小平市議会 永田政弘・議長の是日々日々      Tokyo Kodaira City Assembly Chairman's Korehibihibi
  

日本木彫の巨匠 平櫛田中翁語録

永田政弘の
official site
てのひら日誌
(~6月14日)
プロフィール
小平市議会
小平市
教育委員会
(こげらネット)
 
2009年10月     是 日々日々(kore hibihibi) 
10月1日~10月11日  9月21日~9月30日 8月21日~8月31日 7月20日~7月31日 6月16日~6月30日
 10月12日~10月20日 9月11日~9月20日 8月12日~8月20日 7月10日~7月19日 6月1日~6月15日
  9月 1日~9月10日 8月 1日~8月11日 7月 1日~7月 9日 09市民まつり


10月12日~10月20日はこちらからです
 
 福津駅ホームより  30日
 
 
 10月31日 (土曜日) 
    ・第十四小学校 創立40周年記念式典 ・小平商工会小平サミット ルネこだいら 
・国際ビジネス専門学校 第26回学園祭「こくび祭」
  ・会合
  
●大きな行事が続きます

 本日は第十四小学校 『創立40周年記念式典』からスタートします。
大事なイヴェントですので挨拶もしっかり、と。


視察
福岡県 福津市 福間小学校
『小学校給食の民間委託について 単独調理場方式』  
  「手作り給食は変わりません」
 


 
 
 

 
民間業者による調理業務の委託
調理業務及び洗浄業務のみを委託
単独調理場方式(学校内の給食室で調理)と
共同調理場方式(共同調理場内で調理)で
完全給食を実施

週4回の米飯給食と週1回のパン給食
福津産の旬の野菜を採用
残菜(生ごみ)については「生ごみ処理機」で全て堆肥化
「食物アレルギー児の対応マニュアル」
「学校給食衛生管理マニュアル」

挨拶
永島総務文教委員長さんに挨拶を頂きました。有り難うございました。
議員 22名合併で  ⇒ 22人 (さらに次回は⇒20人になる) 
市長選 3月 県会議長の人が  白砂青松の町
ウミガメ課設置(ウミガメ産卵地)
「地域」 「子供」を重点施策とする
駅舎は来年2月完成 
行財政改革の一環として小学校給食の民間委託実施 

説明 
教育部 学校給食課 遠藤課長さん
 「手作り給食は変わりません」
 地場産の野菜  4割の活用 今後はさらにアップを目指す 
 まだ3校残っているので今は途中
 合併にあたってのすりあわせをした中で財政的に厳しかったので民間への考え方
⇒ 17年文科省より事務事業の見直し 民間委託の方針があった
⇒ 給食の民間委託事業が入っていた 
⇒ パブリックコメント実施
⇒ 不安の声多し ⇒試食会と説明会を繰り返し実施 
⇒ いきなり福間小学校でつまずいた ⇒ 設備の不備による ⇒人材(新卒)の件
⇒ 説明会ではいつも厳しいものがあった
⇒ 職員は14名から9名へ (一般職へ移動)
⇒ 20年8月磁器食器へ取り替え
⇒ 21年3月 福間小学校給食室竣工
⇒ 21年4月 民間業者により二校給食開始
⇒ プロポーザル方式での決め方 (仕様を提出しはかる)
⇒ 二度のつまずきは許されないので今回は試食会等もふくめて事前を慎重にやった
⇒ 今のところは安心している



福津市の説明
■市では、学校給食の効率的な運営を図るため、民間業者による調理業務の委託を進めている。
実績としては、
平成16年度から福津市学校給食共同調理場、
平成18年度から福間中学校・福間東中学校、
平成21年度から福間小学校・福間南小学校
の業務委託を実施。

ただし、学校給食の業務を全て民間業者に任せるのではなく、調理業務及び洗浄業務のみを委託している。学校給食の根幹に関わる献立の作成や食材の発注は、栄養士が責任を持って行い、検食についても学校長自らが行っている。また、教育委員会が業務改善に関する会議を定期的に実施することにより、安全で美味しい給食の提供が図られるように努めている。


 
 
