自治体ではお聞きしました。市長の公約では、現任期中は無料化を堅持するとの記載がありますが、市長の任期12年間は公約を守ったと言われても、それではあまりに無責任すぎるのではないでしょうか。31年度の実施を目指すのであれば、28年度から具体的に動き出していく必要があるのではないかと思います。
 困難な課題に、市民とともに歩みたいと本当に市長がお思いなのであれば、市民への説明責任を果たすことが最優先であり、先頭に立って動くことが必要です。覚悟とは、少数の人を切り捨てることではなく、自身の身を危険にさらしてでも、公のためにつくすことを示すものではないかと思います。そこで、家庭ごみの有料化・個別収集の実現に向けて、28年度から取り組みを進めていくことが必要と考えますが、なぜ28年度具体的な準備に要する予算が計上されていないのか、見解を伺います。

 9 農業について
 小平市にとって緑は大切だとの声は、行政だけでなく、市民の要望としても根強く、各種アンケートなどを通じてみても広く理解されています。都市農業振興基本法の制定も、都市農業を守っていくために、国や、都も動き出している証左であります。小平市においても都市マスタープランの改定年度を迎えるにあたり、農地を守っていくための具体的施策の推進が、望まれています。
 これまでと同じレベルでの対応では、農地の減少を食い止めることはできません。学校給食の地場産野菜の導入など、一定の評価をできる部分があることも事実ですが、農地の買取請求への対応や、都市計画公園の整備、後継者育成への対策、農福連携など多分野との連携に対する支援など、課題は多く残されています。
 そこで、小平市の農業を守っていくためには、後継者不足の問題や、相続による農地の減少、農業所得の向上などの課題を、実効性のある施策によって解決していくことが必要であると考えますが、見解を伺います。

 10 子育て支援について
 28度予算においても認可園4園の新設などにより待機児童対策を進めています。しかしながら、待機児童の数は平成27年度4月時点で、178人存在している現状もあり、抜本的解決には至っていません。一方、施政方針でも述べられているように、すべての子育て家庭へのきめ細やかな対応が求められています。特に、発達支援センターの開設や、家庭で子供を育てている世帯への支援、経済的に困窮している家庭への支援など、誰もが、子育てしやすい、真に産み育てやすい小平市の実現に向けた取り組みを進めることが必要です。
 出産・育児・子育てにおける各家庭の環境の違いによる困難さを、平準化していかなくてはなりません。現在の市の考え方においては、保育所増設に関しても計画がありません。人口ビジョンなどを参考に、将来の地域特性などを考慮して対応していく必要があります。場当たり的な保育所増設をこのまま続ければ、財政負担などを考慮すると、将来世代への負担感の増にも繋がりかねないとの懸念があります。
保育所増設に関しての市の明確な計画の必要性、発達支援センターなどのインフラ整備、経済的困窮者や、第3子以降に対しての現金給付、ウッドスタートなどの子育て施策など、出産から育児まで切れ目ない支援の体制の構築に取り組むべきと考えますが、見解を伺います。

 11 商工業の振興について
 個人市民税については増額ということもあり、国で進めてきたアベノミクスに伴う経済政策の影響であると言えます。法人市民税が前年度と比べ、約6億円の減となっています。その理由としては市内大手法人の移転に伴う減とのことです。法人市民税はいうまでもなく行政需要に対する市民サービスの提供を支える税収の基幹であります。市内企業に対しての連携強化や、働きかけ、さらには従来がたの産業にとどまらず、コミュニティービジネスや、小規模店舗の誘致などは、産業振興を進める上で必要不可欠です。しかしながら、小平市の企業への取り組み、産業振興への取り組みには積極性が感じられません。予算における商工費の割合では、全国平均4%、多摩地域は0.3%と圧倒的に少ない現状です。その多摩地域においても、過去、小平市の商工費は26市の中で圧倒的に少ない。このことは全国でもっとも商工業に対して理解のない自治体のうちの一つであることを示しています。
 小平市においても、地方創生の取り組みを進める中で、まち・ひと・しごとの観点から施策を展開していくことが必要です。市内の企業との関係づくり、国・都との連携を通じ、魅力的な都市を作っていくためには、従来からの市の考え方を抜本的に転換する必要があると考えます。そしてなにより市長が先頭に立って友好関係を築くことや、時に企業の立場に立って、国、都と交渉をしていく。具体的に市長ご自身が動くことが求められます。今までの活動を拝見していますと、会派としてはとても期待はもてませんが、せめてこの一年は、商工業の振興に積極的に動く考えはあるのか、ご見解をお伺いいたします。