         
         
・ 
 

 
 
 10月30日 (金曜日) 
    ・視察
  

屋上の太陽光発電装置
校内廊下にいつでも見られるように設置されています


広大な敷地に抜群のコンセプトで建てられています

●大分市 大在西小学校  太陽光発電

 
  以下のメインテーマが日々実行されていますとてもすばらしい学校となっています。
この日もキャノンの社員の方々来校し出前講座をやってました。まず教室でプロジェクターを使ってのプレゼン。それから外に出てのキヤノン製でのデジカメでビオトープ内を撮影プリントアウトして額縁写真完成、とそういう流れでしょうか。(これは校内視察中は繋がらなかった各場面が最後に繋がったものです)

◎エコスクール
地域・学校連携施設(コミュニティーセンター)
◎バリアフリー対策
お忙しい中我々の為に時間を頂きまた。
多くの得るものがありました。

 羽田野校長先生 (副教頭先生は二人です)
概要説明
  9つの行政地区がある
  大分市の東部地区に位置している  ⇒ 特産 みかん 
  昔は半農半漁だった ⇒ 区画整理事業(日本一と言われた)
  現在「キャノン」企業が来た。 社員のアパート等増え ⇒ 近隣人口が1万人か   ら2万5000人となった ⇒校舎が足りなくなり現在プレハブ校舎増築
  現在の在校生 ⇒ 967名 今後さらに増えていくだろうと予想している。
⇒子供の育成環境よく引っ越しも多くなっている 

 その他の説明
  扇型の校舎である ⇒ 木の多用化  ⇒ 日田地方の杉木々を使用
  バリアフリー化、 エレベーター化推進 
  体育館 ⇒ 市内では一番広い体育館   
  校内⇒木彫の多用化 ミニオペラハウス
  運動場 ⇒ 700平米
   雨水利用の多用化
エコスクール 事業 地球に配慮した 30kw 10%程度 ⇒
 余ったのは売電として 表示板に表示する
屋上緑化  自動散水設置
雨水 ⇒ ビオトープへも流水
省エネ設備 ⇒ 省エネエアコンを自動化
各教室の様々な地域との利用
 地域連携教室 ⇒ 夜間も利用されている
経緯は?
・社会的背景と木々を使ったもの使用
・地域の方々との要望をかなり取り入れた
・教育者の立場から と住民の皆さんとの立場を考慮
エコスクールの内容
学習 ⇒ パネルで表示 委員会活動 (屋上緑化の活用 差をみてもらう)
キャップをワクチンに変えられるので環境教育を

  「大分市立大在西小学校」の開校について
  子どもたちに温もりを与える木(もく)を多用するなど、エコスクールとして多くの特色を備えている。また、校舎には地域コミュニティーとしての機能も併設されており、多機能な教育環境となっている。
  1.学校名  大分市立大在西小学校
  2.設置場所  大分市角子原1 丁目4 番41 号
  3.施設概要  敷地面積 27,182 ㎡
    校舎 鉄筋コンクリート3階建(7,498 ㎡)
    体育館 鉄筋コンクリート平屋建 (1,215 ㎡)
    運動場 約12,000 ㎡(グラウンド一部芝生化700 ㎡)
    プール 鉄筋コンクリート造(25m・6コース)
    給食棟 鉄筋コンクリート造(425 ㎡)ドライシステム
施設特徴
  
(1)エコスクール
      ・太陽光発電設備(30kw)
      ・屋上緑化(南・北校舎屋上約500㎡)
      ・ビオトープ(小川や池など自然の生態系の場を再現)
      ・雨水利用システム(雨水をトイレ洗浄や散水等に利用)
  
(2)地域・学校連携施設(コミュニティーセンター)
      ・和室、地域交流会議室、地域活動拠点室、地域交流ホールなどの配置
  
(3)バリアフリー対策
      ・エレベータ設置、手すりやスロープ、段差の解消、多目的トイレなどの整備
 
  これからの小平市の小中学校に設置されていきます太陽光発電は楽しみです。


 
 
 10月29日 (木曜日) 
    ・視察
  
んっ これは


 