 12 シティセールスについて
『「小平市観光まちづくり振興プラン」 施策と推進体制に関する資料』では、全国的に見た場合、小平市の知名度は必ずしも高くなく、また、市のイメージが明確でないという指摘があります。例えば、小平市観光まちづくり振興プランの中ではアンケート調査によると、小平市を訪れる人に市民の方がお勧めしたい小平市の見どころ、1位は46%で小平グリーンロードです。ところが、小平市のイメージを市外の方に尋ねた結果、小平グリーンロードのイメージは4.2%という数字で、ギャップが生じています。また、小平市の地域資源に関しても、アンケートによると「かてうどん」は71.4%の方が魅力があると回答していますが、一方の認知度は24%です。「小平産ブルーベリー」、「市民まつり」、「産業まつり」、「灯りまつり」をはじめ全て魅力度は高いが、認知度が低く大きな乖離が生じています。この結果は明らかに情報発信が不足しており、市としてのシティセールスが機能していない一つの表れです。この現状を変えるために、なぜ、市長自らリーダーシップをとってシティセールスに取り組まれないのでしょうか。商店街のシャッターが閉まり、後継者不足となっていることをはじめとした市の活気が失われつつある状況は、その消極的な姿勢の結果によるシティセールスの不足が一因となっていると言わざるを得ません。そもそも、市として、シティセールスを行い知名度・イメージの向上をする必要性を感じているのかさえ疑問に感じます。シティセールスに対する市長のリーダーシップが明らかに不足していると考えるが、これまでのシティセールスについてどのようにお考えでしょうか。また、今後シティセールスについて本気で行うお考えをお持ちなのか、ご見解を伺います。

 13 教育委員会制度改革について
 平成27年4月1日に、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」が施行されました。教育委員会制度改革の内容としては、教育長と教育委員長を一本化し、新教育長の創設による教育行政の責任の明確化や、「総合教育会議」の設置の義務、および「大綱」を定めることとされました。平成28年9月30日には、現在の教育長の任期が終了し、その後継には新制度化による、新教育長を新たに任命しなくてはなりません。新教育長は市長が任命することになり、任命責任も今まで以上に重くなります。また、すでに作成された大綱は、総合教育会議での市長、教育委員会の調整の元、小平市教育振興基本計画から引用した形になっています。市長の目指す教育のあるべき姿とはどのようなものなのでしょうか。また、新教育長の人選に関してどこにポイントを置き、どのような人物を当てていくおつもりでしょうか。教育委員会制度改革により、小平市の教育にどのような変化があると想定しているのでしょうか。また、いじめ、教員の服務事故など、小林市政で頻発した教育課題に関して、市長としてどのように対応していくつもりなのか、見解を伺います。

 


























































2007年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2008年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2009年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月 9月  10月  11月  12月 
2010年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2011年 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2012年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月   10月  11月  12月 
2013年  1月  2月  3月  4月 5月  6月  7月  8月   9月  10月  11月  12月 
2014年  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月  11月  12月 
2015年  1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
2016年  1月  2月  3月                   
データ管理不備でリンク切れあります 
 



この景色の原点

 
復興花壇 
石巻市 日和山より  語り部さんから説明を聞いています

http://nagata7.sakura.ne.jp/teamkodaira/ishinomaki110704.html

石巻コーヒーボランティア
1000人分のコーヒーとお水を持って行きました

女川FM基地




profile

ながた政弘リーフレット PDF版

     

http://lakodaira.wix.com/nagata   
http://lakodaira.wix.com/nagata#!personal/cjg9  
http://lakodaira.wix.com/nagata#!page3/cee5  