●東京都市区議会議長会理事会

  以下のような日程で進められました。
今回の大きなテーマは区議会議長会のあり方です。
これまで市議会議長会と一緒に活動してきましたがこれからのあり方としては離脱を含めての課題でした。
-----------------------
1会長あいさつ
2役員紹介
3報告事項
(1)会務報告
(2)関東市議会議長会新支部長会議の会議結果について
(3)全国市議会議長会第175回理事会の会議結果について
(4)全国市議会議長会第176回理事会の会議結果について
(5)全国市議会議長会第7回地方分権改革道州制調査特別委員会の会議結果について
(6)関東市議会議長会第1回支部長会議の会議結果について
(7)全国市議会議長会第135回建設運輸委員会の会議結果について
(8)全国市議会議長会第119回地方財政委員会の会議結果について
(9)全国市議会議長会第135回社会文教委員会の会議結果について
(10)全国市議会議長会第135回産業経済委員会の会議結果について
(11)都県提出議案について
(12)関東市議会議長会支部長会議・第1回理事会の会議結果について
(13)その他

4 協議事項
(1)東京都市区議会議長会清算委員会報告について
(2)臨時総会の開催について
(3)その他

5 その他
(1)参考資料について
   ア平成21年度東京都市区議会議長会関係役員
   イ東京都市区議会議長会会員及び副議長・事務局長名簿
    東京都市区議会議長会会則
(2)その他


 役員名簿


 
 
 10月28日 (水曜日) 
    ・視察
  
27day 一景
 

 ●国の平成21年度補正予算の凍結措置の状況について
下記のお知らせがありました。

  標記の件について、平成21年10月27日現在、子育て応援特別手当(平成21年度版)給付事業については、厚生労働大臣から事業の執行停止の通知があった。
他の事業については、執行停止の通知は受けてない。 

政権交代とはこういうもの、ですか。



パンフレット
 

平櫛田中 次世代に遺した珠玉の彫刻
是非お出かけ下さいませ
必見です
 

 遅れましたが三中と六中の掲載新聞をアップします。
改めておめでとう!
 


 『議長の仕事』のある日
決裁するのも大きな仕事となってます
また、様々な決定事項も続きます
 


 
●「すかいらーく」39年で幕
  我々の世代にとっては何とも悲しいニュースです。
経営再建中のすかいらーくは26日、週内にファミリーレストラン「すかいらーく」の4店舗を順次閉店すると発表。29日に営業を終了する川口新郷店(埼玉県)を最後にファミリーレストランの草分け的存在だった「すかいらーく」は39年の歴史を閉じことになります。今後は低価格店の「ガスト」などに転換を進め、「すかいらーく」ブランドは、社名として残るだけとなるそうです。
 「すかいらーく」は1970年に1号店を東京都府中市に開店し、ピークの93年には720店舗に達した。しかし、景気低迷などで経営難に陥り、投資ファンドの主導で経営再建を進めていたのですが、とうとう最後に・・・・・。
  「盛者必衰の理をあらはす」は昔より言われたきたところですが、このように大きく育ったところが改めての結果をみるにつけ時代を超えて継続していくことは本当に大変なんだなぁとつくづく思います。私も40年弱一つの事業を継続しているわけですが「本物の世界は時代を超えていく」という信念がいつも頭の中にあります。
厳しい時代だけに尚一層の精進をと言い聞かせることにしました。

 

 
 
 10月27日 (火曜日) 
    ・東京都市区議会議長会理事会 自治会館   ・会合
  

本日の雪化粧の富士山   午前11時

風雨一過 午前7時 素晴らしい秋空  小平天空
さあっ 今日もがんばろうっ

  
 
●台風20号接近、関東~東北に暴風・波浪警報
 26日は一日中冷たい、強い雨でした。
特に小平駅南口はビル風と相まって強風で傘をさしては進めない状況でした。

 「この台風夜中現在⇒20号の中心気圧は980ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速が30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径190~150キロ以内で
風速25メートル以上の暴風が吹いている」と。

 そこでちょっと気になっていたことですが
 風速○○メートルなるもの先日ある新聞の投書板に次のような内容がありました。
実は私も以前からこの件に関してはいつも違和感と申しますか、もっと身近なわかりやすい表現は無いのかと思っていましたので「その通りっ」と思わず膝をうちました。
 ⇒ 「日本では風の強さは秒速で示されているが、風速ではなく、
時速で示すように変更してはどうだろう。時速なら、高速道路を走る車の感覚、列車などに乗った時の体験から、多くの人が猛烈な風圧を想像することができるのではないか。風速50mは「時速180kmの暴風とか・・・・・・」。

改めまして先の文章を書き換えてみますと
 ⇒「この台風20号の中心気圧は980ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は時速120Km、最大瞬間時速150km(凡そ)。中心から半径190~150キロ以内で時速110km以上の暴風が吹いている」と、この方が理解しやすいのでは、と思ったり・・・・・・しますが。。。

 そこで参考です
風の強さと吹き方の目安
平均風速[m/s] おおよその時速[km/h] 予報用語 速さの目安 屋外・樹木の様子
10~15 ~50 やや強い風 樹木全体が揺れる。電線が鳴る 取り付けの不完全な看板やトタン板が飛び始める
15~20 ~70 強い風 小枝が折れる ビニールハウスが壊れ始める
20~25 ~90 非常に強い風 鋼製シャッターが壊れ始める。風で飛ばされた物で窓ガラスが割れる
25~30 ~110 樹木が根こそぎ倒れはじめる ブロック塀が壊れ、取り付けの不完全な屋外外装材がはがれ、飛び始める
30~ 110~ 猛烈な風 屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる




●インフルエンザ学級閉鎖のお知らせ 26日分
 
 
 
 
 10月26日 (月曜日) 
    ・会合
  ・三多摩支部連研修会
 
●今頃になって台風が
朝から今日もつめたい雨が降り続けています。




●インフルエンザ学級閉鎖のお知らせ 23日分
 小平市内の公立小中学校の学級閉鎖が200クラスを超えています。
閉鎖が解けているのが大多数ですが依然おとろえてはいないようですので
十分に気をつけましょう。

 今回の吹奏楽全国大会でも前日まで風邪にかかった団員もいたそうで、当日壇上に全員そろった姿を見たときには胸が熱くなったと校長先生からお話を聞きました。
そういう頑張ったメンバーも思いながら今回の金賞を改めて。

 
  
 
●FC東京 順位5位へアップ!!


 またFC東京はナビスコカップ決勝戦が待ってます。
そのお知らせもあります。

ナビスコカップ決勝戦直前週末は小平グランドへ行こう

 
 25日のあっちこっち
老若男女市民の皆さんのエネルギーが充ち満ちていました
第21回小平市青少年音楽祭  小学生の吹奏楽のレベルも高い  吹奏楽のまちこだいら
 
         
小平市消防団消防操法大会   
冷たい降りしきる雨の中気合いのこもった操法大会でした
この訓練状況を一人でも多くの市民の皆さんに見てもらえないかなぁ、といつも思います。
こうやって日夜小平市の安心、安全の為に訓練、実施に頑張っている姿は殆どの市民の
皆さんは知りません。いや家族さえも現場はみていないのでは?
(今回参加された家族の方にお聞きしました「初めて見た」と。)
もっと多くの中で
何かいい法があれば(思い切って小平駅ロータリーを午前中だけ借りるとか。
花小金井駅は既に出初め式が毎年開催されています)、と。
 
         
2009 NPOフェスタ in 元気村      あいにくの雨模様でしたが村は元気! 
 
 
 
綱引き大会  必死で面白いっ 

石塚先生の模範演技
 

 
 
 10月25日 (日曜日) 
  ・小平市消防団消防操法大会 リサイクルセンター   ・綱引き大会 三中   
  ・第21回小平市青少年音楽祭 ルネこだいら ・NPOフェスタ in 元気村 
  ・各公民館まつり  ・会合
 中央図書館中庭  秋最中 24日
 