 
永田珈琲倶楽部 

永田政弘の活き活きface
 

永田政弘のミニ動画  
 
http://lakodaira.wix.com/nagata#!personal/cjg9  


日々日々更新
since1999 年から ⇒ 200ヶ月 
 え毎日更新中
アクセス数 107万突破 



▼ 平成28年1月8日(金)午後6時通過

 
    
http://challengek.exblog.jp/19944309/
http://nagata7.sakura.ne.jp/video/IMG_1073.mov 






2014 11 25




小平上空より写っ
住みよいまちになるように
 
マイナンバーとは 
マイナンバー
社会保障・税番号
行政 
 永田政弘の
都市経営VISION
 
 志 move
議会予定
議会予定4-6 
 小平イヴェント案内
永田政弘の日々日々活動
2016年4月
2016年3月 
2016年2月
2016年1月  
 
2015年12月 
2015年11月 
2015年10月  
2015年9月 
2015年8月 
2015年7月  
2015年6月  
2015年5月 
 ↑これより5期目
 デジタル市報結果
 2015選挙結果
2015年4月 
2015年3月
2015年2月 
2015年1月 
 
2014年12月 
2014年11月 
2014年10
2014年09月 
2014年08月 
2014年07月 
2014年06月 
2014年05月  
2014年04月 
2014年03月 
2014年02月 
2014年01月 
 
2013年12月
2013年11月  
2013年10月 
2013年09月 
2013年08月 
2013年07月
2013年06月 
2013年05月 
2013年04月 
 ↑新日々日々
 
2013年03月
2013年02月  
2013年01月 
 
2012年12月 
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
 
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
  永田政弘五期目
選挙結果市報
↑これより四期目
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
 
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
 
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
 
2015年2月行事予定
 2016年3月小平市行事予定
 

永田政弘の活き活き
Facebook
永田政弘の10秒動画 
Facebook
永田珈琲倶楽部 
ホームページ
永田政弘日々日々 
ホームページ
永田珈琲倶楽部
  
Blog3093
 アーカイブス前半
 
☆小平イヴェント案内
☆個人番号カード総合

永田政弘の
プロフィール
議長就任 議会報
小平市議会
私たちの議会 
 2015議員
小平市
教育委員会
小平市を守るぐるっと
緑街道
「グリーンロード

を見渡します ↓ 
小平市民憲章推進協議会
平成26年5月23日総会

   
小平市の天気
 スポーツ祭東京2013
障害者スポーツ大会

開会式
 スポーツ祭東京2013
総合開会式
 
09年市民まつり
2010年出初め式
赤い丸ポスト市内
小平市内 アート
保存竹林
用水路 緑道
 小平の大河へ鈴木遺跡
 新堀用水&玉川上水2012 
 13年11月紅葉
 幻 さいかち窪  
コミタク小川・栄町
小平天空 空撮
③ 
石巻ボランティア

石巻ボランティア

石巻ボランティア
 石巻花ボランティア
 アーカイブス
 ●地震後の刻々様子
 3・11
 視察
建設委員会視察小川
武蔵浦和視察
視察・名寄栗山千歳
井原市笠岡市1211
神戸福山高松1210 
守山市  
京世界一 
視察関連 
2015年7月8日から10日 
長岡市     
米沢市  
会津若松市 
石垣市・宜野湾市・南風原町
秦野市施設 
秦野市21page解説
 2010予算案
 都庁2016
 府中メディカルプラザ  
立川市新庁舎落成
都道府県財政比較分析表
花いっぱい全国大会 
2012年の紫陽花
Rainbow 
東京都薬用植物園2014年10月
薬用植物園まとめ
東京都薬用植物園での
放射線量測定
放射線量等分布マップ
拡大サイト 文部科学省
議長12年3月最終日挨拶
小平商工会グリーンロードウォーキング 平成19年
小平商工会グリーンロードウォーキング平成24年
 グリーンプラザ商店会
 料飲組合案内
 2001年の出初め式発見
 市長選
市長選TV報道 youtube
角館 武家屋敷
2013年サマー 
心にしみる短詩25年度
心にしみる短詩26年度
心にしみる短詩27年度
2014年秋グリーンロード
西東京FM出演 
雨情うたまつり2015
3分団201601 
 資料
人口ピラミッド201512
nouen museum
合同作品展
小平市アートギャラリー
丸いポスト 市内
 小平 用水・緑道・径
あじさい公園2015