 
●本日は消防漕法発表会からスタート
  
本日の各イヴェントは雨が心配されますが、まずは9時からの消防漕法発表会への出席からです。


AJBAの今年の記念バッジ 500円でした。

●祝 金賞 !!  第三中学校』 『第六中学校ダブル受賞の栄誉
  ハイレベルの演奏が続きました今年の全日本吹奏楽コンクール中学校の部ですが
なんと二校とも
金賞という全国レベルでは考えられない快挙となりました。
東京都からは勿論三中と六中のみですが、東京都で選ばれること自体が小平市の吹奏楽の
レベルが相当高いことを意味します。
本当におめでとうございます。
(それにしましても各学校男性部員が殆どいません)

普門館  初めての応援でした  入り口  来週は高校の部です 

 三中の部員の皆さん (ホームページよりお借りしました)  
 



タンポポ保育園祝賀会

 
 たくさんの人たちの参加でとてもなごやかな記念祝賀会となりました。
中でもこの地を35年間提供されています家主様の心が胸を打ちました。そしてそれが息子さんにきちんと受け継がれていることの素晴らしさ、何とも頭が下がります。
 今回は新しい園もできあがりNPO法人取得の連絡が記念式典前日あったそうで、この日を出発点としてさらに頑張って頂きたいと祈念しました。

 

 
 
10月24日 (土曜日) 
  ・第57回全日本吹奏楽コンクール中学の部全国大会 普門館 
   ・タンポポ保育園35周年記念  ・会合
  小平天空  23日


 ●「吹奏楽のまち こだいら」
 本日は全日本吹奏楽コンクール決勝です。
吹奏楽の甲子園と言われるあこがれの普門館での全国大会です。
 その中学校の部に今年も小平市から二校、『第三中学校』と『第六中学校』が出場します!! これまでも小平市の吹奏楽の水準の高さは述べてきましたが、生徒さんを始め関係者の皆様の並々ならぬ日々日々努力の結果を出すのが今日です。
がんばれっ! 三中! 六中


この週末の24日(土)25日(日)は公民館まつり!!

『小川西町公民館まつり』

『サクソフォンコンサート』『マジックショー』等

『花小金井北公民館まつり』
『ふれあいコンサート シャンソン 歌の花びら』
舞台発表、「アロハ」や「バリ舞踏」等

『中央公民館』 午後2時
『魔法の笛物語と日本の名歌』
と題して「おやこで楽しむ音楽会」を開催

 

 

 


 ●久しぶりに他市の情報関係です
 小平市の情報市民サービス関連は一段落している段階と思っていますがシステム関連においてはこれからも順次更新を含めて動いていくものと思われます。

 ところでこの度会津若松市ではOpenOffice.orgというソフトのCD-ROM無償配布という
ニュースです。
もう少し詳しくは⇒
 「会津若松市では2008年5月より,市庁舎のパソコンのオフィス・ソフトをOpenOffice.orgに順次移行している。移行により5年間で約1500万円のコスト削減を見込む。すでにOpenOffice.orgを全パソコン約840台にインストール済みで,更新したパソコン約240台にはMicrosoft Officeは搭載せずOpenOffice.orgのみを導入している。
CDROM配布費用は広告でまかなうとの事です。

すでに
会津若松市では市の標準文書ファイル形式としてODFを採用しているそうですが、OpenOffice.orgの標準文書形式であるODF(OpenDocument Format)形式による会津若松市の申請様式(19手続き84種類)も収録。
狙いは
無償で利用可能なOpenOffice.orgで読み書きできるODF形式にすることで、市民が有償ソフトを購入しなくともすむようにすること。

 私もさっそくソフトをダウンロードしまして試してみましたが以下のソフトが軽快に出来ました。
小平市でのこの手の話しは聞いたことがありませんが市民の皆さん、また削減効果があるのなら一考もあり?

 
 


 

 10月23日 (金曜日)
      ・会合

 ●平櫛田中彫刻美術館開館25周年・没後30年記念展
  平櫛田中彫刻美術館が、昭和59年に開館してから25周年を迎えました。
田中先生が亡くなられてから30年の歳月が経ちました。
 今回の展覧会は、東京芸術大学の特別協力により、多数の作品をお借りして開催されます。通常ですと、数点しか借りられないところですが、平櫛弘子館長様のお力添えで30点もお借りできました。 今回の記念展は、田中先生の「人と芸術」の集大成として、つぶさに鑑賞することができる絶好の機会です。その芸術は、人々の心を癒し、励ます力を持つものとして、存在感を増してきております。この美術館を小平市の貴重な文化遺産として大切に受け継いでいかなければと思います。
珠玉の彫刻是非ご覧下さいませ。

 


 菜の花プロジェクト
   BDF 大成功!!

調子よくトラクターが無事走りました

       
 
 都市計画道路3・4・23号線の事業認可OK
玉川上水横断
 
   
 開発地域から玉川上水方向  赤線内の一部 ここから南へ
(国分寺方面へ地図では下方)進んでいきます
 
 
 
10月22日 (木曜日) 
  ・菜の花プロジェクトイヴェント  
  ・平櫛田中彫刻美術館開館25周年・没後30年記念展   ・雨情うたまつり

 
 小平上空26機の編成ヘリコプター通過   午前


 ●自治基本条例特別委員会、最終章までの審議終了しました
  昨年6月議会から17回を数えました昨日、各章の審議が終わりました。
これからは総括の段階へ入ることになりました。
細部までの審議を議会としてさらにしっかりやって参ります。

 
菜の花プロジェクトイヴェントのご案内です
  市民による農業の支援と資源循環の輪

 小平市では、第二次都市農業基本構想を策定し、将来像を「市民とともにつくる
農のあるまちこだいら」とし、基本構想の推進組織である「農のあるまちづくり推進
会議」とともに、多様な援農のしくみづくりとして、農業への市民参加をすすめています。
 こだいら菜の花プロジェクトでは、農家とともに、農地の景観づくりと資源循環を
めざして、春は菜の花、夏はひまわりを栽培し、市民の皆様から大変好評をいただ
いております。さらに、咲き終わったこれらの花から油を絞り、100パーセント小平産
の菜種油とひまわり油を生産。
 菜の花プロジェクトでは、油を食した廃油を集め、BDF化し、そのBDFを燃料に
トラクターで耕運する、資源循環の完結を試みます。
 当日は、農家による耕運作業と、市民による菜の花の種まきがおこなわれます。

【時】10月22日(木) 本日
   午前10時から(雨天中止)
【場所】
   花小金井4丁目11番の畑(小平市立第11小学校西側)り

 

熱唱が続きました
 
六中合唱コンクールがルネこだいら大ホールで開催されました。
マスク姿の人がとても多かったですね。
小平市の状況も依然として多くなる傾向を示しています。
一段のご注意をしてまいりましょう。

さて
大舞台で大きな声を出して歌ったり、話したり出来ることは大きな経験と貴重な経験となります。私は議員になりましてようやくこういう舞台で挨拶出来るようになった訳ですが、小平市のように小さいときから大きなホールが身近にあり、さまざまな表現が出来る機会があることの有り難さは将来きっといろいろな機会に役立つと思います。
みんな頑張っている姿を観てそう思いました。
 
 

参考 井原市の五浦釣人
 
 
町の創業家頑張ってます

 

「ビジネスの手法で地域の課題を解決する」

 コミュニティビジネスというと、まず定義としてこう語られます。

当初、 耳慣れない言葉だった「コミュニティビジネス」が、まちで話題になることも、しだいに増えてきました。気づくと、まちにくらす普通の人たちが、自分らしく、いきいきと「まちを元気にする仕事」に取組んでいます。
特別に思いの強い人が、特別な技能をもってはじめた仕事ではなく、まちに必要なことを、まちに暮らす人が、あたりまえのように始めた「仕事たち」。


そんな自然な流れが、あちらでもこちらでも始まりつつあります。
コミュニティビジネス第2章が、力強く幕を開けたのかもしれません。


ということで小平市でも町に根付いて頑張って頂いてます。

頑張れっ!CB!



 ●インフルエンザ学級閉鎖のお知らせ 21日分


 
【家庭での対応について】 こげらネットより
 新型インフルエンザが、全国的に流行いたしております。小平市の小・中学校におきましても、感染が確認されておりますので、各家庭におきましても、お子様の健康観察を徹底していただきたくよろしくお願いいたします。
○普段から健康的な生活を心がけ、「手洗い」「うがい」「咳エチケット」を習慣にするようにしましょう。
○学校以外でも感染の恐れがあるためお子様の健康観察を徹底するようにお願いいたします。
○急な発熱(38℃以上)や咳、咽頭痛等のインフルエンザ様症状がある場合は、無理せず登校を控えてください。
○インフルエンザ様症状がある場合は速やかに医療機関を受診し、自宅で療養してください。
○インフルエンザ様症状が確認され、自宅療養する場合は、必ず、学校に連絡をしてください。

 
ちなみに全国では
●インフルで休校や閉鎖、前週の1・3倍に

 厚生労働省は21日、インフルエンザが原因で休校や学年・学級閉鎖の措置を取った小中高校や保育所、幼稚園が10月11~17日の1週間で8534施設に上ったと発表した。
 前週(10月4~10日)の6476施設から1・3倍に増えた。ほとんどが新型インフルエンザとみられ、今年1月下旬の季節性インフルエンザのピーク時に比べても約2倍となっている。
 施設別では、小学校が最も多く4759施設。次いで中学校2405施設、高校618施設、幼稚園567施設、保育所109施設などとなっており、
半数以上を小学校が占めた。読売



 
 
10月21日 (水曜日) 
  ・自治基本条例特別委員会 ・六中合唱コンクール ・会合

 



 ●平成21年東京市町村総合事務組合議会
    第2回定例会議事日程は以下の通りで各議案はいずれも認定されました。

 私は監査委員ですので8月28日に認定したものですが、審査意見として
「社会情勢が大きく変化する中、人材育成の重要性に鑑み、さらに時代の要請に
対応した職員研修に努められたい」旨を呈しました。

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

日程第3 議案第13号
  東京市町村総合事務組合議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例

日程第4 議案第14号
  平成20年度東京市町村総合事務組合一般会計歳入歳出決算認定

日程第5 議案第15号
  平成20年度東京市町村総合事務組合東京都市町村民交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算認定

日程第6 議案第16号
  平成20年度東京市町村総合事務組合東京都市公平委員会特別会計歳入歳出決算認定

 
東京市町村総合事務組合の概要

 東京市町村総合事務組合は、昭和63年4月1日に発足した特別地方公共団体です。特別地方公共団体とは、都道府県や市町村といった普通地方公共団体が、特別な目的や事情により設置する独立した地方公共団体のことをいいます。
 東京市町村総合事務組合は、東京都の全市町村(26市5町8村)で組織する複合的一部事務組合という形態をとっており、組織市町村に関連する次の4つの事業を行っています。

1.東京自治会館の設置・管理運営事業
 東京自治会館の管理運営を行っています。東京自治会館には当組合の他、東京都市長会をはじめとする10団体が入館しています。市町村行政の交流拠点である当会館では日々さまざまな公共団体が連絡調整会議を行っており、当組合ではそれらの主催団体に対し会議室の貸し出しを行っています。

2.住民の交通災害共済事業(ちょこっと共済)
 東京都の全市町村住民を対象とした制度で、会員が交通災害により身体に傷害を負い、医師等の治療を受けたときに見舞金を支給しています。

3.共同で実施する市町村職員の研修事業
 東京都市町村職員研修所を設置し、全市町村共通の研修を実施しています。実施にあたっては市町村ニーズを把握し、時代の変化を捉え地域性を活かした政策形成を行える職員の養成を目指しています。

4.非常勤消防団員や作業従事者の損害補償・退職報償金等の支給事業(35市町村)
 非常勤消防団員や消火作業に従事した住民が、消火作業等の公務中に災害に遭ったときの損害補償や、退職消防団員に対する退職報償金の支給等を行っています。

 その他に、東京都市公平委員会の代表団体として、公平委員会事務を行っています。